旅行や出張で便利なグッズ 海外&台湾で使えるUSB充電シェーバー

皆さん、こんにちは!

旅行や出張等で国内や海外に行かれる方も多いと思います。

特に男性の場合ですと、髭剃りはどのような物を持って行かれますか? シェーバーを持って行かれる人の方が多いと思います。

今回は、このシェーバーについてなのですが、旅行や出張に限定した物を紹介したいと思います。

参考になるのか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

【旅行や出張で持って行く髭剃り】

01. 充電シェーバー
恐らく国内の出張や旅行の場合はコチラの場合が多いのではないでしょうか?でも、充電シェーバーの場合ですと、T字カミソリと比較すると重量が有りますから、重さを気にする人や普段からT字カミソリを利用されている方はT字カミソリの方を持ち歩くかも知れませんね。

02. T字カミソリ
T字カミソリを持ち歩くの場合の利点としては、充電シェーバーよりも圧倒的に軽量であることです。

03. 持って行かないという選択肢もある
ホテル等に宿泊する場合はT字カミソリ等がサービスで置いてある場合がありますから、あえて、持って行かなくても良いという選択肢も有るでしょう。

【出張で持って行くシェーバーの特徴】

01. USB端子を搭載
USB充電式でUSB端子を搭載しております。USB端子はAタイプです。

02. サイズ&重量
高さ100mm 幅54mm マチ17mm 重量100g

03. 動作時間
満充電で約20分程度と短めです。

※ 連続動作時間が20分程度と短めのため、普段利用には適さないと思います。出張や旅行向きだといえます。

04. 本体の色
USB充電式の場合は2色(ブラック、ホワイト)

※ 私はブラックを持っています。


05. お手入れ
シェーバー本体は防水では有りませんから、丸洗いは出来ません。網刃と刃は取り外しが行えますから、取り外しを行えば、この2つは水洗いをしてもOKです。

※ 掃除用のブラシも付属します。


06. 充電シェーバーの名称iShave

07. その他
USB端子はAタイプであるため、ノートPCに接続して充電を行うことも出来ますが、満充電までかなり時間を要するため、この方法での充電はオススメ致しません。

満充電するのであれば、コンセントに接続するのが良いと言えます。

私の場合は、旅行や出張等で持ち歩く1口コンセント+USB端子が2つ搭載している旅行用のコンセントを持ち歩きますから、このコンセントとの親和性が非常に高いです。

【出張で持って行くシェーバーの用途】

01. 出張では持って行く
出張の場合は、日帰りでも宿泊を伴う場合でも持って行くようにしております。前回使わなかった場合でも、保険的な意味合いで必ず持って行くようにしております。

02. 国内旅行でも持って行く
日帰りの場合は持って行きませんが、宿泊を伴う国内旅行の場合には持って行っています。

03. 海外旅行では持って行かない
海外旅行の場合は持って行きません。持って行かない理由は、例え重さが100gでも荷物を減らしたいからです。

海外旅行においては、軽さが正義という考え方であるため、可能な限り荷物を軽くしたいため、T字カミソリを持って行くようにしております。

04. 海外旅行用のT字カミソリ
海外旅行に持って行く場合のT字カミソリは、100均で購入しています。100均の場合、刃を交換するタイプですから、使い勝手が良いのです。

【その他】

このiShaveはUSB充電式だけではなく、乾電池式(単四アルカリ電池)もあります。
乾電池式の場合は6色(ブラック、ホワイト、ブルー、ピンク、グリーン、イエロー)

私はUSB機器をよく取り扱うため、USBの方が利便性が高いと判断して購入しましたが、乾電池式の方が良いかも知れないことに気がつきました。

USB充電式の場合、充電切れになったらUSB充電しないといけません。それに対して乾電池式の場合は、乾電池を交換すれば直ぐに使えますから利便性が高いと思いました。

※ 乾電池式の場合なら、単四の充電池も使えるのではないかな?と考えたからです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。