Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行に持って行くと便利な消耗品!食事や夜市でも重宝するグッズ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行に持って行く便利な消耗品』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

使う機会の少ないポケットティッシュ

普段の生活でポケットティッシュをよく使う場面はどのぐらい有るのでしょうか?自宅では箱に入っている取り出しが行いやすいティッシュを好んで使うため、取り出しが面倒なポケットティッシュは外出時に使うティッシュになっている場合が多いでしょう。

 

日常生活ではポケットティッシュは消耗品

① 通勤や通学のバッグ
ポケットティシュは家の中に居る場合は使わないティッシュになります。ポケットティッシュが活躍するのは外出時になるでしょう。

通勤や通学用のバッグにいくつか入れて置くといった感じに持ち歩くことが多いポケットティッシュだと思います。

 

② 外食のそばやラーメン
そばやラーメン等を外食として食べる場合は活躍する場合があります。特に冬場の寒い時期に食べると自然に鼻水も出て来るため、ポケットティッシュが有ると助かります。

これらのお店で外食する場合は必需品では有りませんが、バッグやポケットの中にポケットティッシュを入れて置く場合が多いと思います。

 

③ 貰い物が多い
ポケットティッシュを買う人は少ないのでは?と思ってしまうぐらい買わなくても手に入る消耗品でしょう。

駅でチラシと一緒に配っている場合が多いですし、必ず受け取っていれば、どんどん自然に増えていくので別に買わなくても問題になることはないティッシュです。

 

ポケットティッシュは使う機会が少ない

自宅では箱に入っている取り出しが行い易いティッシュを使う場合の方が多いため、ポケットティッシュを使う機会がありません。

使う機会が有るとすれば、買い置きしてある筈の箱のティッシュが無かった場合ぐらいなのでは?と思ってしまうぐらい使う機会が少ない感じのティッシュです。

使う機会が少ないのに、駅や道等で配っていると自然に手が出て受け取ってしまうティッシュなので、どんどん増えてしまうのも事実です。

ポケットティッシュも消耗品なので、使わないと勿体ないです。

 

台湾旅行では、ティッシュは便利な消耗品

日常生活においてポケットティッシュを使う機会が少ないのですが、台湾旅行では食事で活躍する便利な消耗品になるため、複数個のポケットティッシュを持って行くと重宝します。

 

ポケットティッシュは便利グッズ

台湾のトイレにはトイレットペーパーなどが備え付いてない場所があります、トイレの入った時は、用を足す前にペーパーの有無を確認する必要があります。実際には、そんな時間はあまり無いと思いますので、常にポケットティッシュを携帯しておくのが賢明です。

また、ポケットティッシュはトイレだけでなく、夜市や屋台等で食事する時にも重宝する優れ物です。食べ歩きでは手が汚れる場合が多いです。そんな時にサッと汚れを拭き取ることが出来るティッシュが欲しいでしょう。

もし、持って来なくて困ってしまったら、市内の至る所にあるコンビニでも購入することが出来ます。

 

ウェットティッシュも重宝するグッズ

夜市などに行った場合や屋台、朝食店等のテーブルでは汚れている場合が多いため、ウェットティッシュが有るとサッと拭くことが出来て、とても重宝します。

また、夜市の食べ歩きの場合にも役立ちます。特に食べ歩きの場合は手が汚れやすいので、ウェットティッシュを持っていると便利です。

日本では食事屋さんに行くと、おしぼりやウェットティッシュが出て来る場合が多いですけど、台湾の食事店ではウェットティッシュは用意されていません。

テーブルが汚れていても問題ないという人であれば、ウェットティッシュやポケットティッシュが無くても何ら問題ありませんが、汚れていると美味しさが半減してしまうのであれば、台湾旅行にティッシュを持参した方が賢明です。

 

 

冬の台湾旅行ではマスクの持参を

冬の台湾は空気が乾燥しているので喉の粘膜の乾燥に気を付けて旅行を楽しむ必要があります。喉の粘膜が乾いてしまうと旅行中に風邪になってしまう場合があります。マスクを持参して予防も大切です。

 

冬は空気が乾燥

日本の冬もそうですが、台湾の冬も日本と同様に空気が乾燥して風邪を引きやすくなります。台湾の冬は日本と違って1日の温度差が乱高下するため、非常に寒く感じます。

空気が乾燥していると、喉の粘膜も乾いてしまいますから、風邪のウィルスが体内に侵入しやすくなってしまいます。

冬の台湾旅行でもマスクを着用して風邪の予防に努める必要があるでしょう。

 

台湾の冬は寒い

台湾というと、沖縄よりも南に位置しているため、冬でも暖かいというイメージになりますが、実は沖縄よりも寒いです。

昼間の気温は高くなるので暖かいですけど、朝晩の冷え込みはキツく、夕方から一気に寒さが増してきます。

日本では寒いな!と感じたら暖房を着ければ良いですけど、台湾には基本的に暖房がないため、寒かったら重ね着で対応することになります。

楽しい台湾旅行で寒くて風邪を引いてしまわないように防寒対策はしっかり行いましょう!

 

《冬の注意事項》

① 昼間は暖かいですが、脱げる服装が良いです。

② 雨の日は非常に寒く感じます。

③ 路線バスは冬でも冷房が効いています。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。