Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行に持って行くお金&管理は100均ファスナーポーチの財布

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行に持って行く財布&お金の管理』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行にはどのような財布が最適?

台湾旅行にはどのような財布を持って行きますか?日常的に使っている財布を持って行くという人も居れば、海外旅行用の財布を持って行くという人も居ると思います。

 

トラベル・サコッシュも財布になる

ファスナーポケットが多くあるトラベル・サコッシュ>なる薄マチのショルダーポーチを旅行に持って行く場合もあるでしょう。

3つ以上のファスナーポケットが有る場合、日本円、台湾ドル、小銭用として使うことが出来るため、台湾での財布として重宝します。

さらにパスポートやスマートフォンを収納することが出来るタイプのトラベル・サコッシュであれば完全に貴重品専用のショルダーバッグになるでしょう。

 

パスポートポーチ

パスポートポーチの中にはスマートフォンの収納ポケットや紙幣、小銭用のファスナーポケットを装備しているタイプがあります。

このようなパスポートポーチの場合であれば、台湾旅行での財布として常に携帯することが出来て便利です。

特に頻繁に使うスマートフォンを収納することが出来るので旅行の財布としても、お金の管理の場合でも重宝します。

 

台湾旅行持って行く財布

以前は海外旅行用の財布を台湾旅行に持って行きましたが、現在は100円ショップのキャンドゥで購入したメッシュのファスナーポーチを3つを台湾旅行での財布として利用しています。

 

財布は100円ポーチ

100円ポーチ?と思う人も居るかも知れませんが、筆者にとっては非常に便利なお財布になります。同じタイプを3つ持って行きますが、3つともバラバラに使うのでは有りません。

それぞれにカラビナを付けて大きなサイズのカラビナで纏めています。これが台湾旅行の財布になります。

 

 

台湾では現金を使う

台湾での旅行の場合は、圧倒的に買い物や食事をする場合に現金を使うため、特にお財布は必要ないという感じです。あえて言えば、お財布よりも小銭入れが丁度良いです。

でも、小銭が無くなったら100元札は使うので流石に小銭入れだけという訳にも行かないため、紙幣や小銭が直ぐに取り出せるメッシュの100円ファスナーポーチを財布として利用しています。

台湾人を見ていると、女性はお財布からお金を取り出している人の方が多いですけど、男性の場合は、ズボンのポケットの中からお金を取り出しているという人の方が多かったような気がします。

 

財布は持って行かない

台湾旅行では財布を持って行きません。100円ショップのキャンドゥで購入したファスナーポーチをお財布代わりに利用しています。

サイズも幅が185mm 高さ150mm 程度という丁度良いサイズですから、日本円・台湾元・小銭を収納しても取り出しが行い易いです。

但し、このままでは危ないため、カラビナで纏めて、ショルダーバッグのキーフックに接続するようにしています。

そのため、ショルダーバッグが大きな財布といった感じでもあります。

 

 

海外旅行用の財布は台湾旅行には不向き

筆者の場合は、過去2回ほど海外旅行専用の財布を購入したことがあります。購入した当時は満足して買ったのですが、現在は利便性が悪いため、台湾旅行では全く使っていません。

防犯性の観点から考えれば、金属チェーンが装備されているので非常に良いのですが、2種類とも利便性は決して良いとは言えない感じの財布です。

パスポート専用ポケットも搭載されているため、貴重品管理は良いですけど、財布として使うのであれば利便性は譲れません。

 

ファスナーで開閉するタイプの財布

財布全体を覆うようにファスナーで閉まる感じになっており、中の紙幣を取り出すのに先ず、ファスナーで財布を開かないといけないのである。これが非常にうっとうしいです。

確かに防犯性は高いかも知れませんが、お金を取り出す旅に、このような事をしていたら、いかにも旅行者ということがバレバレでしょう。旅行者には違いありませんが、そのような財布を持っていると目に付きやすいです。買い物で利用する度に大事にお金を収納していますよ!とアピールしている感じになります。これだと、あの人はお金を持っている!と認識されてしまいます。

海外旅行では、防犯性は勿論のこと、利便性も良くないと意味がないと思います。

 

折りたたみタイプの財布

日常生活でも折りたたみ式の財布を利用していますが、海外旅行では折りたたみ式の財布は良くない感じです。

紙幣を取り出すのにワンテンポ遅れますから、利便性が犠牲になります。小銭用のファスナーポケットは小さい>ので、そんなに小銭の収納が出来ない感じの財布でした。

台湾では紙幣よりも小銭をよく使うため、小銭入れが小さい&取り出す手間が発生するのは宜しくありません。

直ぐに小銭が取り出せるような感じでないと買い物には不向きだと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。