海外旅行の航空券はLCC 又は JALやANAなどのFSC ?

 

皆さん、海外に行く場合の航空券はLCCですか?それともFSCですか?
 
FSC?そんなの初めて聞いたよ!と言われる方も居ると思います。実は私も最初に聞いた時は初耳でした。私はFSCよりも既存の航空会社といった方が分かりやすいです。
 
今回は、このLCC(ローコストキャリア)とFSC(フルサービスキャリア)についても含めてのお話になります。

 

【LCCとは?】

Low Cost Carrier(ローコストキャリア)の略称です。日本では格安航空会社と呼ばれています。
 
具体的には、効率的な航空機運営を行うことで低価格な運賃を実現し、運航サービスを提供する航空会社のことです。
 
【日本の格安航空会社の一覧】
01. ピーチ・アビエーション
02. バニラ・エア
03. ジェットスター・ジャパン
04. 春秋航空日本
05. エアアジア・ジャパン

 

【FSCとは?】

Full Service Carrier(フルサービスキャリア)の略称です。
 
具体的には、従来型の航空会社を指します。既存の航空会社のことです。日本ではJALやANAですね。

 

【LCCとFSCの違い】

01. 機内の飲食等
FSC(従来の航空会社)では、機内食や飲料も運賃に含まれているのに対して、LCCでは運賃に機内食や飲料は含まれておらず、必要な場合は別途料金にて提供となる。

 

02. 座席
従来型の航空会社の場合、座席にランク(ファースト、ビジネス、エコノミー)が有るのに対して、LCCの場合は座席にランクは設けておらず、全て同じランクの座席である。さらには座席が窮屈である。
 
※ LCCの場合、前の席とのスペースが狭いため、足を伸ばして座る事は出来ない&隣の席とのスペースも無いため、窮屈に感じる場合が多いです。特に足が長い人にとっては座るのが大変なのではないかな?と思います。
 

03. 路線
従来型の航空会社の場合、路線が豊富であるのに対して、LCCの場合は路線を絞って運航されているのが特徴である。アチコチの都市を就航している訳ではありません。

 

04. 予約
従来型の航空会社の場合、航空券の予約は旅行会社等(旅行ツアー等の企画会社等)からの予約が多いのに対して、LCCの場合は個人でもインターネットで予約することが出来るという点です。

 

05. 手荷物
LCCの場合は機内持ち込み手荷物は3辺の合計が115cm以内で重量が7〜10kg以下の場合が多いです。
 
※ 手荷物のサイズや重量は各航空会社によっては色々であるため、各航空会社のホームページ等で手荷物に関する情報を事前に確認してください。

 

06. 搭乗時間
従来型の航空会社の場合、飛行機の出発時間が色々と選べるのに対して、LCCの場合は深夜又は早朝が多いと思います。
 
※ LCCで海外の行く場合、チェックイン時間は深夜や早朝である事が多い。

 

07. 遅延
LCCの場合は、搭乗時間が遅れる場合がよく有ります。定刻通りに運航するのが難しいようです。

 

08. その他
従来型の航空会社で飛行機を利用される場合、座席の前に小さなテレビが有ると思いますが、LCCの場合は座席の前にテレビが有りません。テレビは決められた位置に有るだけです。そのため、LCCの場合はテレビ鑑賞や映画鑑賞が出来ないというデメリットが有るでしょう。

 

【あなたはどっちの航空券?】

ツアー等で海外旅行をされる方は旅行会社で航空券の予約が行われるため、旅行者は航空会社を選べないと思います。それに対して個人等で旅行される場合は格安&インターネットで予約を行う事が出来るLCCが多いと思います。
 
どっちの航空券が良いのか?は個人差や好み等も関係するため、一概には何とも言えないと思います。人によっては機内食や飲料を欲す人も居れば、足を伸ばして座りたい又は、機内では映画鑑賞をしたいという人も居ると思います。

 

【個人や複数の場合】

飛行機の機内食が楽しみである!という場合や深夜・早朝に航空会社のカウンターでチェックインするのが嫌な場合、座席が窮屈(前の席との幅が狭い)なのが嫌な場合は従来型の航空会社を利用されるのが良いと思います。
 
LCCの場合、前の席との空間が狭いこともあり、足を伸ばして座ることができないため、リラックスになることが出来ないというデメリットもあります。別に席が窮屈でも足なんか伸ばせなくても問題ないという人にとってはLCCが最適でしょう。

 

【因みに】

私の場合は、Peachをよく利用します。
 
住んでいる場所が神奈川県ということもあり、羽田空港から台湾の桃園機場に行けるというのが最大の理由です。流石に成田空港はちょっと遠いため、羽田空港の方が助かるという事情もあります。
 
ただ、搭乗時間が早朝のため、前日の夜に羽田空港に到着しなければならないというデメリットが有りますね。それを除けば別にそんなに大したことでもないため、私は問題ありません。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。