Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

10月の台湾旅行の服装や着替え衣類!寒く涼しい日の防寒対策も必要

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『10月の台湾旅行に着て行く服装や着替えの衣類』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

10月に台湾旅行する場合

10月に台湾旅行に行く場合の服装は意外と悩んでしまう場合が多いと思います。秋の服装で良いのですが台湾ではまだ夏の季節ということもあり、秋の服装で出かけると台湾に到着した時に暑さを感じることになります。

 

着ていく服装

10月の台湾旅行に着て行く服装はどのような感じの衣類にすれば良いのでしょうか?基本的には秋の服装になると思います。

というのも、日本は段々と涼しくなって行くため、台湾から帰国した後のことも考えておく必要があるからです。台湾ではまだ夏の季節ということもあり、夏の衣類で過ごすことが多いですが、帰国後は必ずしも台湾と同じ気温ではありませんので、それなりの秋の服装が必要になります。

でも、ガッツリ着て行ってしまうと荷物になってしまうため、適当に調整は必要になると思います。

 

着替えの衣類

着替えの衣類は夏の服装で良いと思います。台湾は5〜10月までは暑い季節になるため、半袖シャツで大丈夫です。

但し、ずっと丸一ヶ月暑いのか?というとそうでもなく、地域や天候によっても状況が異なります。台湾南部と台湾北部では気温も違うため、どの地域に旅行するのか?でも変わってきます。

また、10月でも寒く涼しい日も有るため、そのような日は半袖シャツだけでは寒く感じるでしょう。そういった寒くて涼しい日は長袖シャツも1枚は欲しい感じです。季節の終わり頃は日本でも服装は悩むことも多いですから、寒さへの備えも必要になると思います。

 

10月初旬に台湾旅行でも涼しい日もある

台湾の夏のシーズンは蒸し暑いですが、夏の終わりの頃になると涼しい日もあります。そのような時に台湾旅行で訪れると、夏だと思っていたのに実際には寒かった!といった感じになってしまうでしょう。

 

10月でも涼しい日がある

台湾では5〜10月までは日差しも強く暑い季節になりますが、地域や天候といった状況によっては非常に涼しく感じる日もあります。

そんな日にただでさえ冷房が効いていて涼しく感じる桃園空港や鉄道・バスといった場所に居る場合、半袖シャツではとても寒く感じます。

羽織る衣類は勿論のこと、ポケッタブルパーカーだったとしても、じっとしていると寒く感じてしまう場合があります。

機内防寒も兼ねるポケッタブルパーカーを着ても寒い場合があるため、この時期に台湾旅行する場合は長袖シャツも1枚は欲しい感じである。

 

この時期は着替え衣類が悩む

夏の着替え衣類を持参で問題ないのですが、天候の状況によっては寒く涼しい日もあるため、そのような場合に対応できる衣類を持参する必要がある。

と言っても旅行中にそのような涼しい日に当たるという保証がないため、寒さ対策をして台湾旅行しても蒸し暑かった!といった場合も十分に想定できるからである。

だからと言って何も対策をしないで行くと、涼しい日に当たってしまう可能性もあるため、どのような着替え衣類ならば良いのか?悩みのタネである。

防寒対策を行うと余計に荷物が増えるため、LCCで台湾旅行をする場合は全体重量にも配慮する必要もあります。どの程度の防寒対策にすれば良いのか?これまた悩みのタネになってしまうと思います。

 

 

10月の台湾旅行でも防寒対策は必要

台湾の夏は5〜10月迄ですが、天候の状況によっては寒く涼しい日もあります。夏の服装で大丈夫だろう?と思っていると、とても涼しい日に当たって風邪を引いてしまうという場合もあるので防寒対策は必要だと思います。

 

機内防寒も兼ねるポケッタブルパーカー

この時期の防寒対策は基本的には機内防寒も兼ねる簡易カッパのポケッタブルパーカーがあれば問題ないと考えます。でも裏地のある物が良いです。裏地があるとその分重たくなってしまいますが温かみを感じることが出来るため、寒く涼しい日でも対応できると思います。

但し、半袖シャツの上に着る場合は裏地のあるポケッタブルパーカーだったとしても注意が必要になります。袖口がキュッと締めることが出来るタイプであれば問題ないのですが、袖口を締めることが出来ないタイプだと、冷気が袖口から侵入して来るため、裏地がある場合でも寒く感じます。

このような場合は長袖シャツを1枚用意して、その上からポケッタブルパーカーを着用するといった感じの方が良いと思います。

 

台湾旅行の機内防寒はポケッタブルのモンベル・ライトシェルパーカ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行に持って行くポケッタブルパーカー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾旅行にはポケッタブルパーカーを持って行く ...

 

ポケッタブル仕様のダウンジャケット

桃園空港に居る台湾人旅行者を観察していたら、ポケッタブルパーカーよりも圧倒的にポケッタブル仕様のライトダウン・ジャケットやパーカーを着ていました。

この時期に台湾旅行する場合はポケッタブル仕様のダウンジャケットを機内防寒着として持って行った方が良いのかも知れません。

撥水加工してある物であれば急な小雨でも簡易カッパとしても利用できるため、旅行には最適のアイテムかも知れません。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。