通勤&通学や旅行も便利で機能的なリュック ホットショット26L

私のメインのリュック(バッグパック)は、ザ・ノースフェイス ホットショット26Lです。

プライベートから仕事や出張&春夏の旅行まで便利に使えるため、とても重宝しております。

【特に気に入っている部分】

このホットショット26Lは、ウェストベルトが装備されていて、バッグパックに収納できる専用ポケットが有ります。

台湾で購入したHILLTOPのリュック(20L)にもウェストベルトが装備されているのですが、こちらのリュックの場合はウェストベルトを使わない時は腰の辺りでぶら下がっている感じになります。

それに引き換え、ホットショット26Lでは、ウェストベルトを使わない場合はバッグの中に収納できるようになっているため、とても便利です。

私の場合、ウェストベルトを使うのは出張や旅行の場合に限定されるため、使わない時はリュックの中に収納できるのはありがたいです。

【サイズ&重量】

サイズ : 縦510mm 幅330mm 奥行200mm

重量  : 1135g

【ファスナーポケット】

1. メイン収納
2. フロント収納
3. フロント収納内ファスナーポケット

【その他ポケット】

1. ノートPCポケット(メイン収納)

2. タブレットポケット(メイン収納)

3. 左右同じサイズのオープンポケットが2つ(フロント収納)

4. 横幅サイズの違うオープンポケットが2つ(フロント収納)

5. 電源ケーブル等の収納用ポケットが2つ

6. ペンホルダーが1つ

7. バッグ本体の両サイドに飲み物等のメッシュホルダー

8. ウェストベルト収納ポケット

下の写真がウェストベルトを出している状態



下の写真がウェストベルトを収納している状態

【その他装備】

1. チェストベルト
2. ウェストベルト
3. コンプレッションベルト(両サイドに2つずつ)
4. デイジーチェーン(飾りかも知れない)
5. しっかり持てる『持ち手』

【良い部分】

なんといってもウェストベルトを収納できるポケットが有るのが良いです。

これが有ることで、ウェストベルトを使う時はベルトを引き出して使い、ベルトを使わない時は専用ポケットに収納しておけるという部分が素晴らしいです。

【残念な部分】

1. バッグ本体の重量が1135gなのでちょっと重たいです。

2. あまり荷物を入れていない時にコンプレッションベルトが若干動いてしまう点です。

3. メイン収納内にメッシュのファスナーポケットが無いこと。

※ 台湾で購入したHILLTOPのリュックにはメイン収納内にメッシュのファスナーポケットが有ったため、ちょっと欲しかったかな?と思いました。

【どのように使っているのか?】

私の場合は、プライベートから通勤&出張まで、このホットショット26Lを使っています。さらに春夏の海外旅行でもこのリュックを使います。

仕事で宿泊を伴う出張の場合はノートPCやタブレットを同時に収納できますから助かります。

しっかりとしたPC専用ポケットがあるのが強みだと思います。

【感想】

旅行にも使える便利なリュックという感じで特に不満は無いのですが、秋冬用の旅行で使っているコロンビアのバークマウンテン30Lよりも重たいというのがビックリでしょう。

たぶんこれは、ノートPCやタブレットを収納するポケットが搭載されているから、その分重たくなっていると思います。

バークマウンテン30Lの方はノートPC専用ポケットが有りませんから仕方ないのだと思います。

【補足】
バークマウンテン30LにはノートPCが入る仕切りポケットは有りますが、その仕切りポケットにはクッション等がないため、ノートPCを収納するには不向きでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。