Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾の台中を観光で旅行なら夜景も楽しめる台中國家歌劇院の見学を

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行で台中を観光した場合にオススメの観光&夜景スポット』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

外観が美しい台中國家歌劇院

 

バス停から眺める台中國家歌劇院も見所満載といった感じで綺麗な建物ですが、外観だけでなく建物の周りには散歩コースになっているため、そのまま館内に入館するのはもったいないでしょう。

一周してから館内に入館するのが良いと思います。どれだけ大きい建物なのか?も分かりますし、外から眺める景色も良いです。

外から眺めるのであれば、夜景をオススメ致します。夜になるとライトアップされますし、館内の明かりも外から見えるため、幻想的に感じると思います。

可能ならば昼間の景色と夜景を楽しみたいでしょう。

 

正面玄関前には噴水池がある

台中國家歌劇院の正面玄関前には噴水池があります。この噴水池はいつも噴水しているのではなく、時間が決められているようです。

お客さんが少ない時間帯に訪れても噴水を楽しむことは出来ない感じです。おそらく夜のライトアップされている時間帯に噴水するのかも知れません。

ライトアップと噴水の相乗効果で建物が絶妙に綺麗に見えると思います。

 

館内も綺麗で美しい台中國家歌劇院

1Fには色々なお店があるため、人も多いですが2階は劇場がメインなこともあり、主に通路と窓から眺める景色を楽しむ感じになるのかな?と思いきや壁や天井にも色々な模様があります。

それらの装飾や模様を眺めるのも綺麗なのですが、それ以上にトイレも綺麗です。

 

綺麗な館内

1FにはCafeや軽食屋さんも含めてお店等が色々あります。特にビックリするのが館内を小さな川のように水が流れているのです。外の池と繋がっているのかな?といった感じに見えます。流れている水は透きとおっていて綺麗です。

 

正面玄関を入るとインフォメーションセンターがあります。台中國家歌劇院を見学するのであれば無料で入館することが出来るため、インフォメーションセンターのお世話になることは少ないと思います。

 

スリルのある階段を登って最上階へ

 

エレベーターで最上階の屋上に移動してしまうと、あっという間に屋上に到着してしまいます。これでは他の階を楽しむことが出来ないため、可能ならばエレベーターではなく階段だけで最上階の屋上を目指して欲しいでしょう。

階段はとてもスリルがあるため、高所恐怖症の人には無理がありますが、高い場所でも大丈夫な場合は階段を登って最上階を目指するのが良いです。

上の階に行くと館内の風景も変わりますし、見所も満載です。スリルを味わいたい人には丁度良い階段だと思います。

 

屋上の景色は素晴らしい

 

屋上も見学することが出来ます。決して広いとは言えませんが屋上から眺める景色も素晴らしいです。爽快な気分になるため、旅の疲れやストレスも発散することが出来ると思います。

でも、昼間の景色を楽しむよりも屋上から眺める夜景を楽しんだ方が幻想的に眺めることが出来るのでは?と思います。

台中國家歌劇院の周りの建物の明かりが綺麗に見えるのでは?と思います。

今回は、昼間の時間帯に訪問したので夜景を見る機会に恵まれなかったのが残念です。今度、機会があったら屋上から眺める夜景を楽しみたいでしょう。

 

台中の夜景スポット

台中國家歌劇院は平日なら21:00分まで、休日なら22:00分まで営業しているため、外から眺める夜景や屋上から眺める景色も綺麗だと思います。

夜景が綺麗なスポットの場合はカップルも多いと思いますから、屋上は台湾のカップルが多いのでは?と考えます。

そのため、必ずしも夜景を満喫することが出来るとは限らないため、夜景を楽しむのであれば噴水池から眺める景色も良いかも知れません。

昼間の景色と夜の景色では印象も全く違いますから、暗くなってから訪れた方が夜景が綺麗に見えるでしょう。

特に周りの建物群の明かりが綺麗に見えるのではないでしょうか?

 

台中國家歌劇院の営業時間

日曜日〜木曜日 : 11:30 ~ 21:00
金、土、祝祭日 : 11:30 〜 22:00

午前11:30からの営業のため、間違って早く到着するといった事にならないように注意が必要です。

 

 

台中國家歌劇院のアクセス方法

台中國家歌劇院には台湾新幹線台中駅と市内中心部にある台中駅、台中国際空港から行くことが出来ます。タクシーを利用する場合は台湾大車隊(55688)が良いです。

 

台湾新幹線台中駅から高鐵快捷公車で台中國家歌劇院に移動

 

台湾新幹線台中駅から台中國家歌劇院に行くには、1Fに降りて11番のバス乗り場から161番の高鐵快捷公車に乗って行くのが一番早いです。

このバスは座席が全て埋まると次のバスを待たないといけません。ちょっと不便かも知れませんが確実に座って行くことが出来るのが良いです。

161番の高鐵快捷公車に乗車すると次のバス停が國家歌劇院になります。下車する際は必ず下車鈴を押さないと停車してくれません。

時間帯によっても異なりますが、台中國家歌劇院で降りる人は少ない時間もあるため、下車鈴を押さないとバスは通過してしまいます。

 

《注意事項》

① 出発したら下車鈴を押す
出発して直ぐに次のバス停のアナウンスが流れます。この時点で下車鈴を押さないと気が付いた時には通過した後だったということもあります。

 

② バスは運転が荒い
次のバス停のアナウンスが流れた時に下車鈴(ブザー)を押そうとしても頭上にあるため、なかなか押すに押せない場合があります。

これはどういう事なのか?というと、バスは信号で止まらない限りスピードが出ている運転が荒いのです。これでは押そうとしても押せないといった感じになります。

そのため、バスが出発したら下車鈴を押すのが賢明です。但し、下車鈴を押すと、バス停に停車するまでずっとブザーが鳴り響いていますから煩いと思います。

早めにブザーを押すのも一長一短だと思います。

 

台湾新幹線の台中駅から路線バスで移動する方法

路線バスの 33、151、151(副)、153、155 に乗車して新光三越站にて下車し、恵來路二段を歩いて徒歩10分程度になります。

バスを下車したら、スマートフォンの Google map を見ながら國家歌劇院を目指すのが一番確実だと思います。

 

台湾鉄道の台中駅から路線バスで移動する方法

路線バスの 5、33、73、323、324、325、326 に乗車して新光三越站にて下車し、恵來路二段を歩いて徒歩10分程度になります。

 

台中国際空港から路線バスで移動する方法

路線バスの 69 に乗車して台中國家歌劇院に下車すると、目の前が本館になります。

チャイナエアラインの子会社であるマンダリン航空が台中空港と成田空港を1日1往復しています。

桃園空港を経由しなくても直接台中に行くことが出来るため、台中国際空港から台中國家歌劇院に行く場合も有るのでは?

 

台中での移動は便利でお得な路線バスで スマホのアプリは台中公車通
台中市を訪れた時に役に立つスマートフォンアプリを紹介します。 台中公車通という路線バスのアプリです。AndroidでもiPhoneでもドチラでも利用できます。 このアプリは路線バスの時刻表だけでなく台湾の各地域の...
台湾旅行で台中の観光スポットなら春水堂もある台湾美術館の見学を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾の台中を観光で訪問した場合の観光スポット』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾旅行で台中を移動するには路線バスが便利...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。