台湾旅行に履いて行く靴は歩いて疲れにくい紐なしスニーカーシューズ

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行に履いて行く靴は紐なしスニーカー』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行にはどのような靴を履いて行く?

旅行では普段の日常生活で使っているカジュアルシューズを履いて行く場合が多いと思いますが、台湾では事情が異なるため、注意が必要になります。

 

台湾の歩道

台湾の歩道は凸凹している場合も意外と多い。小さなお店が並んでいる一角の歩道はお店の一部として使われている場合が多いので凸凹を通り越して大きな段差になっている場所もあります。

このような歩道を歩くと足が疲れてしまうため、靴底が硬いと余計に疲れ易くなったり足が痛くなってしまいます。靴底が硬いシューズは避けた方が良いのでは?

また、自家用車の車庫として使われている場合もあります。このような場合は迂回する必要があるため、余計に歩くことになります。

そういう面を考慮するなら、歩いていても疲れにくい靴がベストな選択になります。

 

歩いて疲れにくい靴

台湾旅行中に観光や食べ歩き等で歩いていて疲れにくい靴となるとスニーカータイプのシューズが良いと思います。靴底が柔らかく厚いため、大きな段差を歩いた場合の衝撃を吸収してくれます。
大きな段差が多い台湾の歩道を歩くのであれば革靴や靴底が硬いカジュアルシューズ等は避けるべきだと思います。

特に旅行では日常生活よりも余計に歩く場合の方が多いため、日常生活の延長線として考えていると余計に疲れてしまうでしょう。旅行では靴底も重要な要素になります。衝撃を吸収してくれる弾力のある靴底が良い感じです。

 

台湾旅行には紐なしスニーカーシューズを

台湾旅行に履いて行く靴はゴム底のスニーカーが良いと思います。特に台湾の歩道を歩く機会の多い場合は歩道の段差に注意は必要です。日本の歩道は舗装されて歩きやすいですけど、台湾の歩道は凸凹段差があって決して歩きやすいという感じではありません。

 

旅行には履き慣れた靴が良い

海外旅行には新品の靴を購入して出かけるといった人も居るかも知れませんが、基本的には新品の靴よりも十分に履き慣れた靴を履いて行った方が賢明です。

新品の靴だと、靴と足が慣れていないため、フィット感がない状態で旅行に出かけてしまうことになります。フィットしていない状態で長い時間歩くと足が疲れてしまうのは勿論のこと、靴擦れ等の原因にも繋がるため、旅行に履いて行く靴は履き慣れた靴が良いです。

だからと言って、履き慣れた靴ならば何でも良いのか?というとそうではありません。靴底がすり減っていて溝がない場合は旅行には向きません。ある程度の溝がある物が最適です。

旅行を計画した時点で履いて行く靴の靴底を点検するのが良いと思います。計画した時点でチェックすれば、新しい靴を購入した場合でも旅行に行くまでの期間が十分に確保されているため、十分に間に合います。

 

紐なしスニーカーシューズが最適

スニーカーには紐あり・紐なしタイプがありますが、紐タイプの場合だとしっかり紐を結んでいないと歩行中に結び目が解けてしまって途中で結び直すという手間が発生します。

日常生活ではこれでも何ら問題ありませんけど海外旅行ではちょっと事情は異なります。普段何気ない行動でも海外では日本と生活環境が異なるため、日本では問題なくても海外ではNGということもあります。

靴紐が解けてしまった時は靴紐を結び直す必要があるため、両手を使ってしまいます。両手を使ってしまうと、他の部分が無防備になってしまうのでリスクを伴います。

海外旅行では無防備にならないような対策も必要になります。そのため、旅行に履いて行く靴も安全面等も考慮した方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

雨の台湾旅行は足元に注意を

雨季や台風シーズンに台湾に旅行する場合も有ると思います。特に雨の場合は歩道が濡れてしまうので歩いていて滑ってしまう 又は 滑り易くなっている場合があります。

 

スニーカーは雨天時は注意が必要

台湾の歩道はタイル貼りになっている場合が多いので水に濡れると滑りやすくなります。雨の場合は注意が必要になります。特にゴム底のスニーカーの場合は天気の良い日や曇り空の場合は最適なシューズですが雨の日となると話は別です。

雨天時でも滑りにくいというスニーカーであれば多少は対応できるとは思いますけど安心するのは禁物だと思います。

滑ってツルン!ドテッといった感じに転んでしまうと怪我してしまうので雨天時や歩道が濡れている場合は滑らないように注意して歩いた方が良いです。

 

雨天でなくても濡れている場合がある

お店の人が掃除して濡れている場合があります。このような場合は、その一角だけというのではなく、お店の前だけが濡れている場合が多いです。

天気が良いから滑る心配はないと考えていると思わぬ落とし穴が待ち構えているため歩道を歩く場合は足元に注意して歩いた方が良いです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。