Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾桃園空港で買うプリペイドSIMはWIFIも使える中華電信を

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾桃園空港で買うスマホのプリペイドSIM』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行で台湾桃園空港に到着したら行うこと

台湾の桃園空港に到着したら何を行いますか?日本円を台湾ドルに両替も含めて他に何か行なっていますか? LCCを利用して台湾旅行の場合であれば、お腹も空いている場合があるので腹ごしらえもするでしょう。

 

桃園空港に到着後に行うこと

① 台湾ドルに両替
桃園空港に到着したら真っ先に行うのは日本円を台湾元に両替すると思います。台湾旅行では現金をよく使うことになるため、真っ先に両替しておく必要があります。特にスマートフォンのプリペイドSIMカードを購入する場合は台湾ドルの現金が必要になります。

 

② プリペイドSIM
両替後は到着ロビーにある電話会社のカウンターに行ってスマートフォンのプリペイドSIMを購入します。日本でモバイルWI-FIルーターをレンタルして台湾旅行に持って行くという人も居ますが、桃園空港で購入するプリペイドSIMの方がお得です。

それにモバイルWI-FIルーターの場合だとスマホの重量並みの重さが有るので余計だと思います。

 

③ 悠遊カード購入
MRTに乗車するならば悠遊カードが無いとスムーズに移動することが出来ないため、まだ持っていない場合は到着ロビーの電子票證聯合服務の表示があるカウンターで悠遊カードを購入することが出来ます。

中国語会話が出来ない場合でも日本語の案内があるため、安心して購入することが出来ます。

 

④ 悠遊カードにチャージ
既に悠遊カードを持っている場合はMRTの駅やコンビニで悠遊カードにお金をチャージすることが出来ます。

 

台湾のプリペイドSIM購入なら中華電信を

桃園空港の到着ロビーにある電話会社のカウンターでプリペイドSIMを購入する場合はどの電話会社を利用していますか? 基本的にはどの電話会社でも問題ないと思いますが、中華電信が良いのでは?と思います。

 

中華電信をオススメする理由

① WI-FI
50000箇所の無料WI-FIスポットを利用することができる。

 

② オンライン予約
中華電信のホームページにアクセスしてプリペイドSIMのオンライン予約を行うことが出来ます。ホームページは日本語で表示されているため、分かりやすいです。

台湾に到着したら、中華電信のカウンターに行ってプリペイドSIMの購入及び初期設定を行ってくれます。

※ 但し、オンライン予約の場合はパスポートの他に第二身分証明書(運転免許証等)が必要になります。

 

③ 筆談でも購入できる
日本語会話が出来る店員が居る場合があります。必ず居るとは限らないのですが、繁体字を書いたメモを書いても購入することが出来ます。

 

プリペイドSIMの種類

① 使用日数
3、5、7、10、15、30日間に対応します。台湾旅行の日数に応じてSIMカードを選ぶことが出来ます。

 

② 無料通話
無料通話が多く含まれているのか?無料通話が少ないのか?でも料金が違います。無料通話が少ないタイプであればプリペイドSIMは安いです。

 

中華電信WI-FIサービス

中華電信のプリペイドSIMを購入すると、コンビニやファーストフード等に設置されている公衆無線LANスポット(CHT-WiFiホットスポット)を利用することが出来ます。

台湾のコンビニにはイートインスペースが設置されていますからコンビニで休憩しながらコンビニのWI-FIでインターネットを楽しむことが出来ます。

 

 

中華電信のプリペイドSIMを購入した場合

中華電信のカウンターでプリペイドSIMを購入すると店員さんがスマートフォンへの初期設定を行ってくれます。特に何もする必要はないのですが、使っているスマホがデュアルSIMの場合は注意が必要になる場合があります。

 

デュアルSIMの場合

スマホの設定画面でデュアルSIM設定を確認した方が良いです。必ずしも中華電信のSIMが挿さったスロットが優先になっているとは限りません。手動で設定を変更する必要が有ると思います。

 

SIMピンが必要な場合がある

日本ではSIM1スロットにSIMカードが挿さっていますが、SIM2スロットを利用できるとは限りません。デュアルSIMの場合であれば、SIM2スロットはSDカードとの併用になっている場合が多いため、もしかすると日本で使っているSIMは取り出されて小さな透明袋に入れて渡される場合があります。

この場合、日本に帰国した空港でSIMカードの交換が出来ない事に気が付くでしょう。台湾旅行でプリペイドSIMを利用する場合はSIMピンを持って行った方が良いと思います。

デュアルSIMデュアルスタンバイのスマートフォンであれば、このような心配をする必要は無いのですが、DSDSではない場合はSIMピンを持参した方が良いと思います。

 

台湾旅行の必需品はスマホ!桃園空港で台湾プリペイドSIMの購入を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行にはSIMフリーのスマートフォンを持参し、台湾の空港でプリペイドSIMを購入しましょう!』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。