Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行の注意事項!夏は紫外線と日焼け、冷房への対策と服装選び

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『夏の蒸し暑いシーズンに台湾旅行する場合の注意事項』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

台湾の夏はワンランク上の暑さ

台湾の夏は5月〜10月ぐらいまで紫外線が強く気温も高いです。

しかも日本の夏の暑さと違って、ワンランク上の暑さのような感じです。特に陽射しが強いため、観光等で街歩きをする場合は、こまめな水分補給と熱射病及び日焼け対策が必要になります。

 

蒸し暑い

① 湿度が高い
台湾は湿度が高いため、同じ30度でも湿度が高い30度の方がより一層の暑さを感じます。

 

② 突然の雨
天候の変化も起こりやすく突然の雨というのも多いですから、折りたたみ傘は有った方が良いといえます。例え、天気予報は晴れだったとしても局地的に突然雨が降ることもありますから折りたたみ傘等の雨具は必要です。

 

紫外線及び日焼け対策

① 帽子
意外と忘れがちになるのが帽子です。台湾の夏は陽射しが強いですから、長時間、外に居るような場合は帽子を被った方が良いです。

 

② 日焼け止め
日焼け止めは紫外線をブロックしてくれますから、紫外線が強い夏の台湾旅行では持って行っても損はないといえます。

 

③ 長袖や羽織る物
紫外線が強いため、街歩きをする場合は日焼け対策として薄手の長袖やカーディガン等の羽織る物が有った方が良いです。

また、建物内や市内バスでは冷房が強めですから、そういった場所でも重宝しますから1つ有った方が良いといえます。

 

④ 日傘
日傘というと女性というイメージがしますが、台湾では普通に男性も日傘を使っている人もいますから、男性でもぜんぜんOKです。とはいえ、荷物になりますから、晴雨兼用の折りたたみ傘が良いと思います。

 

熱中症や暑さ対策も必要

① 水分補給
とにかく台湾の夏は蒸し暑いの一言に尽きますから、熱中症対策も必要になります。こまめな水分補給も必須になるため、市内の至る所にあるコンビニ等でお茶やミネラルウォーター等の飲料水やジュース店等で水分補給が必要になるでしょう。

また、水筒を持っていれば、ホテル等でお湯を給水できるため、水筒を持って行くのも良いと思います。

※ え!? お湯? と思うかも知れませんが、台湾ではお湯を水筒に入れるのです。ホテルの給水機には冷水も有りますから、冷水を水筒に入れても良いです。

 

② 汗対策
水分補給を行えば、暑さで沢山の汗も吹き出してしまうでしょう。タオルは必須のアイテムになります。

ハンカチでは直ぐにビショ濡れになってしまいますから、夏の台湾旅行においては不向きだといえます。

 

台湾旅行では強めの冷房と虫刺されに注意を

台湾旅行では建物や車内の冷房が強力に効いている場合が多いです。それこそ日本とは比べものにならないぐらいの強めの冷房です。

短時間であれば問題ありませんが、20〜30分以上もの間、強めの冷房が効いている場所に居ると寒く感じるようになります。

真夏でも羽織れる衣類を持って行きましょう。

 

建物や車内の冷房対策も必要

① 鉄道や路線バス
鉄道や路線バスを利用する場合は車内の冷房にも注意が必要です。日本では鉄道やバスでは弱冷房の方が多いですが、台湾の鉄道バスは強めの冷房が効いています。半袖シャツだけでは寒く感じる場合があるため、羽織れる衣類があると重宝します。

因みに、路線バスでは冬でも冷房が効いています。

 

② 建物内
お店の店内でも強めの冷房が効いている場合があります。

 

虫刺されにも注意

台湾にも蚊が居ます。台湾の蚊の場合、日本の蚊よりも痒みが強い感じです。虫刺されの薬をつけても痒みの方が勝っているような感じです。

台湾旅行には、虫刺されの薬を持って行った方が無難です。

 

 

夏に台湾旅行する場合の服装選び

とにかく汗の量が半端ないですから、半袖Tシャツが良いです。汗をかいても着ているTシャツは直ぐに乾いてしまうことも多いですから、必需品だと思います。可能ならば吸汗速乾仕様の半袖Tシャツを持参した方が良いです。

 

夏の台湾旅行の服装

① 羽織る物
建物の室内や市内バスの車内は強めな冷房が効いています。薄手の長袖やカーディガン等の羽織る物が有った方が良いです。特に路線バスの車内は強力な冷房が効いている感じです。

 

② 服装
蒸し暑いこともあり、よく汗をかきますから、吸汗速乾の半袖Tシャツや半ズボン 又は ホットパンツが良いです。やっぱり汗をかいたまま強めの冷房が効いている場所に移動すると健康状態にもよくありません。汗をかいても直ぐに乾く吸汗速乾の半袖Tシャツが有った方が良いです。

但し、台湾に観光で訪れる日本人はオシャレな格好やビシッとしている格好の人が多いです。

 

着替え衣類の減量を

台湾では半袖Tシャツを着ている人が多いです。観光で台湾を訪れる日本人観光客の場合はオシャレな服装の方が多いです。

台湾人に倣ってTシャツスタイルでも良いと思います。カラーTシャツであれば、下着にも外着にも使い回しできますし、着替え衣類も大幅に減らすことが可能になります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。