台湾旅行で鉄道に乗る時に駅の自動改札口が通過できない困った体験

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行で鉄道に乗る時に駅の自動改札口が通過できない困った体験』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行で鉄道やバスに乗る時は悠遊カードを使う

台湾旅行で鉄道やバスといった交通機関を利用する場合は悠遊カードを使って乗車しています。悠遊カードがあれば鉄道やバスは勿論のこと、コンビニやチェーン店スーパーの全聯福利中心での買い物にも利用することが出来るため、便利で重宝します。

 

鉄道やバスでは悠遊カードを使う

台湾旅行での必需品と言っても過言ではないほど、悠遊カードは台湾旅行に使って便利なカードです。レンタサイクルを利用する場合でも悠遊カードが使えますから、本当に便利だと思います。

いつも筆者の場合は、台湾旅行で悠遊カードを利用する時は鉄道バスに限定した使い方を行っています。コンビニでの買物には全く使っていません。

pasmoでもそうなのですが、交通費物品購入を一緒に管理するのは得策ではないからです。

 

コンビニで悠遊カードのチャージができる

悠遊カードへのお金のチャージは市内アチコチにあるコンビニのレジで行っています。鉄道の駅でも簡単にチャージすることが出来るのですが、ペットボトルのお茶を購入に訪れるコンビニの方が口頭でチャージすることが出来て簡単だからです。

鉄道駅のチャージ機でも良いのですが、ちょっと面倒って感じがするため、筆者の場合はいつもコンビニで行っています。

 

スマホで悠遊カードの残高確認が行える

悠遊カードの残高確認は専用アプリの Easy Wallet で行っています。スマホは台湾旅行の必需品でもあるため、桃園空港でプリペイドSIMを購入すれば、いつでも何処でも残高確認が行えて便利です。

 

台湾鉄道の自動改札口を通過する時に通れなかった体験

台湾旅行で彰化の員林駅で自動改札口を通過しようとした時に悠遊カードをタッチしても自動改札口を通過できないトラブルに見舞われたことがあります。

ちゃんと500元以上のお金がチャージされているのにも関わらず、自動改札口は開かないというトラブル。

 

悠遊カードにお金はバッチリある

自動改札口付近に居る駅員さんはお金がチャージされていないから通過できないと言います。500元以上のお金が入っていると言っても、とりあえずチャージしてくださいと言うのである。そのようなマニュアルなのかも知れない。

お金をチャージしたからと言って、通過できる訳がないんだけど、外国では素直に言われた通りにしています。

100元チャージした後に再度、駅員さんの居る前で自動改札口にタッチ! 当然のことながら通過は出来ません。

 

駅員さんの対応は素早かった

ちょっとコッチに来てくださいと言われて、駅員さんの詰所?窓口に連れて行かれて、悠遊カードを調べてくれました。 何も異常なし!と言われて再度アタック!

今度は駅員さんが悠遊カードでタッチしてくれました。でも、開かなかったのである。悠遊カードで運賃を払って通用口から自動改札口の外に出してくれました。

この一連のトラブルに掛かった時間は何と15〜20分程度。

 

員林駅から台中に戻る時

台中から員林に移動した場合は自動改札口を通過できないというトラブルに見舞われてしまいまあいたが、員林駅から台中駅に戻る場合はスムーズに自動改札口を通過出来ました。

同じ日に両方とも自動改札口で引っ掛かるのであれば理解できるのですが、帰りは何も問題なくスムーズに通過できました。

きっと駅員さんが悠遊カードを直してくれたんだと思います。

 

スポンサーリンク

 

桃園空港MRTの自動改札口でも通過できない体験

台湾鉄道でも自動改札口を通過できないトラブルが有るのだからMRTでもそのようなトラブルも発生してしまう場合があります。ある日、そのような事が実際に発生してしまうと外国ということもあり、余計にパニックになってしまうでしょう。

 

自動改札口付近に居る駅員さん

桃園空港MRTを利用して台湾新幹線の桃園駅に到着した自動改札口で悠遊カードを利用して通過しようとしたら見事に通過できなかったことがあります。

ちゃんとお金はバッチリ悠遊カードに500元以上入っているのにも関わらず閉まってしまう状態。駅員さんに言ってもチャージ!チャージと連呼されてしまう。500元以上のお金が入っていると言ってもチャージするように言われる始末。

しょうがないから言われるがまま100元チャージした上で、チャージを連呼した駅員さんの目の前で自動改札口にタッチしたけど、やっぱり通過できませんでした。

そうりゃそうだ! 以前も台湾鉄道で同じような体験が有るので、お金をチャージして通過できるならば、さっさとやっているでしょう。

 

結局どうなったのか?

自動改札口の隣にある駅の窓口で悠遊カードをチェック! でも何も問題ありませんでした。それなのに何故だか分からないけど自動改札口を通過することが出来ませんでした。

結局、駅の窓口で乗車運賃を悠遊カードで支払った上で、駅員さんが通り抜ける出口から出してもらいました。この一連の騒動に要した時間は何と30分でしょう!

桃園空港から台中に移動する時だったので助かりましたけど、もし桃園空港で同じことが発生したら軽く30分は足止めされることになるため、MRTで桃園空港に移動する場合は40分ぐらい余裕を持って到着するように心がけています。

 

台湾新幹線に乗車&降車時に困った体験!不安な台中から桃園の移動
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾新幹線で台中から桃園に移動する車内で発生した乗車&降車時に困ってしまった出来事』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。