台湾旅行の注意事項 飲み水と横断歩道に気をつけて 楽しい旅行を

 

皆さん、こんにちは!
 
台湾旅行の注意事項っていろいろ有ると思いますが、いくつ知っておりますか?
 
今回は観光に密接に関係ある飲み水と横断歩道についての注意事項についてのお話になります。
 
参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

【台湾の交通事情】

01. 非常にバイクが多い
日本では車が圧倒的に多く、バイクの利用が少なめですが、台湾の場合はバイクの利用が圧倒的に多いです。
 
台湾ではバイクが生活の足になっている関係で、男女問わず、普通によくバイクを利用しています。
 
日本ではバイクというと、あまり若い女性は乗らない乗り物だと思いますが、台湾では若い女性も普通にバイクを利用しておりますから、ちょっとびっくりですね。

 

02. 電動自転車
日本の場合は、電動自転車を乗るには免許が必要なため、電動アシスト自転車が多いですけど、台湾の場合は、電動自転車を運転するには免許が必要ありませんから普通の自転車よりも便利な乗り物だといえます。
 
但し、電動自転車の場合は、バイクと違って、出せるスピードが低く抑えられているのが特徴になります。
 
運転免許が無くても乗れる乗り物ですから、スピードも低く抑えられているのでしょう。
それでも普通の自転車よりも十分に早く走ることが出来ますからとても便利な乗り物だといえます。
 
因みに、バッテリーが無くなったらどうなるのか?ですけど、電動とはいえ自転車ですから、バッテリーが無くなっても普通の自転車のようにペダルが有るタイプがあります。

 

03. 路上駐車
台湾の場合、路上駐車が多いです。特にバイクがズラーっと並んでいる光景をよく見かけます。

 

【台湾の横断歩道】

横断歩道は要注意で危険かも知れません。台湾の横断歩道は日本と違って歩行者よりも車が優先です。例え信号が青だからと言って直ぐに渡ろうとすると車やバイクが突っ込んで来ますから、とても危ないです。
 
日本の場合は、信号が無い場所でも横断歩道を歩行者が渡っていれば、自然に自動車は止まってくれますが台湾では止まってくれません。突っ込んでしまったもん勝ちのような感じで、歩行者が居ようと関係なく突っ込んで来ますから、とても危ないと思います。
 
※ 日本と同じ感覚で横断歩道を渡ろうとすると、事故の元ですから、横断歩道を渡る場合は十分に注意して渡りましょう。

 

【台湾の水道水】

01. 水道水は飲むことが出来ない
日本の水道水の場合は普通に飲んだり、料理に使ったりすることが出来てとても便利な飲み物ですが、台湾の水道水は飲むことができません。

 

02. うっかり飲んでしまうと・・・
日本の水道と同じようにうっかり水道水を飲んでしまうと、お腹を壊します。間違っても飲まないようにしましょう。

 

03. 手洗いや歯磨き等はOK
水道水を直接飲むのはNGですが、歯磨きや手洗いや洗顔等で利用するのは問題ありません。

 

04. 飲み水は?
飲料水は基本的にお店で購入することになります。コンビニやスーパー等でミネラルウォーターを購入して飲みましょう。飲料水はスーパーでも安く購入できるのが良いでしょう。
 
※ スーパーにはボトルでも購入することが出来る。

 

05. その他
台湾で販売している飲料水のペットボトルには2種類あり、水道水を濾過して飲めるようにした飲料水とミネラルウォーターが有ります。

 

【その他】

台湾は美味しい食べ物や飲み物も沢山有りますし、台湾人はとてもフレンドリーで親切な国ですから、何度でも訪問したくなる魅力のある場所だといえます。
 
このような沢山さんの魅力がある国だからこそ、色々な注意事項をよく確認して楽しい旅行を満喫するのが良いと思います。
 
つい、日本と同じ感覚でやってしまうと痛い目を見る場合が有りますから、台湾に旅行される場合は、注意事項を確認した上で旅行されるのが良いでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。