Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行の必需品は悠遊カード!鉄道・MRT・バスや買物でも便利!

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行の必需品である悠遊カード』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

悠遊カードは台湾旅行の必需品

台湾旅行の必需品というと、真っ先に思い浮かぶのがSIMフリーのスマートフォンだと思います。そのぐらい台湾旅行でもスマホは必需品と言えるでしょう。

でも、スマートフォン以外にも台湾の交通系ICカードである悠遊カードも必需品の1つだと思います。

悠遊カードは台湾の交通系ICカード

悠遊カードがあると、台湾鉄道やMRT、路線バス、猫空ロープウェー、レンタサイクルで利用することが出来ます。

また、コンビニやスーパーマーケット、スターバックス等でも買物の支払いに利用することが出来て便利なカードです。

但し、全てのスーパーマーケットで悠遊カードを利用できるとは限りません。全聯福利中心では利用することが出来ます。

 

悠遊カードの魅力

何と言っても駅の券売機で切符を買わなくても鉄道に乗車することが出来るのが良いです。悠遊カードがない場合は駅の自動券売機で切符を購入する手間が発生します。

特に自動券売機での購入に不慣れな外国人の場合だと切符を購入するにに手間取ってしまう事もあります。

悠遊カードは、このような手間を無くせる便利なカードです。

 

台湾桃園国際空港でも購入できる

① 購入できる場所
桃園空港の到着ロビーにある電子票證聯合服務と表示されているカウンターで悠遊カードを購入することが出来ます。

 

② 日本語でもOK
電子票證聯合服務では日本語の案内説明も用意されているため、中国語会話が出来ない場合でも安心して購入することが出来ます。

 

悠遊カードを利用するとお得になる

台北で悠遊カードを利用してMRTに乗車すると、運賃が2割引になります。また、高雄でもMRTの運賃が割引になります。

台湾中部の都市である台中市でも路線バスに乗ると割引があります。

 

台中市では

台中市に旅行で行かれる場合は、悠遊カードで路線バスに乗車すると10Kmまで無料で乗車することが出来ます。

もし、10Km以上の場所にバスに乗って行く場合は、一度下車してまた乗り直せば無料で行く事も可能になります。

日本では10Kmを無料で乗車できるなんて先ず有りえないため、とてもお得です。

 

悠遊カードへのチャージは何処で出来る?

悠遊カードを購入したり、鉄道やバスで利用したりすると、気になるのが悠遊カードの残高ではないでしょうか? 買物や鉄道等で利用すれば残高も少なくなって来るため、チャージも必要になります。

この便利な悠遊カードへのチャージは何処で行なっていますか?

 

悠遊カードへのチャージする場合

① MRTの窓口
MRTの駅にあるインフォメーションにて悠遊カードにお金をチャージすることが出来ます。中国語会話が出来なくてもチャージしたい金額と悠遊カードを手渡しすれば駅員さんがチャージしてくれます。

 

② 駅にあるチャージ専用機
台湾鉄道やMRTの駅には悠遊カードにお金をチャージすることが出来る機械があります。この機械でチャージすることが出来ます。

 

③ コンビニ
市内至る所にあるコンビニでも悠遊カードにチャージ及び購入することが出来ます。

 

コンビニで悠遊カードにチャージする場合

① 言い方
レジにいる店員さんに『請加値○○○塊(チン ジャアズー○○○クァイ)』と言います。

 

② レジでの言い方
100元 : 請加値一百元(チン ジャアズー イーバイ クァイ)
200元 : 請加値兩百元(チン ジャアズー リャンバイ クァイ)
300元 : 請加値三百元(チン ジャアズー サンバイ クァイ)
400元 : 請加値四百元(チン ジャアズー スーバイ クァイ)
500元 : 請加値五百元(チン ジャアズー ウーバイ クァイ)

 

 

悠遊カードの残高確認

台湾旅行で便利な悠遊カードですが、鉄道やバスに乗車したり、コンビニでの買物に利用したりすると残高が気になってしまうでしょう。悠遊カードの残高を確認する場合はどのように行えば良いのでしょうか?

 

アプリのEasy Walletで確認

スマートフォンのアプリで簡単に確認することが出来ます。Easy Walletというアプリをスマートフォンにインストールすることで、いつでも何処でも残高を確認することが出来ます。

 

悠遊カードの払い戻しも出来る

もう2度と台湾に旅行しないという場合であれば悠遊カードを持っていてもしょうがないと思います。このような場合では残高をゼロになるまで使い切る 又は 払い戻す の2択になるでしょう。

 

払い戻す場合

① 払い戻しが行える場所
駅の窓口(インフォメーション)

 

② 手数料
20元の払い戻し手数料が発生します。

但し、悠遊カードを5回以上使っている場合は払い戻し手数料が無料になります。

 

③ 使えなくなる
駅の窓口で払い戻しを行うと、次の旅行では使えなくなります。
そのため、次回も台湾に旅行を計画している場合は払い戻しは行わないで限りなく残高を減らして記念に持っている方が良いと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。