【台湾旅行】旅行に或る物を持参して笑われてしまった物【海外旅行】

皆さん、
海外旅行にはどんな旅行グッズを持って行きますか?
旅行グッズといっても色々有りますよね〜

バッグ、ガジェット、雨具、便利な物など。1つ1つ挙げていったらキリが有りません。旅行に持って行く物は全て旅行グッズなのではないでしょうか?

私は台湾旅行で有る物を持って行き、周囲の方々から大爆笑されたことが有ります。私からすれば、そんなに笑われるような物は何1つ持って来てない筈なのにどうして?って感じですね!

【何を持って行ったのか?】

LEDライトを持って行きました。
こんな物を海外旅行で持って来る人は居ないよ!と言われました。周囲に居た人達も面白可笑しく笑っておりました。

そんなに笑われる事なのかな?と思いましたけど、旅行期間中ずっと話の種にされてしまいました。ちょっと場違いな物だったようです。

【どうして持って行ったのか?】

日本でさえ、停電が発生するのだから、海外でも停電が発生するかも知れないと考えたからです。しかも台湾は日本と同様に地震も発生しますから持って行った方が安心かな?と考えました。

確かに場違いだったのかも知れませんが、もし本当に海外旅行中に停電が発生したら困ると思うんですよ。昼間だったら停電になっても明るいから良いですけど、もし夜に停電になったら困ると思います。

だから私は海外で停電というは困るな〜と思ってLEDライトを持って行ったのである。

【実は、今でも旅行の必需品】

この当時は直径13cm程度のLEDライトを持って行きましたが、最近では見た感じどのように見てもLEDライトとは思われないような物でかつ、2WAYの使い方も行えるLEDライトを持って行っています。性能は期待できませんが手元を照らす分には明るいです。

ただ、あえて言えば、防水性に疑問が有ります。恐らく防水性は無い!と思います。防水性が無いLEDライトって意味が無いと思うのですが、これはたぶんオマケ機能なので仕方ありません。旅行用ということで妥協しています。

あと、2WAYなのでもう1つの用途が有ります。こちらの方が私にとっては重要なのです。

【2WAYのLEDライトとは?】

1. モバイルバッテリーにLEDライトがオマケで付いています。
2. モバイルバッテリーの容量は、10000mAh
3. 残量表示は液晶ディスプレイに%で表示されます。

【使い勝手はどうなのか?】

写真を見れば一目瞭然なのですが、真ん中の小さな○の部分がLEDライトです。USB端子がこのように2つ剥き出しになっているため、防水性は無いでしょう!

01. 使い方
LEDライトの使い方はシンプルです。
点灯&消灯する場合は電源ボタンを2回素早く押すだけです。

02. デメリット
このLED付きモバイルバッテリーは重たいです。
10000mAhあるから仕方が無いのですけどスマートフォンを2つ持っているような感じです。

03. LEDとしてはオススメできない
モバイルバッテリーの用途に限定するのであれば良いのですが、LEDライトは確かに手元は明るいのですがオマケって感じが強いです。特に照射範囲が狭いですね。ちょっと遠くを明るくすることが出来ないって感じがします。

04. 付属品
専用のUSB充電ケーブルが付属されています。

05. 良い部分
バッテリーの残量を%で確認できるところ

【海外旅行にLEDライトっておかしいのかな?】

これは私の素朴な疑問です。
日常生活においても通勤&通学等で懐中電灯を持ち歩いている人は少ないのではないかな?と思います。

でも、アウトドアでLEDライト等を持参する人は多いと思います。

海外旅行もアウトドアと一緒だと思うんですけれどもね〜違うのかな?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。