リュックのショルダーに取付るカリマーのスマホポーチは超軽量で便利

 

皆さん、こんにちは!

通勤や旅行等でリュックを使用する時にスマートフォンの収納に困ることは有りませんか?

ファスナーポケットがあるジャケットでも着ていれば問題ありませんけど、夏場は暑くてジャケットは着て居られないでしょう。

今回はリュックのショルダーに取り付けするスマホポーチの紹介になります。

参考になるのか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

【どんなポーチなのか?】

リュックのショルダーベルトに装着することが出来るスマホポーチです。

カラビナが付いているため、リュックのショルダーベルト以外でも装着が行えますから、便利に利用できると思います。

カラビナ装着用のループが上下に2つあるため、リュックのショルダーベルトの左右ドチラにでも装着が行えます。

 

【紹介するスマホポーチの特徴】

01. 商品名
カリマーのトレックキャリーショルダーポーチ


02. サイズ&重量
サイズ 17cm×10cm×5cm , 重量 40g

 

03. 装備
1. カラビナ
2. 伸縮性のあるコード
3. カラビナ装着用のループが上下に2つ
4. ファスナーポケットが1つ

 

04. ポケット
5.9インチサイズのスマートフォンが収納できるサイズです。

※ 5.9インチサイズのHuawei mate 9 を実際に収納して確認済。

 

05. カラビナ
カラビナは上下2箇所に取り付けが行えます。リュックのショルダーに取り付けする場合、人によっては右側に取付した方が良い場合もあれば、左側の方がスマートフォンを取り出し易いといった場合が有ると思います。

左右ドチラでも取付することが出来るようにポーチの上下にカラビナを装着できるようになっています。


06. カラー
カラーは4種類(ブラック、ゴールド、レジオン、アマゾン)

 

【良い部分】

01. 重さは僅か40g
スマートフォンポーチの場合、しっかりとした生地で作られていることが多く、重量もそれなりにある場合がありますが、このカリマーのポーチの場合は重さが僅か40gという軽さであるため、そんなに負担になるような重さではないでしょう。

 

02. とてもスマート
見た感じとてもスマートなのでスマートフォン専用のポーチという感じがしますが、マチが5cmあるため、デジカメの収納も行うことが出来ます。

厚みのあるコンパクトデジカメでも収納することが出来るのは意外な感じがします。パッと見ただけでは、どう見てもスマートフォン用のポーチである。

 

03. 他社メーカーのリュックでも
カリマーのスマホポーチなので、カリマーのリュックに装着して丁度良い感じだと思いますが、私が仕事や旅行で利用しているノースフェイスのホットショット26Lでも装着することが出来ましたから、リュックのショルダーベルトに装着可能な場合であれば、他社メーカーのリュックでも大丈夫である。

通勤&通学や旅行も便利で機能的なリュック ホットショット26L
私のメインのリュック(バッグパック)は、ザ・ノースフェイス ホットショット26Lです。 プライベートから仕事や出張&春夏の旅行まで便利に使えるため、とても重宝しております。 【特に気に入っている部分】 このホットショッ...

 

【イマイチな部分】

イマイチな部分は正直なところ、あまり見当たりません。唯一、あれ?と思うのは、伸縮性のコードですね。

このコードはそのまま使うとリュックのショルダーベルトの下側にコードが入り込むため、衣服とサンドイッチになって違和感を感じます。

本体下部にあるカラビナ装着用のループとリュックのチェストベルトのバックルに巻きつけて利用して利用しています。

このように利用すると簡単に着脱も行えて便利なので良いのですが、可能ならカラビナが2つ装着されていた方が助かったかな?といった感じです。

せっかく本体下部にもカラビナ装着用のループが有るのだから・・・

 

【感想】

毎日の通勤で使っています。常時、ホットショット26Lに装着している状態ですから、リュックを背負いながら待っている場合でも直ぐにスマートフォンを取り出すことが出来ます。

但し、カラビナの装着位置が少し高めであるため、取り出すのは簡単なのですが、仕舞う場合がちょっと大変だったりします。

カラビナとカラビナループの中間に何かワンポイントあった方が良いかも知れません。リュックとポーチのメーカーが違いますから、この部分は仕方のないことでしょう。

一番ベストな取付位置はショルダーハーネスにカラビナを引っ掛けると丁度良い感じがします。但し、この場合は、左右非対称になりますから、片側にも何かポーチ等を引っ掛けないとバランスが良くない感じがします。

自分で便利に利用できるように工夫を行うことで便利に利用できるアイテムだと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。