Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行の注意事項!水道やトイレ、交通事情は日本と異なる生活環境

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾の水道やトイレ、交通事情等の注意事項』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

台湾の水道事情

台湾旅行ではホテルで水道水を飲むことは無いと思います。ホテルにはミネラルウォーターが2本程度用意されているのではないでしょうか?

 

台湾の水道は飲めない

台湾では一般的に水道水を飲むことが出来ません。水質は飲んでも問題ない水準の水なのですが、水道水を運んで来る水道管やマンション等の貯水槽が古い場合が多く、そのまま水道を飲むとお腹を壊してしまう場合が多いです。

一般家庭では、飲み水は購入する形になります。マンション等の場合はウォーターサーバー等を設置している場合もあります。このような場合は、購入しなくても飲水機を利用することが出来ます。

宿泊しているホテルでも飲水機が設置されている場合があるため、水筒を持参していれば利用することも出来ると思います。

 

台湾旅行には水筒の持参を

水筒?と思われる方も居ますが、台湾には空港やホテル等には無料で利用することが出来る飲水機で冷水やお湯を飲むことが出来ます。そのため、水筒を持参すればお湯を飲むことが出来ます。

何故?お湯なのか?というと、台湾ではお湯を飲む習慣のようです。日本ではお水を飲むと思いますが、台湾ではお湯を飲む人の方が多いです。

 

台湾旅行でトイレを利用する場合の注意事項

台湾旅行でトイレで用を足す場合はちょっと注意が必要になります。日本ではトイレットペーパーをトイレに流しても問題ありませんが、台湾では日本と事情が異なり、トイレに流してしまうとトイレが詰まってしまう場合があります。

トイレで用を足す場合は便器の傍に設置されているゴミ箱にペーパーを捨てる必要があります。但しあくまでも便器の傍にゴミ箱が設置されている場合に限ります。

ゴミ箱が無い場合は、そのままトイレに流しても問題ありません。

 

ホテルでは

ゴミ箱が設置されている場合とゴミ箱が設置されていない場合があります。水に溶けるタイプのペーパーがあり、そのペーパーでトイレに流せばトイレが詰まらないようになっているようです。

でもこれは、おそらく下水管も改修工事されているのでは?と考えます。もしかすると、新しいホテルに宿泊する場合は、トイレにペーパーを流すことが出来るのでは?と思います。

築年数が経過しているホテルの場合は、今まで通り、ゴミ箱が設置されているのではないだろうか?と推測されます。

いずれにしても、ホテルで用を足す場合は、ペーパーをゴミ箱に捨てる場合と、トイレに流しても大丈夫の場合の2種類があります。

 

公共のトイレ

空港や駅といった場所にある公共のトイレで用を足す場合はゴミ箱が便器の傍に設置されている場合があります。

このような場合はトイレにトイレットペーパーを流してはいけません。台湾の下水管は日本と違って細いため、トイレットペーパーを流してしまうと詰まってしまう場合があります。

水溶性のペーパーだったとしても便器の傍ぶゴミ箱が設置している場合は流さないようにしましょう。

 

 

台湾の横断歩道を渡る場合の注意事項

台湾旅行で観光や街歩きをする場合に横断歩道を渡る場合も有ると思います。台湾では横断歩道を渡る場合は要注意です。

横断歩道の信号が青でも平気で車やバイクが突っ込んで来るため、非常に危ない思いをすることがあります。横断歩道で事故に遭わないように注意した方が良いです。

 

バイクが多い

台湾ではバイクが所狭しとアチコチに置かれています。日本ではとても考えられないぐらいのバイクの多さがあります。特にバイクの路上駐車が多いのにはビックリします。

台湾では1人1台といった感じでバイクを所有しているようです。特に女性でもバイクを乗っている場合が多いのが日本と異なるでしょう。

 

運転マナー

バイクが多い事によるものなのか?は分かりませんが、運転マナーは決して良いという訳ではありません。信号が赤でも交差点を突っ切る場合も多いですし、車と車の間も平気ですり抜けるといった運転もあります。

特に危険なのが通勤や通学、夕方の時間帯に道路が混雑する状況の場合です。バイクは御構い無しに車と車の間を通り抜けようとしますから、路線バスから降りる時によく確認してから降りないとバイクと接触してしまうかも知れません。

やっぱり、道路が混雑して身動き取れない状況では路線バスといえども車線変更してバス停に停まることが出来ない場合もあります。

バイクを運転している人はバスの乗客には見向きもしませんから、この時間帯に路線バスに乗るのは避けたいところでしょう。

 

台湾の横断歩道は車優先

日本では横断歩道を歩く時は歩行者優先ですが、台湾では日本とは状況が異なり、車優先になります。そのため、横断歩道の信号が青だったとしても直ぐに飛び出すのは危険です。

横断歩道の信号が青でも車やバイクは平気で横断歩道に突っ込んで来るため、事故に遭ってしまう可能性も十分にあります。信号が青になったからといって横断歩道を渡ろうとするのではなく、左右を確認した上で渡るようにしましょう。

もっとも、信号が赤でも信号を守らない運転者も居るので安心して歩ける場所ではないです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。