国内や海外旅行から羽田空港に到着したら空港リムジンバスの利用を

皆さん、こんにちは!

国内旅行や海外旅行等で羽田空港を利用される方も居ると思います。楽しい旅行から羽田空港に戻ってきたら、どのように帰りますか?

今回は、羽田空港に戻ってきたら空港リムジンバスで帰った方が良いと思いますというお話になります。

参考になるのか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

【羽田空港へのアクセス】

01. 東京モノレール
JR浜松町駅と羽田空港を結んでいる東京モノレール。東京モノレールの良い部分は、海外旅行を羽田空港を利用して行く場合、羽田空港国際線ビル駅の改札口と出発ロビーが同じフロアーにあるため、利便性が非常に高いという点である。

その他の特徴としてほ、京急よりも本数が多いといった点だと思います。

02. 京急電鉄
京急電鉄の場合は、東京モノレールと比べて運賃が安いというのが特徴になります。交通費は少しでも安くしたいという人には京急が良いと思います。

特筆すべき点は、エアポート快特を利用すれば品川から羽田空港までノンストップで行けるという点である。但し、本数が少ないから一長一短でもある。

横浜駅方面から羽田空港に行く場合は、普通料金で乗車できるエアポート急行を利用するのが良いと思われる。

03. 空港リムジンバス
私鉄、JR等の各主要駅と羽田空港を結んでいる空港リムジンバス。空港リムジンバスの場合は、東京モノレールや京急と比べて料金は高いです。

その代わり、重い荷物と一緒に乗って羽田空港まで行くことが出来ますから、非常に楽だといえます。

※ 荷物はバスのトランクルームに預ける形になります。

04. 自家用車
自家用車を持っている方であれば、羽田空港に直接、自家用車で来ることも容易である。また、自家用車で送迎もOKである。

【どうして空港リムジンバスを勧めるのか?】

01.鉄道の場合
鉄道の場合ですと、必ず座って羽田空港まで行けるという保証が無いと思います。時間帯によっては混雑していることも有りますし、混雑している場合は旅行の荷物の置き場所にも配慮しないといけませんから、心に余裕が無くなってしまうことも有るでしょう。

その他としては、椅子に座れない場合、沢山の荷物を持ってずっと立っているのは疲れますから、余計に体力を消耗すると思います。

02. なるべく楽な方法
空港から自宅に帰る場合は、なるべく楽な方法で帰るのが良いと言えます。
空港リムジンバスの場合、やっぱり何といってもJRや私鉄等の各主要駅を結んでおりますから、自宅から近い主要駅まで旅行の荷物と一緒に座って行くことが出来るという点です。

旅行から戻って来ますと、それなりに疲れておりますから、休息したいと思います。運賃は鉄道よりも高いですけれども、その代わりに楽に最寄りの各主要駅まで行くことが出来ます。

特に座席がフカフカしておりますから、仮眠することも出来ます。

03. 利便性
羽田空港国際線ターミナルの場合、到着ロビーに空港リムジンバスのチケット売り場が有りますから、各主要駅までのチケットを購入することが出来ます。

到着ロビーから出て来たら、直ぐ目の前にバスのチケット売り場があるため、とても便利だと思います。その他には、SuicaやPasmoを利用することも出来ます。

※ 但し、SuicaやPasmoを利用する場合、バスのチケット売り場で利用する旨を申し出る必要があります。

04. 注意事項
荷物をバスのトランクルームに預けることになるため、バスを降りた場合は、自分の荷物と他人の荷物を間違えないように持って行く必要があります。

特に、仮眠していた場合は、注意力が劣りますから気を付けましょう。

【まとめ】

01. 各主要駅まで座っていける
荷物をバスに預けて、各主要駅まではのんびり座って行くことが出来る。

02. バスの運賃
バスの運賃は鉄道よりも高め

03. 交通系ICカード
SuicaやPasmoといった交通系ICカードを利用して乗車することも出来る。

※ この場合は、バスのチケット売り場で利用を申し出る必要がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。