台湾旅行で喉が渇いたら50嵐等のジュース店やコンビニで飲料購入を

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行で喉が渇いた時の飲料』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行では台湾の水道水を飲まないように!

台湾旅行中に水道水を飲む機会は無いとは思いますが、念のために注意喚起をしておきます。

台湾では水道管や貯水タンクが古い場合が多く、水道水のお水を飲むとお腹をこわしてしまう場合があります。喉が渇いたら、コンビニやスーパーマーケットに行って、ミネラルウォーターや無糖茶を購入してください。

 

台湾の水道水

① 日本の水道水は飲んで美味しい
日本の水道水は蛇口を捻れば、そのまま飲んでも美味しいですし、料理に使ったり洗顔や洗髪、歯磨きに利用しても問題ありません。とても便利な飲料水です。

 

② 台湾の水道水は飲んではダメ
台湾の水道管は古いものが多く、住宅等に取り付けされている貯水タンクが不衛生な場合が多いため、水道水を直接飲むとお腹を壊したりする場合があります。

お水自体は飲んでも大丈夫なのですが、お水を運んで来る水道管や貯水タンクの整備が整っていない場合が多いため、そのまま飲むと腹痛や下痢の原因になります。

日本と同じ感覚で、蛇口を捻ってお水を飲んでしまわないように注意が必要です。

 

③ 洗顔や歯磨きはOK
蛇口から出て来る水道水は飲めませんが、歯磨きや洗顔は大丈夫です。

 

飲み水はどうするのか?

台湾旅行では飲料水はスーパーやコンビニ等でペットボトルの飲料水を購入します。宿泊先のホテルであれば、ミネラルウォーターや水道水のペットボトルが2本程度、用意されている場合の方が多いです。

宿泊先のホテルでは、冷水と温水タイプのウォーターサーバーが用意されている場合があるため、台湾旅行に水筒を持参していれば、コンビニ等でミネラルウォーター等を購入しなくても大丈夫です。

尚、スーパーマーケットで販売している値段が超格安な10元程度で販売している飲料水のペットボトルはミネラルウォーターではなく、水道水をろ過したお水です。

 

台湾旅行で喉が渇いたら50嵐等やコンビニで購入を

台湾旅行で観光や街歩きをしていると自然に喉も渇いてしまいます。そのような場合によく見かけるのが50嵐等のジューススタンドやコンビニです。

台湾には市内アチコチにジューススタンドとコンビニがあるので自動販売機が無くてもこれらのお店で飲み物を購入することが出来て便利です。

 

50嵐等のジューススタンド

台湾の美味しい飲み物といえ珍珠奶茶のタピオカミルクティーが有名ですが、コンビニと同様に市内アチコチにある50嵐等のジューススタンドで台湾の美味しい飲み物を購入することが出来ます。

特にジューススタンドでは甘さを調整して購入することが出来るため、自分好みの味にすることが出来るのが良いところです。

但し、何も調整しないで購入してしまうと超甘い飲み物になってしまうので注意が必要です。特に台湾の美味しい飲み物は甘い物が多いですから甘さを調節しないと美味しく飲めないと思います。

それに甘過ぎると糖分を余計に摂取してしまうため、肥満に繋がる可能性があります。

 

コンビニで飲み物を購入

市内アチコチにあるお店といえばコンビニも多いです。コンビニでは糖分を自分好みに調整できるドリンクを購入することは出来ませんが、美味しい飲み物が揃っています。

ジューススタンドでは注文するのに中国語会話が必要になりますが、コンビニの場合は特に会話をしなくても飲み物を購入することが出来ます。

500mlの紙パックの飲み物を購入する場合に限り、ストローは入りますか?と聞いて来る程度です。悠遊カードを使って支払できますから台湾でも便利なお店です。

また、台湾のコンビニにはイートインスペースがあります。購入した飲み物を店内のイートインスペースで飲んでしまうということも出来ます。

 

スポンサーリンク

 

台湾旅行には水筒を持参した方が良い場合がある

台湾旅行で台湾の空港に到着した時にちょっと飲み物が欲しいけど、そんなにガッツリ飲み物は飲まなくても良いといった感じになる場合があります。このような時は空港内にあるコンビニに行って飲料を購入すれば良いのですが、不都合が発生します。

 

空港内にあるコンビニ

市内アチコチにあるコンビニと空港内にあるコンビニは販売されている商品が異なっている感じである。ちょっと喉を潤すことが出来れなば良いので小さい紙パックの飲み物を購入すれば良いと考えていても、空港内にあるコンビニには小さいサイズの紙パックの飲料が無いでしょう!

 

水筒の持参を

暑い夏でも冬でも水筒が有れば、空港やホテル等で冷水やお湯をゲットすることが出来るため旅費の節約に繋がります。

節約といっても飲料水ぐらいでから、大したことはないと考えている場合は別に水筒を持って行かなくても問題ありません。水筒は荷物になるため、人によっては邪魔に感じる場合もあります。

でも、台湾桃園空港等にも飲水機は有るので水筒があれば、お水を飲むことが出来ます。特に空港内にあるコンビニでは小さい紙パックの飲み物が販売されていないため、ちょっと喉を潤す程度の飲み物だったとしてもガッツリ飲まなくていけないという感じになってしまう。

 

台湾旅行の注意事項!水道やトイレ、交通事情は日本と異なる生活環境
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾の水道やトイレ、交通事情等の注意事項』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾の水道事情 台湾旅行ではホテルで水道水を...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。