夏の台湾旅行の着替え衣類は吸汗速乾の半袖Tシャツと半ズボンの持参

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『夏の台湾旅行の着替え衣類は吸汗速乾の半袖Tシャツと半ズボンの持参』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

夏の台湾旅行に持参する着替え衣類

夏の台湾旅行に持って行く衣類は半袖が多いと思いますが、長袖の羽織る物も必要な場面があります。特に市内を走っている路線バスに乗る時は車内の冷房が強いこともあり、何か羽織れる衣類が欲しく感じる場合があります。

 

着替え衣類

宿泊を伴う旅行の場合では必ずと言って良いほど、着替えの衣類を持って行きますが、この着替え衣類は旅行バッグの中に占める割合が非常に大きいです。

下手をすれば旅行バッグの7割ぐらいを占めているのでは?と思ってしまうぐらい面積を占有している場合が多いです。

この着替え衣類が多ければ多いほど、全体重量も比例して重たくなってしまうため、着替え衣類だったとしてもコンパクトに纏めたいでしょう。

 

台湾旅行の着替えはどのぐらい持って行く?

旅行には宿泊日数分の着替え衣類を持って行く場合が多いと思います。宿泊日数分の着替え衣類だと日数が多いと沢山の荷物になってしまいます。

それこそ大きなサイズのスーツケースに旅行の持ち物を収納して出かけるといった感じになってしまうため、持って行く着替えを少なくする工夫も必要になると思います。

2泊3日分の旅行であれば、素直に2泊分の着替えを持って行っても問題ありませんが、3泊以上になると荷物も増えてしまうので発想の転換も必要になります。

楽しい台湾旅行中だったとしても洗濯をするという検討もしてみては如何?

 

夏の台湾旅行では吸汗速乾の衣類を持参

夏の台湾旅行ではどのような衣類を着て観光や食べ歩きといった旅行を楽しみますか? 筆者の場合は基本的に夏の台湾旅行では吸汗速乾に対応した半袖Tシャツ+ズボンの組み合わせが多いです。

ちゃんとバッチリ着飾っているのは日本人旅行者が多いですけど、台湾人を観察すると、半袖Tシャツを着ている人が多いです。

 

夏は基本的に半袖Tシャツ

夏の台湾旅行中に着る衣類は基本的に半袖Tシャツズボンの組み合わせになります。鉄道やバスに乗る時は何か羽織れる衣類を着る場合もありますが、屋外に居る時は半袖Tシャツが多いです。

だからと言って、半袖シャツとかを着ないのか?と言うとそうではありません。着て行く場所によって使い分けをしています。バッチリ着る場合もあるということです。

特に台湾新幹線に乗って移動するといった場合では半袖Tシャツのような衣類ではなく、襟が付いた半袖シャツを着て乗車しています。

 

吸汗速乾の半袖Tシャツ

吸汗速乾に対応した半袖Tシャツがあると観光に便利です。夏は蒸し暑いこともあり、ちょっと外出しただけでも汗が吹き出して来るため、なるべく普通の半袖Tシャツを着ていると汗でビショ濡れになってしまう場合の方が多いです。

それに引き換え、吸汗速乾に対応した半袖Tシャツの場合は汗で濡れてしまった場合でも直ぐに乾いてくれますから周囲の人が見てもあまり気になりません。

汗の臭いまでは消去することは出来ないため、あくまでも見た感じの印象を良くするための対策になります。それでも、ベタ付きといった不快な感じにはならないため、ずっと着ていられる便利な衣類だと思います。

 

スポンサーリンク

 

夏の台湾旅行では半ズボンも必要

夏の台湾旅行では吸汗速乾に対応した衣類は勿論のこと、半ズボンを持参した方が良いと思います。半ズボン?と思うかも知れませんが、半ズボンが有った方が良い場面が多いです。

半ズボンというと、短パンに近いようなイメージを持たれる人も居ますが、膝に掛かるか?掛からないか?程度のズボンで良いです。

 

夏は半ズボンの季節

ただでさえ蒸し暑いので少しでも涼しく過ごしたいでしょう。ホテルの部屋に居る場合であればどんな格好でも問題ありませんが、外出中はそうもいきません。

歩いて食べ歩きする場合は特に足元も涼しくしたいと感じます。歩いていると、長ズボンの場合はでズボンがピッタリフィットしてしまうこともあり、違和感を感じる場合があります。

それだけでなく、着替える時にズボンを脱ぐ場合は、脱ぐのに面倒を感じるため、リラックスできる場面ほど長ズボンではなく半ズボンの方が良い感じである。

そのため、蒸し暑い夏場に台湾旅行する場合は1着は半ズボンを持参した方が良いと思います。

 

鉄道やバスに乗車する場合

鉄道やバスに乗車する場合は逆に半ズボンではなく長ズボンの方が最適です。特に路線バスの車内は強めの冷房が効いていることもあり、半ズボンだとハッキリ言って寒いです。半ズボンを履いた状態でバスに乗らない方が賢明です。

 

半ズボンは蚊に刺されやすい

半ズボンを履いていると蚊に刺されやすくなります。長ズボンを履いていれば刺されるのは上半身の場合が多いですけど、半ズボンになった瞬間から刺される可能性のある面積が増えるため、蚊に刺されるリスクが高まります。

特に台湾の蚊は強いです。何が強いのか?というと、蚊に刺された後の痒みが尋常ではありません。日本から持って来た虫刺されの薬を塗ってもまだ痒みの方が圧倒的に強く感じるぐらいの痒さでしょう!

観光や食べ歩きといった場面では普通に長ズボンの方が賢明な感じです。

 

リュック1つで行く台湾旅行のパッキングは2泊3日分の持ち物を持参
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行にリュック(バッグパック)1つで行く場合の持ち物のパッキング』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾旅行の持ち物 ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。