【パッキング】旅行の荷物はコンパクトな荷造り 100均の圧縮袋

 

皆さん、こんにちは!

旅行等で着替えを持って行く場合に人によって色々な収納方法が有るでしょう!

風呂敷や圧縮袋、衣類収納ケース(ポーチ)など。人によっては別に衣類は旅行バッグにそのまま詰めているという人も居るでしょう。

今回は色々ある旅行の衣類の収納方法の中で、100均ショップで購入できる圧縮袋についてのお話になります。

参考になるか?分かりませんが、最後まで読んで頂けたら幸いです。

 

【100均の圧縮袋の特徴】

01. 価格が安い
100円+消費税で購入することができます。

02. あまり入れならない
一度に中に入れられる枚数が少ない。半袖Tシャツやタオル等は複数枚入れても問題ありませんがその他の衣類は複数いれるのに難がある。

03. 手動で圧縮が必要
掃除機で中の空気を抜くのでは無く、自分の手で押すようにして袋を巻きながら空気を抜いて行きます。

04. チャックがキャシャである
中に衣類を入れて空気を抜く時に使うチャックがとてもキャシャである。ちょっと雑な扱いをすると直ぐに外れてしまいます。

05. 色々なサイズがある
色々なサイズに対応していますから、とても助かります。

 

【良くない部分】

特徴にも書きましたが、圧縮袋の構造がキャシャであるため、詰めが甘いような感じになっています。

01. 直ぐに外れてしまう
チャックが直ぐに外れてしまうという部分。ちょっと勢いが余ってスッと締めたりすると、簡単に外れてしまいます。

02. あまりコンパクトにならない感じがする。
これは人によっても違いますが、中の空気を抜くのが甘いんだと思います。手動だから仕方のない部分でも有るでしょう。

 

【良い部分】

01. どこでも購入できる
最近はアチコチに100均ショップが有りますから、いつでも何処でも購入できる。

02. 圧縮袋が手に入る
手動での圧縮になりますが、圧縮袋が100均ショップでも手に入るというのは良いでしょう。

※ 特に圧縮袋のメリットはあまり無い感じである。

 

【私の場合】

スーツケースで旅行していた頃は確かに100均ショップで購入した圧縮袋を便利使っておりましたが、現在ではバッグパックで旅行に行っているため、この圧縮袋は全く使っておりません。使わない理由は主に3つあります。

 

01. 思った以上にコンパクトにならない
100均の圧縮袋には何枚も一度に入れることは出来ませんから、確かに中の空気を抜いてクルクル巻けば面積は少なくなります。

しかし、何枚も入れられないため、いくつかに小分けする形になります。この場合ですと、逆に荷物が増えてしまう感じになってしまいます。

※ これだとちょっと圧縮する意味が無くなってしまうでしょう。やっぱり、圧縮して荷物もコンパクトになるのが理想だと思います。

 

02. 余計にがさばる
スーツケースの場合は気にしないのですが、バッグパックの場合はですと、圧縮袋を使って衣類を収納した場合、私の場合は逆に荷物が多くなりました。そういう事情もあり、コンパクトさにも欠けるため、それ以来、100均の圧縮袋をバッグパックで行く旅行の場合は使っておりません。

 

03. 直ぐにチャックが壊れる
100均の圧縮袋だから仕方がないのですが、気持ちの良いくらいに直ぐにチャックが外れてしまいます。また取り付ければ良いのですが、何回かこのようなことをやっていると、その内にチャックを紛失してしまいます。

 

【最後に】

私の場合は、あまり100均の圧縮袋を使うメリットが有りませんでしたが、人によっては重宝に使っている方も多いと思います。

コンパクトさを追求するのであれば、他の方法も有ると思いますから、その都度、改善するなりして追求するのが良いでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。