【旅行】Peachで行く台湾! 今夜の仮眠は椅子の上(羽田空港)

海外旅行等でLCCを利用する場合、飛行機の搭乗時間やチェックイン時間は深夜or早朝だったりすることが多いと思います。

このことを承知の上で航空券を購入しているため、仕方がないのですが不便だと思います。

Peachも同様で、午前5時50分が搭乗時間で、チェックイン時間は午前3時50分から開始のため、この不便な問題に直面します。

【どこが不便なのか?】

深夜・早朝に走っている電車やバスがないこと。
この場合、選択肢として出発日の前日の最終電車又は最終1本手前の電車に乗って空港に到着するしかありません。

但し、自家用車で空港に来られる方 又は、車で送ってもらえる方、羽田空港周辺のホテルに宿泊している方については、このような事をしなくても良いと思います。

【羽田空港国際線ターミナルに行く方法】

私の場合、神奈川県西部に住んでいるため、電車やバスで羽田空港に行くには3通りの方法があります。

1. 近くの主要駅から空港リムジンバスを利用する。
2. 浜松町駅から東京モノレールを利用する。
3. 横浜駅から京急電鉄を利用する。

【どの方法で羽田空港に行く?】

個人的には羽田空港国際線ターミナルに行く電車の最終電車または最終の1本手前の電車に乗って行きたいので、京急電鉄 又は、東京モノレールの2択になります。

※ 空港リムジンバスは乗り換える必要もなく便利なのですが、私が利用している路線では羽田空港に行く場合、羽田空港への最終の到着が18時30分頃なのです。そのため、空港での待ち時間が大変になってしまうため、この方法は選択できないのです。

【浜松町駅から東京モノレールを利用する場合】

1. 浜松町駅から羽田空港への最終電車の発車時刻は、0:01

2. 羽田空港国際線ビルへの到着は、0:17

※ 運賃(切符) : 490円 (ICの場合は、483円)

【横浜駅から京急を利用する場合】

京急電鉄のエアポート急行で羽田空港国際線ターミナルに行きます。

1. 横浜駅から羽田空港国際線ターミナルへの最終電車の発車時刻は、21:35

2. 羽田空港国際線ターミナルへの到着は、22:03

【どっちの電車で行く?】

1. 東京モノレールの場合

東京モノレールの最終に乗って羽田空港国際線ビルに行った場合、Peachのチェックインが開始される3時50分までの待機時間が少なくてすみます。

その反面、この時間帯だと、ちょっと横になることが出来るぐらいのスペースのある椅子が既に埋まっている場合が多いというデメリットもあります。

2. 京急電鉄エアポート急行の場合

22時03分に羽田空港国際線ターミナルに到着するため、Peachのチェックインが開始される3時50分までの待機時間が長いです。

その反面、ちょっと横になることが出来るぐらいのスペースのある椅子をゲットできる確率が高くなります。

3. 総合的に考えた結果

ちょっと横になりたい時もあるため、休めるスペースを確保する観点からも考えて、いつも京急電鉄のエアポート急行で羽田空港国際線ターミナルに行っています。

【羽田空港では何処で過ごす?】

1. 私の場合は、羽田空港国際線ターミナルに到着したら、真っ先に1階に有るコンビニに行って夜食とペットボトルのお茶を買います。チェックイン時間になる30分ぐらい前に夜食を食べる感じです。

2. 羽田空港国際線ターミナルは台湾の桃園機場と違って椅子が多いので助かりますが、それでも既に陣取られて座れない場合もあります。

3. コンビニのある1階と出発ロビーのある3階は人気スポットらしく先ず確保が難しい感じです。

4. 私の場合は、いつも2階の到着ロビーがあるフロア(リムジンバスのバス停が有る方) 又は、4階の江戸小路で時間が来るまでのんびりしています。

5. TOKYO POP TOWN のある5階も人気スポットのようで確保が難しい感じです。特にココにはトイレが2箇所に有りますから安心感もあり、便利だと思います。

※ 24時間営業しているお店やトイレに近い場所が便利なので人も自然に集まるのでしょう!

【その他】

2階の到着ロビーのあるフロアで仮眠するのは明る過ぎて難しい感じです。ココで仮眠する場合は、アイマスクが必要だと思います。

あと、横になると寒く感じるため、横になる時は機内防寒用のポケッタブル・ジャケット(パーカー)を重ね着する 又は、中間着にして着たりしています。

※ ポケッタブル・ジャケット(パーカー)については、この記事を参照してください。

※ 冬場は既に防寒着を着ているため、重ね着する必要はないかと思いますが、私の場合は横になる時は中間着として着ています。

【最後に】

羽田空港には24時間、警察官が常に巡回しているから安心感がありますが、横になって仮眠される場合は荷物の盗難には注意しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。