台湾旅行に大容量モバイルバッテリーは必要ない!充電スポットが多い

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行に大容量モバイルバッテリーを持って行ったけど大容量は必要なかった』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行にはスマートフォンが必需品

台湾旅行では日常生活での必需品であるスマートフォンを持参しないと不便です。特に路線バスに乗車する場合にバス停には時刻表が貼付されていませんから、スマホのアプリで各バス停にバスがやって来る時刻を調べる必要があります。

 

Google map を使う機会が多い

美味しい台湾料理のお店をネットで探した場合、ピンポイントでそのお店に到達するのは台湾で生活している 又は 何度もそのお店に行ったことがあるといった場合でないと難しいと思います。

そのような場合にスマホアプリの Google map で案内してもらえば簡単に目的地まで到着することが出来るため、台湾旅行でよく使うアプリだと思います。

 

台湾のプリペイドSIM

街歩き中にGoogle map を使うにはインターネット接続が必須になります。台湾旅行中にインターネットを利用するには台湾に到着した空港の到着ロビーでプリペイドSIMを購入するのが最適です。

モバイルWI-FIルーターを日本でレンタルしても良いですが、モバイルWI-FIルーターはスマートフォン並みの重量があるため、可能であるならばプリペイドSIMの方が良いと思います。

但し、スマホがデュアルSIMに対応していない場合は帰国後の空港でSIMピンが必要になります。

 

台湾旅行に持参のモバイルバッテリーは大容量は不要

台湾旅行では、空港や鉄道駅といった場所でスマートフォンに充電できるスポットが多いこともあり、大容量のモバイルバッテリーは必要ないと感じます。持って行くのであればスマートフォンを丸ごと1回分充電できる容量のバッテリーで十分なのでは?

 

大容量が必要ない理由

① 羽田空港
筆者の場合は羽田空港を利用するのですが、空港のベンチにはスマートフォンに充電できるコンセントUSBポートが装備されているため、モバイルバッテリーを使う機会に恵まれないといった感じ。

 

② 羽田空港の出国エリア
出国エリアも同様に待合室にはスマートフォン等を充電するためのスペースや充電装備が充実しているため、モバイルバッテリーに充電することは有ってもモバイルバッテリーをスマホに使用する機会は訪れません。

 

③ 飛行機の機内では
機内での過ごし方は、ほぼ100%の確率で台湾に到着するまで寝て過ごすため、スマホの電源はOFFにしています。

たまに臨席の人にトイレに行くとかで起こされますが、そのような場合はボケーっとして空港まで過ごす感じです。

 

④ 台湾桃園空港
スマホを充電することが出来る場所があります。

 

⑤ 台湾の鉄道駅
スマートフォンを充電できる場所があります。

 

⑥ ホテル
宿泊先のホテルではスマートフォンに充電するでしょう。

 

モバイルバッテリーを使う機会

① Google map を多用した場合
観光や食べ歩き等で目的地のお店の場所や観光スポットまでの道順等を調べたりして Google map を多用するといった場合はスマホのバッテリーを消費してしまうため、休憩している時にモバイルバッテリーを使う場面が訪れます。

 

② 暇つぶし
バス停等での待ち時間中に暇つぶしも兼ねてネット接続してバッテリーを多く消費してしまった場合等

 

スポンサーリンク

 

大容量バッテリー搭載スマホの場合

使っているスマートフォンのバッテリーが大容量という場合も有ると思います。大容量のバッテリーを搭載している場合は普通に使えば充電しなくても丸一日持つように設計されている場合があるため、そのような場合であれば、旅行でもモバイルバッテリーを使う機会は少ないのでは?

 

既にスマホは大容量バッテリーを搭載している

筆者の場合は、台湾旅行に持参するスマートフォンのバッテリー容量が4000mAhあるため、大容量のモバイルバッテリーは不要であること。さらには急速充電にも対応している。

つまり、筆者と同じような大容量バッテリーを搭載したスマートフォンであれば台湾旅行に大容量モバイルバッテリーを持参しなくても問題ないということである。

それに大容量だとその分、重量も重たくなるため、少しでも軽量にしたいのであれば丸ごと1回分の充電が行える程度のバッテリーで十分だと思います。

 

モバイルバッテリーは必要

大容量のモバイルバッテリーは必要ないと思いますが、海外旅行では色々とイレギュラーも発生する場合があります。特に台風シーズンといった場合は帰国の飛行機が欠航になってしまう場合もあります。

そのような場合に飛行機が飛ぶのか?飛ばないのか?といった情報を得るにはインターネット接続する必要があるため、スマホのバッテリー消費も多くなってしまいます。

そういう面も考慮すると、海外&国内問わず旅行にはモバイルバッテリーは必要だと思います。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。