Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行に持参の吸水速乾マイクロファイバータオルは軽量コンパクト

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行に持って行くマイクロファイバータオル』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

夏の台湾は蒸し暑い!汗拭きタオルの持参を

湿度も高く、外をちょっと歩いただけでも汗が吹き出して来る感じなのでハンカチでは直ぐにビショ濡れになってしまいます。汗拭きタオルは必需品といった感じです。

でも、鉄道や路線バスといった車内や建物内は強めの冷房が効いていることもあり、直ぐに汗が引っ込んでしまいます。

 

汗拭きタオルの必要性

台湾の夏は湿度も高く非常に蒸し暑いです。気温はそんな暑いといった感じではないのですが、湿度が高いため、余計に蒸し暑く感じます。そのため、外出していると常に汗が吹き出る感じになるため、水分補給は必須になります。

水分補給をすれば、当然の如く、汗が吹き出すので適度に汗拭きタオルなども必要になります。特に、冷房の効いている車内や建物に入ると、寒く感じるぐらいの冷房になっている場合が多いため、しっかり汗を拭き取る必要があります。

汗を拭き取らないで、そのままにしておくと自然に汗は引っ込みますが健康には良くないです。体調不良にも繋がるため、しっかり汗を拭き取るようにしましょう。

 

持参するなら吸水速乾性のタオル

汗を拭き取るにしてもどのようなタオルが良いのでしょうか? ハンカチでは先ず無理です。というのも、水分補給をすれば汗が吹き出るといった繰り返しになるため、ハンカチだとあっという間にビショ濡れになってしまいます。

直ぐに乾けば良いのですが、乾かない内に次から次へと汗が吹き出るのでハンカチでは役立たずになります。

夏の台湾旅行に持って行く汗拭きタオルであれば、間違いなく吸水速乾性のあるタオルが良いでしょう。 でも、タオルの場合だとサイズも大きくなってしまうため、小さいショルダーバッグだとタオルを収納すると満杯になってしまいます。

台湾旅行に持って行く汗拭きタオルならばコンパクトさも必要になるでしょう。

 

吸水速乾のマイクロファイバータオルは台湾旅行に最適

マイクロファイバータオルは普通のタオルに比べて吸水性や速乾性が高いタオルになります。特に蒸し暑い夏場に台湾を旅行する場合は1枚は持って行きたいアイテムの1つです。

 

台湾旅行に持って行く吸水速乾タオル

普通のフワフワ感もあり肌触りも良くサイズも大きい感じだと思います。これを持って行っても良いのですが可能ならコンパクトに折りたたむことが出来て肌触りも良い物が欲しいでしょう。

 

 

① コンパクト
折り畳んだ状態でのサイズは 120mm × 90mm 程度というコンパクトな吸水速乾タオルです。

 

② 専用ケース
この吸水速乾タオルには専用ケースが付属しております。筆者の場合は専用ケースを使わないため、もったいないでしょう。

 

《専用ケースを使わない理由》
いつも宿泊を伴う旅行や出張においては、イーグルクリークのPACT-ITスペクターチューブキューブに2泊3日分の着替えとこの吸水速乾タオルを収納して持って行きます。

専用ケースにタオルを収納したまま、2泊3日分の着替えに中に含ませることが出来ないため、専用ケースは使っていません。

 

 

台湾旅行に持って行く枚数

① 持って行く枚数
購入したのはブルーとグレーの2色、合計3枚。2泊3日分の着替えと一緒に収納するポーチに2~3枚入れて持って行きます。

 

② 実際に使う枚数
2泊3日程度の台湾旅行であれば1枚あれば十分といった感じです。シャワーを浴びる時にその日に使ったタオルを洗いますけど、速乾性があるので直ぐに乾いてしまいます。2〜3枚を持って行く必要がない感じです。

 

 

吸水速乾マイクロファイバータオルの特徴

ネット通販で購入したマイクロファイバータオルですが、折りたたむとパスポートサイズまで小さくなるため、ショルダーバッグに収納してもコンパクトに収納できて重宝しています。

 

台湾旅行に持って行くタオル

① タオルの種類
マイクロファイバータオルと呼ばれているタオルです。

 

② サイズ
収納時 : 120mm × 90mm
展開時 : 800mm × 400mm

収納時から比べると意外と大きなサイズになります。このぐらいのサイズがあれば十分に役立ちます。観光等で街歩きする場合には小さく折りたたんでショルダーバッグ等に収納しています。

 

③ 重量
タオルの重量は僅か63gという軽さです。

 

④ 肌触り
普通のタオルよりも肌触りは心地よいです。

 

専用ケースの使い道

① 専用ケースは使えない
専用ケースを必要としていない場合は専用ケースが非常にもったいないです

 

② 使い道
この専用ケースの収納サイズがパスポートを収納できるサイズです。ショルダーバッグ内にマジックテープ等で接続することが出来るのであれば、パスポートケースとして利用することが可能です。

専用ケースの前面にはメッシュのようになっていますから、パッと見てパスポートが収納されていると直ぐに分かります。

 

③ その他の用途
専用ケースを他の用途に代用できれば良いのですが、なかなか見つからない感じです。

 

台湾旅行の衣類収納ポーチは超軽量イーグルクリークのPACK-IT
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行に持って行く衣類収納ポーチ』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行の衣類収納ポーチ 宿泊を伴う旅行の場合は必ず着...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。