Peachで行く台湾旅行!桃園空港までの退屈で暇な機内の過ごし方

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『Peachを利用した台湾旅行で桃園空港に到着するまでの機内での過ごし方』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LCCのPeachを利用して台湾旅行

Peachを利用して台湾旅行に行く場合に避けて通れないのが飛行機で退屈な空の旅になります。台湾桃園空港に到着するまでの暇な時間をどのように過ごすのか?で充実した1日になるか?といった感じになるでしょう。

暇で何もやることがないと徐々にストレスも溜まるため、楽しい台湾旅行の1日目がストレスを溜める日になってしまいます。

 

LCCの機内はエンタメがない

LCCにはエンタメや快適装備が1つも有りません。

ANAやJALといったフルサービスキャリアを利用する場合であれば座席の前にエンタメを楽しむことが出来るディスプレイが装備されていますが、LCCには何もないため、寝る 又は スマートフォンでゲームや音楽を聴くといった対策が必要になります。

隣席が家族や友達であれば台湾の空港に到着するまで、おしゃべりして過ごすといったことも出来ますが、隣席が見ず知らずの人の場合はそうもいかないでしょう。

何かキッカケがあれば良いですけど、何もキッカケがない場合は、コミュニケーションは難しいものです。

 

LCCの機内は退屈

基本的にLCCの機内は非常に退屈な場合が多いです。ハッキリ言って何もやることがない状況に陥ります。そのような状況では寝て過ごすのが一番有効で充実した時間になります。

でも、機内は揺れますし、色々な事情で寝れない場合もあります。そのような場合は暇で退屈な時間を過ごすことになります。この状態が一番ストレスが多く溜まってしまう時間になるため、工夫して充実した時間にする必要があります。

 

Peachでの退屈な空の旅の過ごし方

LCCの機内で退屈な時間を快適に過ごすにはどのようにすれば良いのでしょうか? Peachの機内には快適装備は1つもないため、持っている物で対応する 又は 機内に持ち込む等の対策が必要になります。

 

台湾桃園空港まで寝る

① 何も持ち込まない
快眠グッズを機内に持ち込むと荷物になるため、何も持ち込まないという人の方が多いと思います。機内が暗く静かになり目を瞑れば自然に眠りを誘発するため、快眠は出来ないけど仮眠程度は行えます。

台湾の空港に到着するまで寝て過ごすのが現実的で一番素晴らしい過ごし方になるのでは?

 

② 機内に快適グッズを持ち込む
機内で寝る場合に首を固定できるネックピロー、誰かのイビキで寝ることが出来ない場合に役立つ耳栓、深い眠りを誘うアイマスクといった快適装備を機内に持ち込むという方法も有りだと思います。

ネックピローの場合は荷物になるため、実際には難しい感じですけど、アイマスクや耳栓であれば衣類のポケットに収納することも出来るため、携帯も良好です。

でも、これらの快適グッズを機内に持ち込んでも座席が快適ではないので、快眠は出来ないでしょう。

 

寝ることが出来ない場合

① 搭乗前に仮眠
搭乗するまでにバッチリ仮眠を取ってしまった場合は機内で寝るのは難しいです。このような場合は退屈な空の旅を満喫するしかありません。

機内モードで遊ぶことが出来るゲームアプリを利用する 又は イヤホンをスマホに装着して音楽を聴くなどの対策が必要になります。

可能ならば、搭乗する前は寝ないで頑張る 又は ヘトヘトに疲れた状態で搭乗するといった方が機内で仮眠できると思います。

 

② 起こされた場合
隣席の人がトイレに行く場合、窓側に座っていない限り起こされてしまうでしょう。このような場合、また寝るというのは難しい場合が多いです。このような場合は、暇つぶしグッズがあると助かります。

 

スポンサーリンク

 

暇つぶしできるスマホを利用して退屈な機内を過ごす

LCCの機内に色々な暇つぶしグッズを持ち込んで退屈な空の旅を少しでも快適に過ごすのも1つの方法になります。でも、あえて持ち込まなくても既に快適な便利グッズであるスマホを持っている場合が多いので有効に活用したいでしょう。

 

スマートフォンを活用

既に持っている暇つぶしグッズと言えばスマートフォン。機内モードでも利用できるゲームアプリを予めインストールしておけば機内で遊ぶことも出来ます。

機内でお気に入りの音楽を聴く場合でも有線接続のイヤホンを持参していれば音楽を聴いて退屈な時間をリラックスすることが出来ます。

また、オフラインで利用できる旅行のガイドブックも暇で退屈な空の旅を過ごすには丁度良いでしょう。

 

スマホは仮眠を誘発する手段として使う

当然のことですがアプリによっては目が疲れることもあります。薄暗い場所でアプリを使うので目が疲れてしまうでしょう。そのような場合は仮眠を取って目を休めることが必要です。

機内では寝て過ごすのが基本になるため、あくまでもスマホは仮眠を誘発させるための道具や手段として利用するのが良いと思います。

 

Peachで行く台湾旅行!今夜の仮眠&野宿は羽田空港のベンチで
皆さん こんにちは! 今回の記事は『Peachで台湾旅行する時に利用する羽田空港国際線ターミナルで仮眠できる場所』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 LCCで台...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。