【Reuse】旅行グッズの活用 ウェストポーチ編

皆さん、ウェストポーチは持っていますか?
私は3〜4種類ぐらい持っています。今では1つを残して3つぐらいはキャリーバッグの中で眠っています。

2〜3年前までは貴重品等を収納するショルダーバッグとして普通に海外旅行に持って行っていました。

でも、最近は海外旅行にはカリマーのVTショルダーCLというショルダーバッグを持って行っているため、ウェストポーチをメインで使う事が無くなりました。

そこで今回はこのウェストポーチの活用について考えてみたいと思います。

【ウェストポーチの良い部分】

01, 斜め掛け、腰やお腹に巻いて持ち運ぶことが出来る。
02. リュック(バッグパック)との併用も行えるため、利便性が高い。
03. ショルダーバッグとしても利用できるタイプがある。
04. リュックとしても利用できるタイプがある。

【ウェストポーチを海外旅行で使わなくなった理由】

01. 私が持っているウェストポーチはショルダーバッグにもなる2wayタイプのウェストポーチなのですが、ショルダーベルトの幅が狭いため、肩への負担が大きいです。冬場ではあまり気にしませんが、薄着になる夏場での利用は堪えます。

02. ショルダーベルトとウェストポーチを接続する部分が樹脂バックルフックで簡単に取り外しが行えてしまうため、海外旅行では危ないと思いました。この樹脂バックルフックの部分が危ないと思いました。

03. 斜め掛けした場合、リュックのように背中に掛けている場合は特に問題は無いのですが、お腹掛けや前にバッグを持って来ている場合、背中にバックルが来る為、『私はウェストポーチを持っていますよ!』と周りの人にアピールしている感じなのではないか?と気が付きました。

【ウェストポーチのデメリット】

01. ウェストベルトのバックルが危ない。
最近では、このウェストベルトのバックルが外れても大丈夫なように安全用のフックベルトが付いている方式のウェストポーチも有るようです。

02. スポーツ等で利用するのは軽量ですが、旅行等で使うタイプは意外と重たいです。

03. 腹巻タイプのセキュリティーポーチと違って厚みと大きさが有るため、セキュリティーポーチとして服の下に隠して使う事ができない。ジャケットの下に隠して使う感じ。

【ウェストポーチのリユース&活用を考える】

01. 自宅の貴重品収納ケースとして利用する。
既に、この用途で使っています。使い勝手はあまり良く無かったのですが、慣れてしまえば別にそんなに気にする事もないため、今では何も気にしていません。

もし、災害時が発生した場合は、ウェストポーチであるため、サッと腰に巻いて移動する事も出来ますから丁度良いのではないかな?と思っています。

02. ショルダーバッグのバッグインバッグとして利用する。
実は、この方法は何度か試しています。メインで使っているショルダーバッグのバッグインバッグとして利用しています。ショルダーバッグはマチ幅も広く、ウェストポーチを収納してもまだお釣りが有る室内広さであるため、バッチリでした。

ただ、デメリットを言えば、ショルダーバッグの重量が500gになってしまうという点です。だいたい私のガジェット関係の合計重量が750gであるため、これに貴重品を加えたら、軽く1500gを超えてしまいますから旅行で使うのは厳しいと思います。

※ それでも過去3回ほど台湾旅行でショルダーバッグのバッグインバッグとして使いました。

重量が増えるけれども貴重品等を収納する上では非常に良いのです。特にメイン収納ポケット内にある大きなファスナーポケットって感じが丁度良いです。貴重品等はさらにウェストポーチ内のファスナーポケットに格納しまうから、安全面は強化されているでしょう。

03. リュックのバッグインバッグとして利用する。
ウェストポーチの重量が230gあるため、ショルダーバッグだと肩への負担が大きいですから、バッグインバッグとして利用するならリュック(バックパック)しかないと思います。

これも実際に何度か試してみたのですが、意外と使い勝手が悪かったので、現在ではトラベル・サコッシュがバッグパックのバッグインバッグとして定着しております。

リュックならば背中に背負う形になるため、肩への負担も軽減されるから、丁度良いと思ったんですけどね。実際には薄マチのバッグの方がバッグインバッグに適している感じです。

【私の場合はどうなのか?】

ウェストポーチのリユース&活用するなら、下記2択になるのではないかな?と思います。

01. 自宅で貴重品等の収納ケースにする。
02. ショルダーバッグのバッグインバッグとして使う

※ どちらも実際に試していたり、既にその用途で使っていたりしますから運用方法を改善すれば多少は上手く再使用する事が出来るのではないかな?と思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。