Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行の食事は油こってり料理が多い!胃腸のケアと胃腸薬は必需品

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾の食事は油料理が多いので胃の健康にも配慮』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

台湾の食事は油こってり料理

台湾の料理には脂っこい料理が非常に多いです。朝食で食べる蛋餅や大根餅、台湾風のフライドチキンである鶏排、スープ等も含めて、料理に使われている食用油は日本で使われている食用油とは性質が異なるため胃に負担が掛かる場合があります。

美味しいから何も気にしていない場合も有ると思いますが、胃には大きな負担が掛かっている場合があります。そのため、油料理を多く食べた場合には胃へのケアも必要になるでしょう。

台湾のお弁当

鉄道の駅で販売している駅弁や市内のお弁当屋さんで購入できる台湾のお弁当には、ご飯にも油こってりと掛かっているという感じのように油が付いています。お弁当のおかずにはお肉やお魚も当然のように油こってりって感じの揚げ物が多いです。

日本のお弁当には魚の揚げ物でも骨が付いていることは無いと思いますが、台湾のお弁当には骨が付いていますから、食べる場合は骨に注意して食べましょう。

 

臭豆腐

臭豆腐はあまりの独特の匂いで食べれない方も多いですけど、台湾を代表する料理の1つです。油で揚げる臭豆腐もあります。

 

野菜炒めやスープ

お味噌汁やスープにも油が含まれていることが多いです。日本ではお味噌汁に油を含めることは少ないですけれども、台湾ではスープやお味噌汁にも油が入っていることが多いです。

特に、朝食や昼食・夕食等に麺類を食べる場合は、おかずとして野菜を注文することがあるのですが、この時の野菜が、既に野菜炒めですから油コッテリという状態です。

野菜炒めには、これでもか!と言わんばかりに油がこってりと使っている感じです。

 

夜市

夜市の屋台で販売されている料理も脂がこってりしている食べ物が多いですから、食べ過ぎると胃に負担が掛かる感じがします。

 

台湾旅行には胃薬や胃腸薬の必要性

台湾旅行には胃薬や胃腸薬を持って行った方が良いと思います。理由は、油こってりとした美味しい料理が多いからです。

油料理の場合、胃への負担も大きくなると思います。胃がちょっとおかしいな?と感じたら胃薬があると良いと思います。

 

油料理が多い

日本での食事に比べると、台湾での食事は油っこい料理が多いため、胃や腸に負担が掛かる場合があります。

食べ慣れていない料理を短期間に集中的に食べることになるので、翌日には腹痛や下痢といった症状もあると思います。

こういった場合に胃薬や胃腸薬等が有った方が助かります。よく旅行では正露丸等の下痢に効く薬を持って行くことが多いですけど、胃のケアも大事だと思います。

 

食用油の違い

日本の食用油と台湾の食用油を比べると、台湾の食用油の方が胃に負担が掛かる感じがします。これは、普段、台湾の食用油に慣れていないから、このように感じるのだと考えます。

この場合、当然のことながら、自分の胃も同じように感じているのではないでしょうか?食べ慣れていない物が胃の中に有るため、胃の負担も大きくなるでしょう。

このように感じるのは自分の胃からのサインですから、このサインを見逃すと胃の健康も悪くなると思います。

 

 

油こってり料理は食べ過ぎや胃の健康に配慮を

普段から油こってりとした美味しい料理に食べ慣れているのであれば大丈夫かも知れませんが、それでも胃の負担は掛かると思います。

台湾料理を満喫するのであれば、胃の健康にも配慮した食べ方も必要になるでしょう。帰国後に胃が痛くなって病院通いもあるかも知れません。

 

油こってり料理の食べ過ぎに注意

筆者の知り合いの人は1週間の台湾旅行に行き、たくさんの美味しい台湾料理を食べて台湾旅行を満喫しました。

でも、帰国後1週間ぐらいしてから、胃痛の症状が有りり、病院の胃腸科に通院したところ、胃が非常に荒れていたとのこと。

お酒は飲まないし、タバコも吸わないのに胃が非常に荒れるのは納得できないようでした。唯一、心当たりがあるのは台湾旅行での食事だったようです。これでもか!と言わんばかりに油こってりとした料理を食べたと言っていたので、胃腸の健康が悪くなったようです。幸い、軽い症状でしたので、通院だけで済みました。

やっぱり何でも食べ過ぎると胃にも負担が掛かるので良くありません。どんなに美味しい料理だったとしても腹八分目が丁度良いでしょう。

 

持って行く医薬品は胃薬も必要

もしもの腹痛に備えて胃腸薬の正露丸だけではなく、胃薬も必要になります。特に台湾と日本の食用油の質も異なりますから胃の負担も掛かると思います。

胃に負担が掛かると胃の健康も悪くなってしまうため、注意が必要です。胃の健康に配慮せずに美味しい油こってり料理ばかり食べていると、それこそ楽しい台湾旅行から帰国したら病院通いになってしまいます。

胃腸薬だから大丈夫なのでは?と思ってしまいますが、医薬品も万能ではないため、2つの用途を兼ねる薬ではなく、1つずつ対応する薬が良いと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。