海外旅行には胃腸薬と日本食の携行を 非常食やフリーズドライ食品が

 

皆さん、こんにちは!
 
楽しい海外旅行で、腹痛や食あたりになったことは有りませんか?私は過去2〜3回ぐらいあります。食事がちょっと合わなかった感じですね。
 
今回は、そういった場合の対策は行っていますかな?というお話になります。
 
参考になるのか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

【どうして日本食を持って行くのか?】

01. 現地の美味しいグルメ
海外旅行の楽しみの1つとして、現地の美味しいグルメが挙げられます。でも現地の美味しいグルメは全ての人に美味しいとは限りませんから、場合によっては美味しくないかも知れません。
 
あくまでも現地の人向けの味付けで調理されていることが多いため、外国人の口にも合うのか?はちょっと疑問だといえます。

 

02. あまり食べたくない場合
もし・・・現地の美味しいグルメが自分には合わない!ということが分かった時に食べる物が有りませんから、そういう場合の保険を用意しておく必要があると思います。
 
でも、旅行する前にそれなりに現地の情報収集を行っていると思いますから、当然として現地のグルメも調べているでしょう!
 
その上で旅行すると思いますから、そんなに外れることは無いと思います。最低限必要な分だけ持って行くのが良いのではないでしょうか?

 

03. 日本食レストラン
海外には、日本食レストランも有りますから、もし現地の美味しいグルメが自分に合わなかったら日本食レストランに行けば良いと思う人も多いでしょう。
 
しかし、現地にある日本食レストランは、たいていの場合、現地の人々の味付けで調理されていることが多いですから、日本人好みの味とは限りません。
 
日本人旅行者向けに特化したレストランというのは無いんじゃないでしょうか?

 

04. 腹痛や食あたり
楽しい海外旅行でも食あたりや腹痛ということも実際によくあることだと思います。現地の美味しいグルメが自分には合わなくて腹痛や食あたりになってしまったり。特に国や地域によっては脂っこい食べ物が多かったりしますから、自分が気がつかない内に胃腸にに負担を掛けている場合も多いです。
 
胃腸の許容範囲を超えてしまい、現地の食事が喉に通らない場合も有るでしょう。そういった場合に備えて、日本食を持って行くのも良いかと思います。

 

05. 持って行かなくても良い人
現地の食事が自分に合っている場合は逆に日本食を持って行くと荷物になるでしょう。どこの国の料理でも全く問題なく美味しく食べることが出来る!という人も実際に居ますから、そういった人は余計な心配は必要ないでしょう。

 

【胃腸薬の場合はどうなのか?】

01. 胃腸薬とは
胃腸薬は、胃薬に特化した物と胃腸の両方に効くというタイプが有ると思います。胃腸薬を持って行けば何でも良いのか?というとそうでもありません。
 
用途によって、効能にも違いが有りますから、胃と腸に効果がある薬が有れば良いと間違いしてしまう人も多いと思います。

 

02. 旅行に持って行く胃腸薬
旅行では、胃と腸の両方に効果のある万能タイプではなく、胃薬と胃腸薬の両方を持って行った方が良いと思います。
 
胃腸薬と言うと、たいていの場合は正露丸が思い当たる人が多いと思います。正露丸は腹痛や下痢を改善する効果のある市販薬です。胃痛や胸やけには効果が期待できませんから、胃に効果のある胃薬も必要だといえます。

 

03. その他
胃腸薬と言うと、胃腸の弱い人というイメージが有りますが、海外旅行では胃腸の強い人も必ず持って行った方が良いといえます。
 
海外の食事は日本とは違いますから、自分では気がつかない内に胃腸に負担を掛けてしまっている場合が多いです。特に脂っこい料理が多い国や地域などは胃の負担も大きいかと思います。
 
自分は胃腸に強いから大丈夫と思っている人も居ると思いますが、旅行では何が起こるか分かりませんから、保険の意味でも持って行った方が良いといえます。

 

【どんな日本食を持って行く?】

01. 防災の非常食
防災で備蓄している非常食や長期保存が行える災害食などが良いと思います。
 
特に非常食の場合は調理しなくても開封して直ぐに食べられる物とされておりますから、お湯や水が無くても食べられるので良いと思います。

 

02. アルファ米などのご飯
アルファ米などのご飯の場合は、お湯で15分、お水でも60分あれば食べられるご飯に戻せるのが特徴になります。尾西の赤飯などが知られていると思います。ご飯をかき混ぜたり、食べたりする時に使用するスプーンが付属されていたりします。

 

03. フリーズドライ食品
フリーズドライ食品の場合は、お湯で3分、お水でも5分という短時間で調理することが出来るのが特徴になります。
 
また、フリーズドライのご飯の場合、お湯やお水が無くてもそのままポリポリと食べることも出来ます。この場合は、ご飯を食べているという感覚ではなく、スナック菓子を食べているような食感になるのではないでしょうか?
 
軽くてコンパクトですから、持ち運びにも便利だといえます。

 

04. バランス栄養食
カロリーメイトやソイジョイ、フルーツグラノーラなどの栄養補助食品が該当すると思います。これらのバランス栄養食の場合ですと、食べた時点で不足している栄養素を補うことが出来ますから便利や栄養補助食品だといえます。登山等のアウトドアでも活躍する行動食ですから、旅行でも持って行っても良いのではないでしょうか?

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。