【医薬品】台湾旅行に持って行く薬は現地でも効果あるの?【市販薬】

 

皆さん、海外旅行に行く時に薬をいくつか持って行かれると思うのですが、どんな種類の薬を持って行かれますか? 
 
私の場合は海外には台湾しか行ったことがありませんから他の国のことは分かりませんが、他の国の旅行でも多かれ少なかれ薬は持って行くと思います。
 
でも、日本から持って行く薬って本当に現地でも効果が有るのかな?ということを考えたことは有りますか?
 
日本国内で販売されている医薬品は日本国内向けの症状に効果のある薬なのではないかな?ということに最近、気が付いたというか良く気にするようになりました。
 
今までは、そのような事には何も気にしていなかったのですが、過去にいくつか思い当たることもあることも事実ですし、最近話題になるインフルエンザに関するニュースを見る度にどうなんだろう?と考えたりもします。
 
皆さんはそのような事を考えたことは有りませんか?

 

【台湾旅行の際に必ず持って行く医薬品】

01. 総合風邪薬
02. 風邪薬(発熱用)
03. 風邪薬(咳止め)
04. 胃腸薬
05. 整腸薬
06. 虫刺され(夏場限定)

 

【最近、気が付いたこと】

色々な種類の薬を持って行くけど、果たして、海外でも効果あるのかな?という事に気が付いた訳ですけど、私のような素人にはその辺りの情報に詳しく有りませんから、どうなのかな?って感じです。
 
今までは日本の薬は優秀だから、海外でも大丈夫という認識で何も気にしませんでした。実際の話、海外旅行中に腹痛等で正露丸を服用した時は、治りましたからそんなに気にもしていなかったのは確かです。
 
正露丸に限らず、他の胃腸薬や整腸薬も同様に私は効果が有りました。

 

【気にするようになったきっかけ】

インフルエンザです。
 
今年は2回インフルエンザを発症する人が続出しているというニュースを見て、そんな事って有るんだな〜ちょっと厄介だな!と思ったのがきっかけです。
 
今年、流行しているのはA型とB型のインフルエンザだそうです。
 
最初にA型を発症又はB型を発症して完治したら、B型orA型といった感じでまたインフルエンザを発症する人が多いとのことでした。
 
インフルエンザにはA型、B型、C型の3種類の型が有るため、風邪にも地域等によって病原菌が違うから、市販の風邪薬は海外でも効果あるのかな?と思いました。

 

【虫さされの薬も同様かな?】

夏場の旅行時に限定なのですが、虫さされの薬も持って行っています。
 
対象としている虫は蚊なのですが、蚊も地域によって色々な種類の蚊が居ますから果たして日本の虫さされの薬は海外でも効果が有るのかな?という疑問。
 
01. 台湾の蚊
私は海外には台湾しか行った事がないため、他の国の蚊のことは分かりませんが、台湾の蚊は日本の蚊と比べると刺された場合、強烈な痒みが発生します。
 
02. 虫さされ(液体ムヒ等)
いつも液体ムヒを持って行くのですが、確かに効果は有るのですが、痒みの方が倍ぐらい勝っている感じです。
 
※ たぶん、これはその人の体質にも関係が有ると思います。

 

【結局のところ、どうするの?】

こればっかりは現地の薬を購入して試して見ないと効果のほどは分からないと思います。
まだ私は台湾で風邪薬や虫刺されの薬を購入したことが有りませんから、今度、台湾を訪れた時に購入してみたいと思います。

 

【因みに・・・】

私の台湾人の友人は、日本の製薬会社の薬が大好きです。
 
日本に旅行する度にドラッグストア等で医薬品を購入します。しかも大量に!
 
台湾にも良薬や漢方薬が有ると思うのにちょっと不思議な感じです。
 
特にロート製薬のメンソレータムがお気に入りで、このシリーズは全て購入して帰るようです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。