夏の台湾旅行では車内や建物内の冷房と屋外の気温差に注意して旅を

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『夏の台湾旅行では車内や建物内の冷房と屋外の気温差に注意』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

夏の台湾旅行

夏に台湾旅行する人も多いと思います。台湾の美味しいスイーツであるマンゴーかき氷も食べることが出来る季節なので、このような美味しいフルーツ等を満喫したいのであれば夏に台湾旅行するのが良いでしょう。

でも、この季節は台風シーズンと重なるため、雨への対策も必要になると思います。

 

台湾の夏

① 夏の季節
だいたい5〜10月頃が紫外線が強くて気温も高いです。紫外線や暑さ対策も必要になるため、この季節に旅行する場合は暑さ対策も必要です。

 

② 蒸し暑い&大量の汗
台湾の夏は湿度が非常に高いこともあり、蒸し暑い夏になります。日本も夏場は暑いですけど、湿度の高さが非常に堪えます。

ちょっと動いただけで汗もダラダラ流れて来ますから、タオルは必需品になります。ハンカチやミニタオルでは直ぐにビショ濡れになってしまうため、タオルが良いと思います。

熱中症にも注意が必要になりますから、こまめに水分補給と適度な塩分補給も欠かせません。

 

③ 強い日差し
太陽から降り注ぐ紫外線や日差しが非常に強いため、日焼け止めや帽子などが必要になります。

 

雨への対策

夏の台湾は雨季や台風シーズンと重なるため、雨が多くなります。晴れていても天候の変化により突然の雨という場合もあります。

週間天気予報で台湾旅行の期間中は雨が降らないことが分かっていたとしても折りたたみ傘は持って行った方が良いです。晴雨兼用の折りたたみ傘が良いです。

特に晴れている時は紫外線が強いこともあり、日傘としても使えるタイプが賢明です。

 

夏の台湾旅行では建物内の冷房と屋外の気温に注意

蒸し暑い夏のシーズンに台湾旅行する場合は建物内や交通機関の車内、屋外の気温差に注意が必要です。日本では屋内でも交通機関の車内では弱冷房になっている場合の方が多いですが、台湾では日本と比べ物にならないぐらいの強めの冷房の方が多いです。

 

建物内の冷房

店内や公共施設等の建物内は強めの冷房が効いているため、入ると短時間で汗が引っ込んでしまいます。特に大規模デパートといった場所では半袖シャツだけでは逆に寒く感じることもあります。

日本人は強めの冷房に慣れていないこともあり余計に寒く感じると思います。短時間であれば問題ないのですが、長い時間、強めの冷房が効いている場所で過ごすと身体が冷えてしまうため、適度に体温調整が必要になります。

強めの冷房が効いている建物内では羽織ることが出来る衣類を持ち歩くといった対策も必要になります。

 

鉄道やバスの車内冷房

台湾の鉄道やバス、タクシー等の車内冷房は建物内と同様に強めの冷房が効いています。台湾新幹線の車内はそれほど強い冷房ではないのですが半袖シャツだけだとちょっと寒く感じます。

特に寒いと感じるのは市内を走っている路線バスの冷房です。鉄道とは比べ物にならないぐらいに冷房が強くなっているバスもあるため注意が必要です。

台湾旅行中に路線バスに乗車する場合は直ぐに羽織ることが出来る衣類を携帯して乗車するのが良いと思います。

 

屋内と屋外の気温差

ただでさえ、建物内や交通機関の車内では冷房がガンガンに効いているので、そのまま屋外に出るとあまりにも温度の違いに気がつくでしょう。屋内と屋外の温度差が大きければ大きいほど、身体への負担は相当なものです。

でも、このような負担は自分自身では直ぐに感じることは少ないため、分からないことが多いです。逆に分かった時は既に時遅しといった感じて体調不良になっている場合の方が多いです。

屋内や車内と外気温の差は可能な限り小さくして身体への負担を軽減できるように努力することも大切です。

 

スポンサーリンク

 

台湾旅行中の体調管理

旅行に行く前に体調が悪くなる場合も有ります。既にお金も払い込んでいる状態になるため、キャンセルも出来ない場合が多いです。多少の体調が優れない場合でも旅行に行ってしまう場合の方が多いと思います。

また、夏の台湾旅行では、冷房の寒さで体調を崩すこともあります。冷房への対策も必要になるでしょう。

 

体調が優れないのに台湾旅行に行く場合

体調が悪いのに楽しい台湾旅行に行くと体調が良くなる場合もあれば、逆に体調が悪化してしまう事もあります。旅行中に台湾の医療機関のお世話になってしまう場合も有るので注意が必要です。

病院へのお世話のことを考慮すると2泊3日程度の短期旅行だったとしても海外旅行保険が有った方が良いです。

 

夏の台湾旅行の水分補給

とにかく夏場の台湾旅行では、ちょっと歩いただけでも汗が吹き出して来るため、こまめに水分補給を行わないと夏バテや体調不良に繋がってしまいます。夏の台湾は湿度が高いため、余計に蒸し暑さを感じます。

但し、水分補給にはちょっと注意が必要です。台湾の飲み物は甘くて美味しい飲み物が多いです。それはコンビニで販売しているペットボトルのお茶でも甘い物があります。まるでジュースを飲んでいるかのような感じです。

場合によっては1日に必要以上の糖分を摂取してしまう可能性が高くなります。糖分を必要以上に摂取してしまうと肥満や生活習慣病のリスクも高まるため、楽しい旅行中だったとしても注意が必要です。

コンビニで日本と同じ無糖のお茶を購入する場合は手に取って日式無糖茶 又は 無糖 と表記のあるお茶を確認してから購入しましょう。

 

台湾旅行の注意事項!夏は紫外線と日焼け、冷房への対策と服装選び
皆さん こんにちは! 今回の記事は『夏の蒸し暑いシーズンに台湾旅行する場合の注意事項』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾の夏はワンランク上の暑さ 台湾の...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。