【台湾旅行】桃園機場(空港)でスマホのSIMカードを買い方&方法

台湾でスマートフォンを利用する場合、WI-FIを利用する 又は、携帯電話のSIMカードを購入する必要があります。

桃園機場や松山機場およびホテルなら、無料のWI-FIがあるから大丈夫ですが、市内でスマートフォンを利用する場合、itaiwanといったWI-FIサービスを利用する 又は、台湾のSIMカードを購入する感じだと思います。

【SIMカード】

桃園機場でSIMカードを買う場合は、下記のメモとパスポートとSIMフリーのスマートフォンを添えて渡します。

(SIMフリーのスマートフォンが必要です)

ーーーーー【メモ書き】ーーーーー

我要買SIM卡
○天
4G

ーーーーーーーーーーーーーーー

※  ○の中には利用する日数を数字で書きます

【台湾SIMカードの補足】

台湾の空港で携帯電話用のSIMカードを買った場合、チャージに対応していない場合があります。

180日以内にまた台湾を訪れる機会があり、また同じ電話番号で利用したい場合は、チャージできるタイプのSIMカードを購入した方が良いです。

※ 基本的には、台湾旅行の度に空港でSIMカードを買う形になる。

   (日本でも中華電信のSIMカードを買えるみたいです)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。