【旅行】どうする? 海外旅行に持って行くバッグは、どれにする?

 

皆さん、旅行に行かれる場合はどのようなバッグでお出かけしますか?

バッグといっても色々ありますけど、旅行に持って行くバッグとなるとスーツケース(キャリーバッグ)やリュック、ボストンバッグ辺りになるのではないでしょうか?

人によってはスーツケースやリュックなんて持って行かない!私はショルダーバッグ又はワンショルダーバッグだけで十分という人も中には居るでしょう!

でも海外旅行となると、スーツケースが圧倒的に多いのではないでしょうか?

そこで今回は海外旅行に持って行くバッグは何れが良いのか?についてのお話になります。

 

【想定されるバッグ】

01. スーツケース(キャリーバッグ)
底面にタイヤが2つないし、4つ有り、キャリーバーを装備しているバッグ。普段はこのキャリーバーを引き延ばして引いて歩く感じで使うバッグです。サイズや重量も色々有るのが特徴で旅行の定番となっている。

 

02. リュック(バッグパック)
リュックもスーツケースと同様に多種多様で色々な種類があり、一概には何とも言えませんが、旅行で利用するタイプと登山等で利用されるタイプに分かれるのではないかな?と思います。

さらには、同じリュックでもウェストベルトを装備しているタイプとウェストベルトを装備していないタイプも有りますから自分の用途に合ったリュックを選ぶ必要が有ります。普段の日常での利用においてはウェストベルトを使うような場面は少ないと思います。

ウェストベルトを装備しているリュックの場合、腰当ての有無が重要になります。腰当てが付いていると腰をしっかりとホールドできるため、腰への負担が軽減されます。それに対して、腰当ての無いウェストベルトの場合は、ただ単にリュックを固定するという役割になると思います。

また、よく有るパターンとして、預け荷物はスーツケースにして機内持ち込みはリュックという人も多いと思います。

 

03. ショルダーバッグ
斜めがけ(たすき掛け)するタイプのバッグ。
たいていの場合は機内に持ち込む身の回り品や貴重品等を収納するバッグ又は現地での観光用のバッグとして使用する場合が多いのではないでしょうか?

 

04. ボストンバッグ
樽型でマチが広く、沢山の荷物を入れることができる旅行用の手提げバッグ。手提げタイプのため、重い物を収納して観光するのには適していないと思われます。

※ ショルダーベルトを装着できるタイプのバッグもあるため、実際には2WAY仕様も多いと思います。

 

05. リュックキャリー
リュックとキャリーバッグが合体したような2WAYバッグです。
タイヤが2つ付いているため、コロコロ転がしてバッグを運ぶことが出来たり、リュックのように背負ってバッグを運ぶ事ができるタイプのバッグです。

リュック+キャリーバッグの良いとこ取りのようなタイプのバッグですが、キャリーバーを装備している関係でバッグが重いというデメリットが有ります。いつもコロコロ転がして利用するという人なら問題ないのですが、いつも転がすのであればスーツケース(キャリーバッグ)が適任ですから意味が無いと思います。

特にリュックのように背負った場合、バッグの重さを感じたり、ショルダーベルトの厚みが薄い場合が多いですから、肩への負担も大きいと思います。

 

【どのバッグが適しているのか?】

01. スーツケース(キャリーバッグ)
見た目がスマートでバッグを運ぶにも少ない力で運ぶ事が出来るというメリットが有る反面、歩く場所を選ぶ必要があるというデメリットがある。

 

02. リュック(バッグパック)
リュックを背負ったまま電車やバスといった交通機関を利用する場合、他の利用者に迷惑を掛けてしまうというデメリットが発生します。この場合、リュックは前に抱える又は下に降ろす又は棚の上に上げる等になると思います。

スーツケースに対しての優位性が有るとすれば、歩く場所を選ばなくても良いという部分だと思います。特に外国では、舗装されている道や平らな道とは限りませんから、そういった場合はリュックの方が適していると思います。

 

03. ショルダーバッグ
リュックのようにショルダーベルトが2つ有れば肩への負担が分散されますから軽減されますが、ショルダーバッグの場合はショルダーベルトが1つなので肩への負担が大きいと思います。

ショルダーバッグに収納する荷物を少なくしたり、ショルダーパッド等で肩への負担を軽減するのが良いと思います。

 

04. ボストンバッグ
持ち歩く場合は手提げ又は肩に掛ける等であるため、手や肩への負担が大きいと思います。場合によっては手持ちパッド等も必要になるのではないか?と思われます。

 

05. キャリーリュック
歩く道を選ぶ必要がなく、キャリーバッグのように引いてバッグを運ぶことが出来るのは良いと思います。しかし、重量の問題だけでなく、このタイプのバッグの場合は全体的に収納できる容量が少ないというデメリットも併せ持ちます。

個人的な見解を言えば、このタイプを選択するのでは無く、リュック又はスーツケースのどちらか?一方を選択した方が賢明だと思います。

どうしてもこのスタイルが良いと言うならば、預け荷物をスーツケースにして機内持ち込み荷物をリュックにすることをお勧め致します。

 

【結局のところ、どのバッグが良いのか?】

おそらく、海外旅行においては、スーツケース又はリュック又は両方が良いと思います。

どちらも一長一短があるため、必ずこっちが良いと言えないのが非常に残念ですが、旅行される国の状況で分けるのが良いと思います。

リュックの場合は安全面において不安が付き纏う感じがしますから、スーツケースが無難な選択ではないのでしょうか?

恐らくスーツケースを利用されている皆さんも自分なりに総合的に判断されていると思いますから、自分の判断を尊重された方が良いと思います。

 

【こういうバッグ選びは止めた方が良い】

友達や会社の同僚等と海外に旅行される場合に、○○さんはスーツケースで行くから、私もスーツケースが良い!という判断は止めた方が良いと思います。

私も人のことをとやかく言える立場では無いのですが、以前、もっと別な理由でスーツケースを選んでしまった経験があります。

私は初めて海外旅行に行く前のバッグ選びでは、お土産を沢山入れられるのはどのバッグかな?という事でバッグを選んでいました。今となっては良い思い出の1つですけれどもね。

 

【私の場合】

初めて台湾に行った時はスーツケースで行きました。沢山お土産を入れて帰ってこれるようにちょっと大きめのスーツケースを購入したのである。Sサイズだったと思います。

ここ2〜3年は、ホットショット26Lやバークマウンテン30Lといったバッグパック+ショルダーバッグ(VTショルダーCL)というスタイルで落ち着いています。春夏に旅行する場合は普段の通勤としても利用している26Lのバッグパックで行き、秋冬に旅行する場合は30Lのバッグパックで行く感じです。

どうしても秋冬の場合は荷物が多くなってしまいますから26Lの通勤バッグでは心もとないというのが理由の1つです。

本当はバッグパック1つで旅行できれば良いのですが、なかなかそうも行かなくてショルダーバッグも必需品になっています。特に機内に貴重品等やガジェット関係は全てジャケット等のポケットの中という訳にも行きませんから、ショルダーバッグに入れて持ち込んでいます。

※ ポケットが沢山あるジャケット等が見つかったら、バッグパック1つでの旅行を試してみたいと思っています。

https://siritaiwan.com/2018/02/15/post-1444/


https://siritaiwan.com/2018/01/10/post-573/

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。