Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行の注意事項!冬は暖房がなくて超寒い!防寒対策と服装選び

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『冬の寒いシーズンに台湾旅行する場合の注意事項』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

台湾の冬は寒い

台湾旅行というと、蒸し暑い夏のシーズンに旅行する場合が多いと思います。でも、必ずしも蒸し暑い夏場に台湾を訪れることが出来ない場合もあります。そのような場合は冬に旅行で訪れることもあるでしょう。

冬に旅行する場合は防寒対策はしっかり行なった上で旅行を楽しんだ方が良いです。寒くて旅行中に風邪を引いてしまったということも十分に可能性があります。

 

冬の台湾

① 沖縄よりも南
冬の沖縄は寒い日もありますけど、本州よりも暖かいですから、沖縄よりもさらに南にある台湾も暖かいというイメージが先行してしまいます。実際の冬の台湾は、沖縄よりも寒いです。

 

② 1日の温度差が激しい
冬の台湾の気温は最低気温が10度以下から最高気温が20度以上というのが普通にあります。しかもそれが一日で発生します。

どういうことかというと、一日の温度差が激しいため、この温度差に対して台湾の冬に慣れていない外国人は特に身体が付いていけません。台湾に住んでいる方はこの温度差に既に慣れているため問題ありませんが、日本人の場合は慣れていないので体が付いていけない場合があります。

※ 日本の冬は気温の変化がなく、ずっと寒い状態というのが多いでしょう。

 

③ 暖房がない
そもそも台湾には暖房がありません。市内を走っているバスにも暖房が有りません。冬でも冷房が効いています。

どうして台湾には暖房が無いのだろう?と思ってしまいますが、台湾は1年の内の約半分の5ヶ月ぐらいが夏であるため、暖房は必要ないのでしょう。

それに引き換え、日本には暖房が有りますから、とても恵まれていると思います。

 

冬に台湾旅行の場合は寒さ対策を

当然のことですが、冬に台湾旅行する場合でも日本と同じく防寒対策が必要になります。どのような対策が必要なのか?というと、日本の冬にある暖房ですが、台湾にはありません。この暖房への対策が必要になります。

 

基本的に暖房がない

① ホテルの冷房対策
台湾にも暖房が無いため、冬の寒さ対策を行う必要があります。ホテルでは冷房が効いているため、先ずは冷房を切る 又は 設定温度を上げる等の対策が必要になります。

寒くて眠れないと次の日に影響が出てしまいます。

 

② 観光や街歩き
街歩き等を行なっている場合の暖房対策として基本的に重ね着が有効な方法です。というのも冬でも昼間の気温は20度近くなる場合もあるため、昼間は過ごしやすいです。

夕方になると冷え込みが一気にやって来る感じのため、昼間が暑くても防寒着は常に携帯しておいた方が良いです。

ポケッタブル仕様のダウンジャケットであれば軽量&コンパクトになるため、観光や街歩き等で持ち歩いていても、そんなに負担に感じることは少ないと思います。

 

③ マフラーや手袋等
マフラーや手袋、ホッカイロ等の冬の便利な寒さ対策グッズを持参するのも良いと思います。

 

旅行中の風邪の対策も必要

① 温度差が激しい
台湾の冬は1日の温度差が特に激しいため、1日を通してずっと低い気温に慣れた日本人の場合は、身体に大きな負担が掛かります。昼間は汗をかくような暑い日も有りますし、夜になると気温が一気に下がって寒く感じ、翌朝は寒いといった感じです。

そのため、身体が付いていくことが出来ず、風邪も引きやすくなりますから、風邪予防の対策も必要となります。

 

② マスク
夏は湿度が高い台湾も冬では空気も乾燥しておりますから、マスクは必需品です。

 

③ 水筒
水筒?と思ってしまうかも知れませんが、台湾人はよく水筒を持っています。水筒の中に何が入っているのか?というと、お湯が入っています。

お湯を飲むと、喉をお湯で殺菌することが出来ますから、有効な風邪対策になると思います。
特にホテル等ではアクアクララのようなお水とお湯が出る機械も有ると思いますから、水筒があればお湯を持ち歩くこともできます。

 

④ 風邪薬
もしものための風邪薬も必要だと思います。実際に冬は風邪を引きやすいですから、総合風邪薬発熱に特化した薬も有った方が無難だと思います。

 

 

冬の台湾旅行の服装選び

冬の台湾は寒いですから服装選びは注意した方が良いです。沖縄よりも南でも台湾の冬は暖房が無くて非常に寒いです。しっかり防寒対策を行なった上で旅行を楽しむのが良いでしょう。

 

冬の台湾旅行の服装

基本的には日本の冬の服装で何ら問題ありません。台湾というと沖縄よりも南にあるため、冬でも沖縄並みの暖かさが有るのでは?と思ってしまいますが、沖縄よりも寒いです。

でも、実際には寒く感じると言った方が正解かも知れません。というのも、台湾には基本的に暖房がないので、どんなに寒くても重ね着で対応することになります。

日本では寒いと暖房があるのでいつでも暖房の恩恵を受けることができますが、台湾には暖房がないこともあり非常に寒く感じてしまいます。

 

朝晩・夕方は寒く、昼間は暖かい

冬の台湾は基本的に朝晩寒く昼間の時間帯は暖かく、夕方から冷え込みがキツくなります。そのため、1日の温度差が激しいです。

この温度差に対応できるような服装選びが必要になります。朝晩は非常に寒いですからバッチリ防寒着を着て出掛けるのは勿論のことですが、昼間は汗ばむ陽気の場合もあります。直ぐに脱げるような服装の方が良いです。

秋冬に対応できる服装が良いのでは?と考えます。日本の秋でも、夏のような暑い日もありますから、完全に冬の服装で旅行するというのもどうかな?と思います。

 

台湾旅行の注意事項!夏は紫外線と日焼け、冷房への対策と服装選び
皆さん こんにちは! 今回の記事は『夏の蒸し暑いシーズンに台湾旅行する場合の注意事項』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾の夏はワンランク上の暑さ 台湾の...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。