Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行には夏冬も軽量なUVカット晴雨兼用の折りたたみ傘の持参を

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行に持って行く雨具の折りたたみ傘』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

台湾旅行に持って行く雨具

台湾旅行に持参する雨具といえば折りたたみ傘が多いと思います。台湾に持って行っても使わない場合もあるため、使わなかった場合を考慮して、なるべく雨具はコンパクトに済ませたいでしょう。

 

雨具を使わない場合もある

2泊3日程度の旅行では天候が良ければ雨具を使う機会がない場合があります。これは喜ばしいことなのですが、折りたたみ傘などの雨具を持参している場合は複雑な心境になります。

 

台湾旅行には折りたたみ傘を持参

台湾旅行の場合は国内旅行とは事情が異なり、台湾の天気がよく分からないと思います。日本を出発時は雨が降っていなくても台湾では雨ということも少なくありません。

台湾の主要都市の天気であれば気象協会のホームページで確認することも出来ますが、旅行先が台湾の主要都市でない場合は事前に確認するのが難しいです。それこそ台湾の天気予報アプリをスマホにインストールして確認するといった方法になると思います。

基本的に台湾では雨が多いため、折りたたみ傘を持って行っても損はないと思います。

 

台湾旅行には雨具の代用で済ませる

旅行では雨具は荷物になるため雨具を持って行かないという選択もあります。台湾は雨が多い地域ですから雨具を持って行かないという選択は賢明ではありません。でも、雨具を持って行った場合でも実際には1回も使わなかったということもあります。旅行する季節天候によっては雨具を必要としない場合もあります。

雨具を使うか?分からないのに持って行くと使わなかった時のガックリ感も発生するため、代用で済ませるという選択もあるでしょう。特に機内防寒も兼ねる撥水性のポケッタブルパーカーがあれば簡易なカッパとしても利用できるため、小雨程度であれば十分に代用できると思います。

但し、長い時間雨に降られているといった場合には撥水性では対応できないため、折りたたみ傘の併用も必要になると思います。

 

台湾旅行にはUVカット晴雨兼用の折りたたみ傘の持参を

台湾の夏は日差しが強いこともあり、紫外線カットは必須になります。女性であれば日傘をさしても違和感がないのですが、男性の場合は違和感があるでしょう。

でも、そんなことを言っていると必要以上に紫外線を浴びてしまうことに繋がるため、男性でも日傘は必要になります。どうしても抵抗がある場合は帽子の着用でも良いと思います。

台湾旅行に持って行く折りたたみ傘は日傘としても使える物が良いです。

 

UVカット晴雨兼用の折りたたみ傘

台湾旅行に持って行く雨具ならば真っ先に折りたたみ傘を持って行くイメージになりますが、普通の折りたたみ傘ではなく日傘も兼ねる晴雨兼用が良いです。

台湾の夏は日差しが強いです。晴れている場合は紫外線を多く浴びることになるため、日傘としても使うことが出来るUVカット晴雨兼用の折りたたみ傘が最適です。

UVカット晴雨兼用であれば夏冬関係なくオールシーズンで利用することが出来ますから国内旅行や通勤通学にも便利で重宝します。

 

折りたたみ傘は軽量な物を

台湾旅行に持参する折りたたみ傘は可能な限り軽量な物が最適です。折りたたみ傘を持って行っても日差しも強くなく天気が良くて使わない場合もあるため、そのような場合に重たい傘を持って行くのは賢明ではありません。

日傘や雨具としての用途で使う機会が無かった場合への配慮も必要になるでしょう。特にLCCを利用して全ての荷物を機内に持ち込んで台湾旅行する場合は全体重量も重要になります。

そういう面も考慮すると200g未満の折りたたみ傘が良いのでは?と思います。

 

自動開閉の折りたたみ傘の場合

ワンタッチで開くことが出来る自動開閉の折りたたみ傘がありますが、これを台湾旅行に持って行くのは一長一短です。

特に煩わしく感じるのはアーケードのある歩道を歩いている時です。所々、道になっていて途切れている場合が多いので、その都度、傘を開閉しないといけません。

このような場合にワンタッチ開閉の折りたたみ傘の場合は面倒に感じます。

 

 

台湾旅行では雨具の併用が必要な場合がある

台湾の雨季は雨が降る量も多くなるため、折りたたみ傘だけでは足らないといった場合があります。特に雨季に台湾の南部に旅行する場合は、日本の台風並みの大雨が普通に発生します。

このような大雨の場合だと折りたたみ傘ではビショ濡れになってしまうため、旅行用の簡易なカッパとの併用も必要になるでしょう。

 

雨量が多い場合

台湾旅行でも大雨の季節や天気の場合もあります。このような天候の場合に観光や食べ歩きを行うと折りたたみ傘では濡れてしまうでしょう。だからと言って、旅行でカッパを着るというのは抵抗があるのも事実です。

このような場合では機内防寒として利用することが出来るポケッタブルパーカーが有ると便利だと思います。

但し、ポケッタブルパーカーはあくまでも上部だけなのでズボンをカバーすることは出来ません。このような天気での観光は博物館や美術館巡りに徹するなどの対策も必要になると思います。

大雨時の観光プランを用意しておいた方が賢明です。

 

台湾旅行の機内防寒はポケッタブルのモンベル・ライトシェルパーカ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行に持って行くポケッタブルパーカー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾旅行にはポケッタブルパーカーを持って行く ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。