台湾旅行のお土産は黒糖老薑茶 咳や咳喘息にも効果のある黒糖生姜茶

皆さん、こんにちは!

台湾に旅行というと、お土産はお菓子やウーロン茶といった物が多いのではないでしょうか?実はウーロン茶だけではなく、スーパーで購入する黒糖生姜も美味しいですよ!

そこで今回は、台湾に行く度にで購入している黒糖生姜茶についてのお話になります。

参考になるのか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

【黒糖薑母茶とは】

黒糖が入っている生姜湯なのですが、台湾で販売されている黒糖薑母茶には紅棗(ナツメ)や漢方にも使われる龍眼がふくまれています。

黒糖薑母茶は全て同じ基準で生産されているのか?というとそうでもなく、商品によって色々と味付が異なっております。

味付といっても黒糖の甘さが強い物や生姜の辛さが強い物等で違いが有る程度です。

※ 主な主成分: 黒糖、生姜、紅棗、龍眼

※ 龍眼は実際に食べた事がありますが、見た目は小さなサイズのライチのような感じで、中身は、ほとんど果肉がない実です。

【黒糖薑母茶の種類】

全聯福利中心で、購入できる黒糖薑母茶は自分が確認した限りでは2種類あるようです。自分が見つけられないだけでまだ他にも有るのかも知れません。また、他のスーパーでも販売していると思いますから、種類は多いと思います。

いつも私は内容量が200g と 内容量が500gあるタイプの2種類を購入しています。両方とも粉末タイプで、200gの方は小さな袋で小分けされていて、500gの方は缶の中に粉末がギッシリ詰まっており、プラスチックの専用スプーンも中に入っています。

01. 小箱タイプ(内容量が200g)
名称が黒糖薑母茶という表記になっています。



02. 缶詰タイプ(内容量が500g)
名称が黒糖老薑茶という表記になっています。


【500gの黒糖老薑茶の説明】

200gの方は黒糖の甘さが際立っており、甘いの一言に尽きますが、こちらの缶に入っているタイプの場合は黒糖の甘さよりも生姜の辛さの方が強いでしょう。

01. サイズ
高さ 125mm 幅100mm

02. 缶の開け方
ジュースやコーヒー缶のようにイージーオープン(プルトップ)で開封するタイプの缶詰です。缶切は不要です。開封後はカバーを付けて保存します。

※ 開封した缶口や缶の蓋は鋭利ですから、怪我をしないように注意してください。

03. 商品の内容
缶詰の中に黒糖生姜の粉末 及び スプーン等が入っております。

04. 飲み方&推奨等
専用スプーン1杯をマグカップに入れて熱湯を注いでかき混ぜる。でも、この飲み方ですと、特に生姜が強く感じると思います。

《筆者の場合》 
専用スプーンは使わず、コーヒー等で使っている小さなスプーン1杯をお茶の湯飲みに入れて熱湯を注いで飲んでいます。

自宅で1日2回ほど飲んでおりますが、お茶の湯飲みで飲んでも専用スプーン1杯分にもなりませんから飲み切るまで結構長持ちします。料理等で使う大さじや小さじのスプーンと同じように、すり切りで黒糖生姜の粉末をスプーンに入れています。あくまでも私の飲み方ですから、美味しくないと思われる方も居るでしょう!

幸いなことに専用スプーンが付属しておりますから、自分の好みの量を入れて飲むのが一番良いと思います。

※ 但し、開封してから時間が経過すると、中に入っている粉末が砂糖のように徐々に固まってしまうため、コンコンと叩いたりして粉々に戻す必要があるでしょう。

【咳や咳喘息(せきぞんそく)の対策として】

01. 購入の経緯
筆者の場合は以前、花粉症の時期に風邪をこじらして咳が長く続いたことが有ります。この時にお医者さんから、あなたは咳喘息だから喘息の薬(シムビコート)などの薬を処方されたことがあります。

咳喘息の場合、1〜2ヶ月ぐらい咳が続きますから、当然の如く、処方された薬も2ヶ月分ぐらい必要になります。薬代が意外と高い金額になりますから、早めに対処したいでしょう。

たまたま、台湾人の友人から、黒糖薑母茶は咳にも効果あるよ!ということを教えてもらったのがキッカケになります。

02. 咳や咳喘息への効果
筆者の場合は、病院で処方されるシムビコートなどの喘息治療薬を利用しなくても黒糖生姜茶だけで何とかなります。ただ・・・喘息治療薬と比べると治りが遅いですけど、この辺は仕方ないでしょう。

※ 咳への効果のある黒糖生姜の相乗効果が期待できるという単純発想で愛飲しております。

03. 必ず購入する
台湾に行ったら、必ず購入するようにしております。職場や家族へのプレゼントとしても購入しますが、それは200gの黒糖薑母茶ですけど、自分へのお土産として500gの黒糖老薑茶を購入しております。

風邪を引かないように心がけておりますが、もし、咳を伴う風邪が発生してしまったら、また咳喘息になってしまう恐れが強いですから、保険も兼ねて、内容量が500g(1缶)買うようにしています。

【その他】

500gの黒糖老薑茶は200gの黒糖薑母茶と比べると甘くないです。生姜の方が強い感じがします。

以前、来客時にお客様に飲んで頂いたことがあるのですが、生姜が強いね!と言われたことがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。