Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行では台風等で帰国の飛行機が欠航もある!帰宅困難の対策を

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行で台風等による影響で帰国の飛行機が欠航・振替 又は 帰りの飛行機に乗り遅れた場合の対応』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

台湾旅行で想定される帰宅困難(台風や乗り遅れ)

楽しい台湾旅行を満喫して日本への帰国の途に着くべく飛行機に乗ろうとしても帰国することが出来なかったといったことは有りませんか?

特に台風シーズンに台湾旅行すると台風の直撃に遭い帰国便が欠航になってしまい、振替の飛行機に乗れるまでに日数が掛かってしまったといった状況が該当するでしょう。

 

帰りの飛行機に乗り遅れた場合

先ずほとんど無いとは思いますが、それでも色々な事情で搭乗を予定していた飛行機に乗り遅れてしまう場合も有ります。この場合は新たに航空券を購入しないと帰ることが出来ないため、予備のお金とクレジットカード等は必須になります。

特に持って行ったお金を全て両替して使い切ってしまうと、帰りの飛行機に乗り遅れてしまった場合、帰れるまでの滞在費用が無くなってしまいます。

日本円を全て両替するのではなく、ある程度の日本円も残しておいた方が賢明です。

 

飛行機が欠航になった場合

特に台風シーズンの場合は、台風の直撃等の影響で帰りの飛行機が欠航してしまうといった場合もあります。帰りの飛行機が欠航になってしまうと帰国できませんから振替便 又は、払い戻して新たに買い直す必要があります。

振替便の場合は最短でも1~2日後になるため、その間の滞在費用が別途に必要になります。この場合も全ての日本円を現地のお金に両替して使い切ってしまうと滞在費用の捻出が出来ないため、ある程度の日本円は残しておく対策も必要になります。

帰りの便が欠航になった場合は、電話連絡 又は 空港の各航空会社のカウンターに出向いて相談する必要があります。英会話ができなくて電話連絡を行うことが出来ない場合は、空港の各航空会社のカウンターに行って相談する必要があります。

 

《早く帰りたい場合》
真っ先に空港に行って空席待ち整理券を発行してもらう必要があります。これは早いもの勝ちのため、とにかく早く帰りたいという場合は、空港の各航空会社のカウンターで『空席待ち整理券』をゲットしましょう。

 

旅行会社のツアー等で欠航になったら

悪天候等で飛行機が欠航になった場合は、航空会社も旅行会社も責任は負いません。この場合も滞在費用が別途必要になります。

ホテル等の手配は旅行会社で行ってくれると思いますが、宿泊費用は自分持ちになります。

※ 予備のお金やクレジットカードは必須になるでしょう。

 

帰りの飛行機が欠航の場合の対応

もし、自然災害等の悪天候で帰りの飛行機が欠航になってしまった場合はどのように対応すれば良いのでしょうか? 特に台風シーズンに台湾旅行する場合は頭の隅にでも対応策を入れておく必要があります。

 

空席待ち整理券を発行してもらう

① 空席待ち整理券を確認
先ず、発行してもらった空席待ち整理券に番号が振られているのを確認します。この番号は飛行機の運航が再開した場合に飛行機に乗れる順番です。

 

② 自分の番号が呼ばれるまで待つ
自分の番号が呼ばれるまで、ひたすら待ちます。番号が呼ばれた時に居ないと、次の番号の人に飛ばされてしまうので要注意です。

 

帰りの便が翌日以降の場合

① ホテルを確保
とりあえず、振替便に搭乗できる日まで滞在するホテルの確保する必要があります。

 

② 現地の空港で野宿
24時間営業を行っている空港の場合であれば、空港施設内の椅子等で野宿するという選択肢も有るでしょう。予め確認しておくのが良いと思います。

この場合、飲料と食料の確保が課題となります。たいていの場合は沢山の人で混雑しておりますから飲料と食料の確保も難しいと思います。

欠航当日は、野宿でも構いませんが、振替便に搭乗できる日が先の場合は素直に滞在するホテルを確保が賢明です。

 

 

台風シーズンに台湾旅行の場合は帰宅困難対策を

帰宅困難というと自然災害のイメージになりますが、台風等の悪天候の場合も帰宅困難になる可能性があります。

出発時であれば台風で欠航になったとしても自宅に帰ることが出来ますが、台湾に旅行中に台風の直撃に遭ってしまうと帰国日だった場合は確実に帰宅困難になってしまいます。

台風シーズンに台湾旅行を計画する場合は、帰りの飛行機が欠航になった場合の対策も考えておいた方が良いと思います。

 

帰宅困難の備えと準備

① お金は余分に持参
台湾旅行に持って行くお金は台湾で両替する分と欠航時に備えて残しておく分が必要になります。ファスナーポーチ等でお金を持ち歩く場合は分散管理も含めて分けておきましょう。

 

② クレジットカードの持参
まさかの乗り遅れといった場合にはクレジットカードで航空券を購入する必要があるため、クレジットカードは必須になります。

 

③ 非常食の持参
旅行中のおやつも兼ねてカロリーメイト等のバランス栄養食や一口羊羹を持って行くのが良いかも知れません。但し、これらの食品は旅行中に食べるのではなく、あくまでも帰国時に立ち寄る台湾の空港で食べる食品になります。

 

④ 非常食なら現地で調達
非常食も兼ねるお菓子ならば持って行かなくても良いです。台湾にはドライフルーツが豊富にあるので、自分へのお土産も兼ねて購入するといった方法が賢明かも知れません。

 

両替した台湾ドルは無理に使い切らない

両替した台湾ドルを全て使い切るのではなく、残ったら残ったで持ち帰るといった方法も有効な対策になります。

台湾ドルが余ってしまうと無駄使いになってしまうと考えるのではなく、余ったら次回の台湾旅行で使えば良いのです。無理に使い切る必要はありません。

但し、もう台湾には旅行しないよ!という場合は使い切る 又は 台湾の空港で再両替した方が良いです。

 

夏の台湾旅行は台風への備えも必要!お金や旅の持ち物は台風対策を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台風シーズンに台湾旅行する場合の台風への備え』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 夏の暑い時期の台湾旅行する場合 夏に台湾...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。