Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾のコンビニで買うペットボトル茶は甘い!茶裏王の日式無糖緑茶を

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾のコンビニでペットボトル茶を購入する時の注意事項』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

台湾のコンビニで買うペットボトル茶は甘い

台湾のコンビニでペットボトルのお茶を買う時は注意が必要です。日本ではペットボトルのお茶は無糖茶ですけど、台湾ではお砂糖が入っているお茶と無糖茶があります。

何も考えずにペットボトルのお茶を購入すると、飲んでビックリ甘くて美味しいジュースのような味になっているかも知れません。

ペットボトルのお茶だからという判断は良くないでしょう。

 

コンビニでペットボトル茶の購入

台湾では基本的にペットボトル茶だったとしても無糖茶を選択しない限り、お砂糖が入っていて甘い味付けになっています。

緑茶に限らず、ウーロン茶も甘い味付けになっていますから、無糖茶を購入したい場合は手に取って無糖茶の表示を確認した上で購入する必要があります。

お砂糖が入っているため、甘くて美味しいのですが、飲み終わった後の口の中がスッキリしませんから、結局は他のスッキリできる飲み物が欲しくなってしまいます。

そのため、コンビニで無糖茶を購入する場合は、無糖茶の表示を手に取って確認してから購入した方が良いです。

 

日本ブランドも購入できる

日本ブランドのペットボトル茶も台湾のコンビニで購入することが出来ますが、日本から輸入しているため、価格が少し高めになっています。

伊藤園のおーいお茶』も台湾のコンビニで購入することが出来ます。

それに引き換え台湾ブランドのペットボトル茶の場合は安く購入することが出来ます。台湾ブランドでも無糖茶を生産していますから、無糖茶であれば日本ブランドを選択しなくても台湾ブランドで良いのでは?と考えます。

 

ペットボトルの無糖茶の購入は茶裏王

コンビニで無糖茶を購入する場合は茶裏王のペットボトル茶が良いと思います。どのブランドでも良いのですが、この茶裏王の場合はとても親切なパッケージになっています。

パッと見て甘いお茶と無糖茶を色分けで判別できるように色分けされています。

 

茶裏王の緑茶

茶裏王ブランドのペットボトル茶はどのコンビニでも購入することが出来ます。茶裏王のペットボトル茶は色分けされており、甘いお茶と無糖茶を色で区別することが出来ます。

 

《台式緑茶》

 

 

この黄色のパッケージのペットボトル茶が台式緑茶です。甘くて美味しいジュースのような感じでゴクゴク飲むことが出来ます。

飲んだ後は口の中がスッキリしないため、無糖茶やミネラルウォーターが飲みたくなります。間違って購入してガッカリする味付ではないのが良いでしょう。

蒸し暑い夏場の旅行では甘いお茶よりも無糖茶の方が良いと思います。

 

《日式無糖緑茶》

 

 

このグリーンのパッケージのペットボトル茶が日式無糖緑茶になります。無糖なので飲んでも後味が残りませんから口の中がスッキリします。無糖茶に慣れている日本人にはピッタリの緑茶でしょう。

 

茶裏王のウーロン茶

茶裏王のウーロン茶も甘いタイプと無糖タイプがあります。

グレーというかシルバーっぽい色のパッケージの白毫烏龍茶が甘くて美味しいタイプ。紫のパッケージの青心烏龍茶は無糖タイプです。

 

 

夏の台湾旅行では飲み物は必需品

夏に限らず、他のシーズンでも台湾旅行では水道水の水を飲むことが出来ませんから、飲み物はコンビニ等でミネラルウォーターやペットボトルのお茶を購入する必要があります。

空港やホテルには飲水機が設置されている場合が有りますから、水筒が有ると便利かも知れません。水筒が無い場合でも空のペットボトルがあれば水筒代わりに利用することが出来るでしょう。

可能で有るならばマイボトルを持って行くのも良いでしょう。

 

ペットボトル茶が購入できる場所

ペットボトル茶を購入する場所といえば圧倒的に市内の至る所にあるコンビニが多いと思いますが、スーパーマーケットでも購入することが出来ます。

スーパーマーケットはコンビニほど至る所に無いので買い物に行かないと思います。他の飲み物や食べ物も購入することが出来ますから、台湾のスーパーマケットを覗いて見ては如何でしょうか?

因みに全聯福利中心では悠遊カードを利用することが出来ます。

 

ペットボトルの容量

日本では500mlタイプのペットボトルが多いですが、台湾では600mlタイプが多いです。価格も安くて内容量も多いのでお得感があります。

 

夏の台湾旅行では健康にも配慮を

たまには甘くて美味しいペットボトルのお茶を飲むのも良いかも知れませんが、はっきり言って飲み過ぎると糖分の摂り過ぎになると思います。

旅行だから、良いのでは?と思うかも知れませんが、夏の場合、ちょっと動いただけでも汗が噴き出して来るので、水分補給に甘い飲み物ばかり飲んでいると肥満に繋がったり、糖尿病のリスクも高まってしまうのでは?と考えます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。