台湾の停留査証(語学研修査証)の申請手続を行う(停留ビザ)

 

台湾に語学留学した時に取得した停留ビザ(語学研修ビザ)についての記録を残します。
 
私の記録なので参考になるか?は分かりません。

 

【用意する物】

1. パスポート(残存期限が6ヶ月以上あるもの)
 
2. 査証申請書1通(必ず本人の署名が必要)
 
3. 証明写真2枚(3.5cm × 4.5cm 、申請日前の6ヶ月以内に撮影したもの)
 
4. 留学先の学校の入学許可書(原本)とコピー1通
 
5. 銀行又は郵便局の残高証明書(原本)とコピー1通(発行日から3ヶ月以内のもの)
 
6. 学習計画書1通(中国語学習の動機と学習計画)
 
7. 査証手数料
 
8. 帰国用の航空券 又は 目的地の航空券
 
※ 学習計画書のPDFはこのサイトからダウンロードすることが出来ます。

 

【査証申請書について】

1. 申請書は専用ウェブサイトにて作成します。
 
2. PDF形式のビザ申請書2枚をプリントアウトして署名欄にパスポートと同じ署名を行い、必要な書類を添付して窓口に提出します。
 
※ 滞在期間は60日又は90日。
 
※ 査証申請は本人 又は 代理人が直接窓口にて申請を行います。(郵送申請は不可)

 

【シングルとマルチの違い】

シングルマルチを選択できます。
シングルは一度台湾を出国すると有効期限に関係なく無効になります。再入国の際には再申請が必要になります。
 
それに対してマルチは出入国に制限がありませんがシングルと比べて手数料が2倍ぐらい高いです。
 
※ 留学期間中に諸事情等で日本への帰国も発生するかも知れませんから、マルチにしておくのが良いと思います。

 

【査証発給の日数】

1. 申請日の翌日に発給されます。
 
※ 即日発給を希望する場合は査証特別扱い料金として手数料が50%増しになります。

 

【査証の申請場所】

私は神奈川県に在住のため、横浜市にある台北駐日経済文化代表処横浜分処にて申請を行いました。

 

【台北駐日経済文化代表処横浜分処】
住所: 横浜市中区日本大通り60番地 朝日生命横浜ビル2階
電話: 045(641)7736〜8
FAX: 045(641)6870
交通: みなとみらい線「日本大通り駅」下車徒歩二分 
JR・横浜市営地下鉄「関内駅」下車徒歩五分

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。