台湾旅行ではレンタルWI-FIよりも便利なプリペイドSIM購入を

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行でスマホのインターネットはレンタルWI-FIよりもプリペイドSIMの方が良い』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行ではスマホを利用する機会が多い

路線バスを利用する場合

台湾では路線バスのバス停には日本と違ってバス停に時刻表が貼付されていません。電光掲示板で○番のバスがあと○分で来るという表示があるバス停もあります。

バス停に着いてから、あと何分をずっと待つのは効率的ではないため、スマホのアプリでリアルタイムで表示されるバスの時刻表を調べる必要があります。

バスの時刻表を調べるアプリを利用するにはインターネットが必要になります。特にバスの位置と各バス停の発車時刻をリアルタイムで取得することになるので路線バスを利用する場合はスマホは必需品になります。

 

悠遊カードの残高確認をする場合

悠遊カードは日本のSuicaやPasmoに似ている台湾の交通系ICカードです。MRT・台湾鉄道・路線バス等だけではなく、コンビニやスーパーでも利用することが出来る便利なカードになります。

悠遊カードの残高を確認するには、スマホのアプリが必要になります。たとえ日本に居る場合でもスマホのアプリで悠遊カードの残高を確認することが出来ます。

 

アプリのGoogle map を使う機会

旅行者が美味しい台湾料理のお店をピンポイントで見つけるのは台湾に生活していない限り難しいため、スマホでGoogle map を見ながら移動する必要もあると思います。

そのような場合にインターネットが必要になるため、モバイルWI-FIルーター 又は プリペイドSIM がないとGoogle map を利用することが出来ません。

 

台湾旅行ではレンタルWI-FIよりもプリペイドSIMを

台湾旅行の出発前にモバイルWI-FIルーターをレンタルして台湾旅行に出かけるという人も居ると思います。もし、お使いのスマホがSIMフリーの場合は台湾のプリペイドSIMを購入することが出来ます。

レンタルWI-FIよりもプリペイドSIMの方がお得なので検討してみては如何でしょうか?

 

レンタルWI-FIの場合

① 台湾旅行に出発前に自宅で受け取り
台湾旅行に出発する前に自宅でモバイルWI-FIルーターを受け取り、台湾の空港に到着したらモバイルWI-FIルーターの電源をONにすることで直ぐにインターネットが使えるようになります。

 

② 帰国後の返却方法
レンタル事業者によっても異なりますが、帰国後の空港でモバイルWI-FIルーターを返却できる場合とポスト投函で返却する場合があります。

 

③ 色々な事業者
海外旅行者向けのモバイルWI-FIルーターを提供している業者は多いため、料金比較も行えるため、自分に合った条件でレンタルすることが出来ます。

 

④ 重量
モバイルWI-FIルーターによっても異なりますが、スマートフォン並の重量という場合もあります。そのような場合、旅行に持って行くとその分の重量が増えてしまうので貴重品等を収納する身の回り品の持ち物が重たくなってしまいます。

特にモバイルバッテリーを携帯している場合は、余計に重たく感じるため、レンタルする場合はスマホ関連の総重量も考慮した方が良いです。

 

台湾のプリペイドSIM

① プリペイドSIM
モバイルWI-FIルーターをレンタルするよりも安く購入することが出来ます。○日分という単位で利用することが出来るため、旅行期間に合わせたSIMを購入することが出来る。

また、モバイルWI-FIルーターを持ち歩く必要がないため、ふだん使っているスマートフォンとモバイルバッテリーだけで良い。

 

② 購入は中国語又は英語の会話
桃園空港や松山空港、高雄空港などで台湾のプリペイドSIMを購入することが出来ます。購入の際は中国語又は英語にて購入することになります。日本語しか話せない場合でも筆談で購入することが出来るため、そんなにハードルは高くないと思います。

中華電信には日本語サービスがあることもあり、カウンターのお姉さんは日本語を話せる方も居る場合があります。必ず居るという訳ではないため、あまり期待しない方が良いと思います。

 

③ プリペイドSIMの注意事項
SIMフリーのスマートフォンが必要です。デュアルSIMに対応していないスマートフォンの場合はSIMピンも必要になります。

尚、SIMピンは帰国後の日本の空港で必要になります。

 

スポンサーリンク

 

台湾のプリペイドSIMを購入する場合

台湾の空港でスマートフォンのプリペイドSIMを購入する場合は中国語か英語の会話が必要になります。でも日本語しか話せないという人も居ると思います。そのような場合は簡単な筆談でプリペイドSIMを購入することが出来ます。

 

筆談の場合のSIMの買い方

① 下記のメモを用意
我要買SIM卡
○天

※ ○の中には利用する日数の数字を書きます。

 

② 手渡し
中国語のメモ、パスポート、SIMフリーのスマートフォンを添えてカウンターのお姉さんに手渡し

 

③ 支払 及び 返却
お金はいくらです!と指差して教えてくれますので、台湾ドルで支払います。通話やインターネットの設定は全て行なってくれます。

 

スマートフォンを受け取ったら確認する事

お使いのスマートフォンがデュアルSIMの場合はデュアルSIM設定を確認した方が良いです。SIM1とSIM2のドチラが優先になっているのか?を確認し、もし台湾SIMが優先になっていない場合は優先に設定しましょう。

 

台湾桃園空港で買うプリペイドSIMはWIFIも使える中華電信を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾桃園空港で買うスマホのプリペイドSIM』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾旅行で台湾桃園空港に到着したら行うこと ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。