台湾旅行の持ち物の医薬品は旅の季節や台湾グルメに合わせて持参を

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行に持参する医薬品は季節や台湾料理に合わせて臨機応変に持って行く』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾料理を堪能するグルメ旅の医薬品

台湾旅行にはどのような医薬品を持って行きますか? 台湾に旅行する季節によっても持って行く薬は異なると思うので一概には何とも言えませんが、季節問わず持って行かなければならない薬といえば胃腸薬だと思います。

 

台湾料理を堪能する場合は胃薬の持参を

台湾旅行中に食べるの美味しい台湾料理はあることに気が付くと思います。食用油をふんだんに使っていて、これでもか!と言わんばかりに油こってりとした料理が多いです。

当然のことながら、台湾と日本の食用油は品質も違うため、台湾の食用油に慣れていないと胃の負担が増えてしまいます。

個人的な感想を言えば日本の食用油に慣れている場合、台湾の食用油の方が胃の負担が大きく感じます。これは個人差もあるため、筆者の場合はそのように感じました。

筆者のように台湾の食用油に慣れていない場合は胃薬を持参した方が良いと思います。

 

胃腸薬も必要

台湾の料理が身体に合わない場合もあります。そのような場合は下痢等の症状に見舞われることもあるので正露丸などの胃腸薬も必須になると思います。

胃薬は持って行かなくて胃腸薬だけで済ませてしまう場合もありますが、国内旅行であればドラッグストア等で旅行中でもお気に入りの医薬品を手に入れることが出来ますが、台湾ではそうもいかないでしょう。

そのため、胃薬を省略して胃腸薬にまとめてしまうというのは如何なものかな?と考えます。強靭な胃を持っているのならばともかく、胃が弱い場合は胃薬と胃腸薬は分けて持参した方が良いと思います。

 

台湾旅行の医薬品は季節によっても異なる

台湾旅行に持って行く医薬品は季節によっても異なると思います。蒸し暑い夏場は蚊のシーズンでもあるため、虫除けや虫刺されといった薬が必要になりますし、寒い冬場であれば空気も乾燥して風邪も流行するため、風邪薬といった医薬品が必要になります。

 

夏の暑いシーズンの場合

① 台湾の蚊
台湾に居る蚊は日本の蚊と比べると刺された時の痒みが非常に強い感じです。というのも日本から持って行った虫刺されの薬を塗っても痒みの方が断然に勝っている感じだからです。

痒みが落ち着くまで待つ時間の方が長く感じます。刺された時の痒みのレベルの違いを実感すると思います。

 

② 虫除け&虫刺され
蒸し暑い夏のシーズンは虫刺されの薬は必需品と言った方が正解だと思いますが、必ずしも日本の痒み止めの薬が効くとは限りません。

確かに日本の虫刺されの薬でも効果は有るのですが、患部に塗っても効果が出るまでの時間がやたらと長いです。そのぐらい痒みの方が強いということです。

そのため、虫除けも大事だと思います。虫除けもした上で蚊に刺されてしまったならば、それは虫刺されの薬で対処しか方法がありません。

 

冬の寒いシーズンの場合

① 風邪対策
冬の寒いシーズンに台湾旅行する場合は風邪への対策が必要になります。総合風邪薬の他に発熱に対応する薬も必要になると思います。

また、立体マスクも必需品になります。空気が乾燥するため、喉の粘膜を保護して喉の粘膜が乾燥しないように対策も求められます。

 

② 暖房がない
冬に台湾旅行した場合、台湾には基本的に暖房がありません。室内に付いているエアコンは冷房だけです。ホテルの室内に入った時に涼しく感じるのは冷房が付いているためです。

市内バスを利用する場合は注意が必要です。冬でも冷房が効いているので乗客が少ない場合はより一層に寒く感じます。

 

③ 冬の雨に注意
冬の雨は要注意です。雨が降ると日差しがないため、気温が低くなります。ただでさえ台湾には暖房がないため、余計に寒く感じます。寒さで風邪を引かないように注意や防寒対策が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

台湾旅行に持って行く医薬品は臨機応変に変更を

いつも同じ季節に台湾を旅行する場合であれば医薬品はいつもと同じで構いませんが、旅行に行く季節や日数が異なる場合はその都度、臨機応変に変更することも必要になります。医薬品はあくまでも、もしもの場合の保険なので、可能ならば使わないで済ませたいものです。

 

医薬品は保険

旅行に持参する色々な医薬品は使わない場合の方が多いと思います。どうせ使わないのだから持って行かなくても良いと思ってしまう場合もあるでしょう。そういう場合に限って、予想に反してイレギュラーな事が発生するものです。

旅行で使わない場合でも医薬品は持って行くべきだと思います。そんなに荷物になる物でもないですし、もしもの場合の保険なので、やはり保険は有った方が良いと思います。

 

医薬品は季節に合わせて変更を

いつも同じ医薬品を持って行くというのもどうかな?と考えます。旅行ではいつも同じ物を持って行けば良いと考えているとチェックを怠ってしまう場合があります。

旅行用の薬は別に分けている場合が多いため、このように管理していると、補充や期限をあまり気にしなくなってしまいます。

いざ、旅行に持って行ったは良いけど、実際に使う時に薬が足らなくて困ってしまった!というような事も発生する可能性があります。

定期的にチェックも兼ねて季節に合わせて持って行く医薬品の組み合わせを変更するのも必要です。

 

台湾旅行の食事は油こってり料理が多い!胃腸のケアと胃腸薬は必需品
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾の食事は油料理が多いので胃の健康にも配慮』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾の食事は油こってり料理 台湾の料理に...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。