【パッキング】旅行の荷物はコンパクトな荷造り 持ち物【解説編】

 

皆さん、こんにちは!

海外旅行に行く時に旅行の持ち物で悩んだりしたことは有りませんか?

特に季節によって着て行く物や着替え等も変わって来ますし、どのくらいの大きさのバッグで行けば良いのか?

旅行に持って行きたい荷物は既に用意して有るけど、旅行バッグに詰め込んでみたら入らなかったなど。色々と悩まれる方も多いのではないでしょうか?

 

【旅行バッグは?】

旅行に行く場合、先ず荷物を収納するメインの旅行バッグを決めなくてはなりません。
たいていの場合はコロコロ転がせて楽なスーツケースが多いと思いますが、バッグパックの方も居るでしょう。

 

《想定されるパターン》
01. スーツケース(預け荷物)
宿泊日数にもよりますが、空港の各航空会社のカウンターで荷物を預ける場合は、どの大きさでも大丈夫です。

 

02. スーツケース(機内持ち込み)
預け荷物にはしないで、スーツケースごと機内に持ち込む場合は、各航空会社の手荷物ページを確認し、機内持ち込みが可能サイズおよび重量をチェックしましょう。

各航空会社によって、機内に持ち込める荷物のサイズや重量が異なりますから、必ず確認を行いましょう。特にLCCの場合ですと、機内に持ち込みできる重量が厳しいです。

その上で、機内持ち込み可能なスーツケースを選んでください。

 

03. バッグパック(預け荷物)
預け荷物のスーツケースと同様に、どのような大きさのバッグパックでも大丈夫です。

 

04. バッグパック(機内持ち込み)
機内持ち込みのスーツケースと同様に各航空会社の手荷物規定を確認した上で機内持ち込み可能なサイズのバッグパックを用意しましょう。

全ての荷物を機内に持ち込む場合、荷物の量にもよりますが、バックパックの容量は容量が28〜32Lぐらいが良いです。

 

【バッグパック選びの注意事項】

01. チェストベルト
チェストベルトが有るバッグパックを選んだ方が良いです。

このチェストベルトがない場合、バッグパックが安定しないため、移動している時にショルダーベルトが下がって来てしまったりする場合があります。

 

02. ウェストベルト
通学用やデイリー用途でのリュックの場合、たいていの場合はウェストベルトが付いていませんが、通勤等のリュックの場合はウェストベルトが付いている場合があります。登山用のリュックの場合は腰当て付きのウェストベストが装備されているでしょう。

 

《ウェストベルトの特徴》
01. ウェストベルト(無し)
身体とリュックの固定はチェストベルトだけで行う。

 

02. ウェストベルト(腰当て無し)
身体とリュックの固定はチェストベルトとウェストベルトで行う。この場合は2箇所で固定するため、リュックが安定します。

但し、腰当てが付いていない場合は、あくまでもリュックを固定するだけの用途になります。

 

03. ウェストベルト(腰当て付き)
腰当てが付いたウェストベルトの場合、しっかりと腰をホールドできるため、大きな荷物や重たい重量のリュックを背負った場合でも腰への負担が軽減されます。

 

【着替え】

01. 着替えは何日分必要?
基本的には宿泊日数分であれば宿泊日数分あれば良いでしょう。但し、人によっては1〜2週間や数ヶ月といった単位で旅行される場合が有ると思います。

こういう場合は、必要最小限の着替えを着替え及び洗濯洗剤&折りたたみハンガー等を持って行き、宿泊施設等で着替えを洗濯すると思います。

 

02. 洗濯はするのか?
コンパクトな荷物にする場合は、着替えの洗濯は必須になるでしょう。特に海外&国内問わず、旅行の場合は旅行バッグの半分以上の荷物が着替えになりますから、お土産を買う場合は、お土産を入れるスペースも確保しなければなりません。

 

03. 衣類収納袋は何が良いのか?
圧縮袋等でも良いですし、衣類専用の収納ポーチでも良いでしょう。但し、洗濯をしない場合は汚れ物の衣類を収納する物が必要になるでしょう。

イーグルクリークのパックイット収納袋は超軽量でありながら、生地はとても丈夫なため、着替え収納には最適な袋だといえます。

尚、このイーグルクリークのパックイットには他のサイズの収納袋も用意されており、スーツケースで旅行に行かれる場合に重宝するでしょう。

【旅行】着替え収納は超軽量でMサイズのパックイットもオススメ
旅行時の着替え収納袋として、イーグルクリーク パックイット・スペクターキューブを紹介します。 以前、チューブタイプのスペクターチューブキューブを紹介しましたが、今回のはMサイズバージョンです。 【購入経緯】 スペクターチュ...

04. 汚れた衣類
汚れた着替えをどのようにするのか?も意外と重要になります。洗濯するのか?そのまま持ち帰るのか?旅行に行く前に考えた方が良いです。

 

【日用品】

01. シャンプー&リンス
海外のシャンプーやリンスは、現地の人の髪質に合わせて作られているため、日本人の髪質に合わない場合が有ります。

そのため、海外旅行に行かれる場合は、シャンプーやリンスを持って行かれる方も居るでしょう。

※ 水質の違いも有ると思います。日本は軟水が多いですが海外では硬水も多いと思います。

 

02. ボディソープor石鹸
海外のボディソープや石鹸も同様に現地の人の肌に合わせて作られているため、旅行に持って行かれる方も居るでしょう。

 

03. 洗面用具
ホテル等で用意されている備品にも有りますが、歯ブラシの硬さが合わなかったりする場合があります。そのため、洗面用具も持参する方も居ると思います。

 

04. 洗濯セット
旅行先のホテル等で洗濯する場合は、洗濯洗剤や洗濯ばさみ、折りたたみハンガー等が必要になるでしょう。

 

【貴重品】

01. パスポート
パスポートが無いと出国できませんから、必ず忘れないようにしましょう。

02. パスポートのコピー
旅行先でパスポートを紛失してしまった場合に必要になります。必ず用意して持って行きましょう。

03. 日本円
両替等を行なって現地のお金が不足する場合も有りますから、日本円も有った方が良いです。

04. 現地のお金
何回か同じ国を訪問している場合は、現地のお金を持って行くと思います。

05. クレジットカード
ホテル等のチェックイン時に必要になる場合が有ります。

06. 交通系ICカード
台湾の場合は悠遊卡が該当するでしょう。その他の国には行ったことが有りませんから、ちょっと台湾意外は分かりません。

07. 旅程表
帰国の飛行機のチェックイン時間及び出発時間が記載された旅程表。各航空会社のカウンターで提示することは有りませんが、帰国便の出発時間等を確認する場合に必要になりますから、必ず持って行きましょう。

 

【ガジェット】

01. スマートフォン
現地でGoogle map等のスマートフォンアプリを利用する場合又はネット検索を行う場合は、現地のSIM又はWI-FIが必要になるでしょう。

スマートフォンが有れば、空港等での暇つぶしにも利用できますから、持って行った方が良いと思います。

※ 現地のSIMを利用する場合はSIMフリーに対応したスマートフォンが必要になります。

 

02. デジカメ等
スマートフォンのカメラでは満足しない場合はデジカメや一眼レフといったカメラを持って行かれる人も居ると思います。

 

03. 電源関係
日本と外国では電圧やコンセントの形状が違いますから、渡航先によってはコンセントの変換プラグや変圧器が必要になると思います。

 

【携行食】

海外旅行に携行食を持って行かれる人も居ると思います。
特に海外と日本の食事は違いますから栄養バランスが悪い場合も有りますから、バランス栄養食や非常食等を持って行く場合も有るでしょう。

 

《旅行で想定される携行食》
01. バランス栄養食
バランス栄養食の場合ですと、食べた時点で不足している栄養を摂ることが出来るため、便利な栄養補給食だといえます。

 

02. フリーズドライ味噌汁
お湯を注げば直ぐに美味しいお味噌汁が飲めるため、海外でもお味噌汁を堪能できます。

生味噌タイプの味噌汁は機内持ち込み出来ませんから、持って行かれる場合は預け荷物に入れましょう。

 

03. アルファ米
お湯を注いで約15分、お水でも約60分で美味しいご飯が食べられるため、海外旅行でも便利な非常食といえます。

※ ホテルでは熱湯や飲料水も手に入りますから、簡単に調理が行えます。

 

【医薬品(市販薬)】

旅行中に風邪や腹痛等になる場合が有りますから、医薬品(市販薬)を持って行くのが良いです。

《旅行で想定される市販薬》
01. 総合風邪薬
02. 風邪薬(発熱)
03. 胃腸薬
04. 整腸剤
05. 口内炎
06. 虫刺され

 

《ちょっとした疑問》
日本の医薬品は優秀ですけれども、果たして海外でも効果が有るのでしょうか? というのも、虫刺されの薬が良い例なのですが、台湾で蚊に刺された時に虫刺されの薬を塗りましたが、痒みの方が勝っておりました。

 

【雨具&機内防寒等】

01. 雨具
旅行中に雨が降る場合が有りますから、折りたたみ傘等の雨具が有った方が良いでしょう。

02. 機内防寒
飛行機の機内は冷房が効いていますから、機内防寒及び現地での簡易カッパも兼ねたジャケットなどが有った方が良いでしょう。また、東南アジア等の赤道に近い地域の場合ですと、特に夏場ですが、冷房が強めの場合が多いですから、建物内は寒いため、羽織る物は必要になります。

 

【サブバッグ】

街歩きや観光等で持ち歩くサブバッグを持って行かれる方も多いと思います。たいていの場合は空港等で貴重品等を収納しているショルダーバッグ等だと思います。

でも中には、メインの旅行バッグだけという人も居ますから、そういう方の場合は、お土産用の折りたたみバッグ等を街歩きや観光用として使っているのでしょう。

 

《想定されるサブバッグ》
01. リュック
メインバッグがスーツケースの場合、リュックをサブバッグにするのが良いでしょう。特にリュックの場合、両手が空きますから、スーツケースとの相性は抜群です。

02. ワンショルダーバッグ(ボディバッグ)
リュックよりも小さくてスタイリッシュなバッグのため、こちらもスーツケースとの相性は良いです。

03. ショルダーバッグ
ショルダーバッグの場合ですと、スーツケースでもバッグパックでも両方とも相性が良いといえます。特に空港等では重宝するでしょう。

04. ウェストバッグ(ウェストポーチ)
ウェストバッグの場合ですと、ウェストベルトに付いているバックルが狙われやすいという側面も有りますから、可能であるならば、安全対策を施す又は他のサブバッグに変更した方が良いといえます。

05. 折りたたみバッグ
折りたたみバッグの場合ですと、主な用途は買い物バッグや購入したお土産が旅行バッグに入り切らない場合の収納用として使うパターン。

 

《サコッシュ等の場合もある》
サブバッグは持たず、パスポートポーチやトラベル・サコッシュ等の貴重品に特化したポーチを持ち歩く場合も有るでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。