Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行にあると便利な持ち物よりもミニマリストでコンパクトな旅を

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行にあると便利な持ち物はなるべく持って行かないで必要最小限の持ち物でコンパクトにパッキング』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行にあると便利な持ち物

台湾旅行に持って行くと便利な持ち物は人によっても考えが異なるため、色々な便利グッズや組み合わせがあると思います。そのような持ち物はどの程度、実際の旅行に持って行っていますか?

 

台湾旅行に有ると便利な物

① ポケットWI-FI
ポケットWI-FIなどのモバイルWI-FIルーターを日本でレンタルして台湾旅行に持って行くと、台湾の空港に到着してから電源ONにするだけでインターネットを利用することが出来る便利グッズです。

特に日本語しか話せない人にとっては台湾のプリペイドSIMを購入するのが難しいというイメージの方が強く感じてしまうため、レンタル及び返却方法が便利なモバイルWI-FIルーターを持って行く場合も有ると思います。

 

② 音声翻訳機のポケトーク
音声翻訳のポケトークは双方向翻訳が行える便利な翻訳機です。日本語を中国語に翻訳することが出来るため、台湾旅行に持って行くと便利に使える場合もあると思います。

 

③ ポケットティッシュやウェットティッシュ
台湾の公衆トイレには日本と違ってトイレットペーパーが備え付いていない場合が多いため、ポケットティッシュを持参した方が賢明です。

夜市等で食べ歩きをする場合は手が汚れてしまうため、ポケットティッシュがあると便利です。台湾旅行には持って行った方が良いです。

また、ウェットティッシュは夜市や朝食時にお世話になる朝食屋さんでのテーブルを拭く時に活躍します。テーブルは常に綺麗とは限らないため、ウェットティッシュで拭くことが出来れば美味しく食べることが出来るでしょう。

 

④ 折りたたみ傘
折りたたみ傘は実際には使わない場合でも雨が降る可能性があるため、必需品の内の1つだと思います。夏の旅行では日傘としても使える晴雨兼用のUVカットの折りたたみ傘が有ると便利です。

 

無くても問題ない物

台湾旅行に持って行くと便利な持ち物は逆を言えば、別に持って行かなくても問題ない物でもあります。その持ち物が必ずないと困るという物ではないため、そういう物を多く持って行くと旅行の持ち物が増えてしまいます。

その結果、全体重量も重たくなってしまうため、LCCを利用して全ての荷物を機内に持ち込むといった場合に影響が出てしまいます。

なるべくそのような持ち物は必要最小限に抑えるといった対策も必要になります。

 

台湾旅行にはミニマリストの持ち物を

必要最小限の持ち物で台湾旅行をするミニマリストな旅を行なったことは有りますか?なかなか必要最小限の持ち物にするのは難しいと思います。

でも、LCCを利用して全ての持ち物を機内に持ち込む場合は、ミニマリストな旅を実践することになるでしょう。

 

持って行かなくても問題ない便利グッズ

① モバイルWI-FIルーター
ポケットWI-FIなどのモバイルWI-FIルーターはレンタルして持って行く必要はありません。台湾の空港の到着ロビーでプリペイドSIMを購入した方がお得で便利です。

モバイルWI-FIルーターの場合はスマートフォン並みの重量の場合があるため、持って行くと重たいでしょう。

それに引き換え、プリペイドSIMであれば初期設定は携帯電話会社のカウンターで全て行なってくれるのは勿論のこと、モバイルWI-FIルーターをレンタルした場合よりも安く購入することが出来ます。

 

② ポケトーク
音声翻訳機のポケトークを台湾旅行に持って行く場合も有ると思います。台湾では日本語を勉強している人も多いですし、そんなにポケトークを必要とする場面は訪れないと思います。

日本人の少ない地方都市などに旅行するといった場合では持って行っても良いですけど、使う機会は果たしてどのぐらい有るのだろうか?といった感じなのでは?と考えます。

 

現地で消耗する物

持って行くと便利なグッズにはポケットティッシュやウェットティッシュも含まれますが、台湾旅行で消耗してしまう消耗品の場合は持って行った方が良いです。

出発時は持って行っても帰国時は無くなっている状態になるため、帰りの荷物も少なく済みます。

 

 

台湾旅行のパッキングはコンパクトに

台湾旅行に短期の旅行であれば荷物をコンパクトにすることも可能になりますが、長期の場合はそう簡単にはコンパクトにすることは難しい感じです。

でも発想の転換を行うことで旅行の持ち物をコンパクトに纏めることも出来るため、いつもの旅行よりも少なくパッキングを常に心がけるといったことも大事です。

 

必需品でパッキング

旅行の必需品は個人差があるため、一概には何とも言えませんが、持って行くと便利な持ち物は極力排除して必要最小限の持ち物だけでパッキングした方が良いです。

必需品だけでパッキングすることが出来れば、旅行の持ち物はコンパクトに纏めることが出来るため、結果的に全体重量を抑えることが出来ます。

特にLCCを利用して全ての荷物を機内に持ち込む場合は全体重量が重要になります。余計な物は極力排除してパッキングすることも必要です。

そうなって来ると、必需品と消耗品だけでパッキングするという選択も十分に有りだと思います。

 

パッキングはコンパクトに

コンパクトにパッキングする場合、荷物を極力減らすことに力を注いでしまいがちになりますが、旅行バッグを一回り小さくするといった方法もあります。

旅行に持って行くバッグが小さくなれば必然的に収納できる量も限られてしまうため、結果的にコンパクトに纏めることが出来るという感じです。

旅行バッグが大きいと余計な物を収納してしまう場合もあるため、コンパクトにパッキングしたい場合は検討に値すると思います。

 

リュック1つで行く台湾旅行のパッキングは2泊3日分の持ち物を持参
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行にリュック(バッグパック)1つで行く場合の持ち物のパッキング』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾旅行の持ち物 ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。