Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾の魯肉飯ルーローファンと大根餅の蘿蔔糕は美味しい台湾料理!

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行で食べる美味しい魯肉飯と蘿蔔糕(大根餅)』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

台湾旅行で食べる食事

台湾旅行では基本的に朝昼晩を外で食べることになるため、朝食といえども疎かにすることは出来ません。

いつも台湾旅行の朝食で食べているのは蛋餅+鹹豆漿+豆漿の組み合わせが多いです。

 

チーズ蛋餅が美味しい

ベーコンが入っている蛋餅も美味しいのですが、チーズが入っている蛋餅の方が美味しい感じです。たぶん、これは筆者がチーズ好きだからかも知れません。

豆漿は無糖豆漿を飲んでいます。甘い豆漿の場合は美味しくてゴクゴク飲むことが出来ますが、お砂糖が入っているので糖分の摂り過ぎになってしまうのでは? という懸念もあり、朝食で飲む飲み物は無糖のものを選んでいます。

台湾は甘い飲み物が多いため、糖分の摂り過ぎにならないか?心配になってしまいます。

 

昼食は魯肉飯や麺類等を食べる

朝食で蛋餅+鹹豆漿+豆漿を食べるで昼食は何を食べるんだろう?と思ってしまいます。昼食は魯肉飯や焼餃子、水煎包、麺類といった物を食べることが多いです。

台湾旅行でも焼餃子?と思うかも知れませんが、台湾の焼餃子も美味しいでしょう!

 

台湾旅行で食べる魯肉飯は美味しい御飯

台湾旅行の昼食時に食べる食事として魯肉飯を食べる機会があります。味付はちょっと濃いめが多いのですが、御飯物も食べたいので機会があれば食べるようにしています。

お店によっても味付が異なりますから、味付が濃くても飽きる感じにはならないです。

 

台北の金峰魯肉飯で食べる魯肉飯

 

 

台北の金峰魯肉飯というお店には一度も行ったことが無く、たまたま行く機会に恵まれたので魯肉飯と筍料理とスープを注文しました。

注文した魯肉飯は一番小さいサイズです。
食べ慣れていないと味付が合わない場合もあるため、大きなサイズの器で食べるよりも小さなサイズの器で食べた方が良いかな?と思ったからです。

一緒に注文したスープは油っぽくてちょっと味が合わないかな~って感じでした。

 

魯肉飯は一番小さいサイズを注文

以前から、台北の金峰魯肉飯の魯肉飯は美味しいと聞いていたのですが、このお店では一度も食べたことがなかったので、どんな感じの味なのか?分からないこともあり、とりあえず味見も兼ねて一番小さいサイズを注文しました。

食べてみたは良いけど、とても最後まで食べ切るのは難しいといった場合もありますから、一番小さいサイズで食べられるのか?を試してみるのも必要だと思います。

最初は美味しく食べることが出来ても後で残してしまうといったことも有るため、それなら始めっから小さいサイズで注文しておくのが賢明です。

美味しかったら、次の機会に別のサイズで注文すれば良いのです。やっぱり国や住んでいる地域が違うと色々な味付になりますから、どうしてもこの味付はダメという料理もあるものです。

 

魯肉飯の味について

味は正直のところ、美味しかったのですが、ちょっと味は濃いめでしつこい感じの味付けだった感じです。

たぶん、お店によっても多少味付が異なると思いますから、一概には何とも言えないのですが、食べ慣れればしつこい味でも普通に食べられるようになると思います。

但し、食べ慣れていないと、連続して食べるのは難しいかも知れません。筆者の場合は、食後にジューススタンドでタピオカミルクティーを注文して飲んだので、それぐらい味が濃かったと思います。

日本の牛丼や豚丼と同じ感覚で食べると、全然違うと思うでしょう。

 

おかずやスープもセットで注文

魯肉飯だけを注文するのではなくて、おかずやスープも一緒に注文するのが良いと思います。日本でも流石に御飯だけで食べるというのはあまりないでしょう。

日本でのご飯は、『ご飯+おかず+お味噌汁』といった組み合わせになりますから、魯肉飯の場合も同様におかずスープを注文するようにしましょう。

因みに湯類がスープになります。
スープの場合は油がこってりと入っている感じです。

 

 

台湾旅行で食べる蘿蔔糕はモッチリ食感の大根餅

もっちりした蘿蔔糕は、お餅のようにモチモチ食感で美味しい大根餅です。食べていても大根の味が全くしないので本当に大根餅なんだろうか?という感じになってしまいます。

そのくらい大根とは似つかない別物の味になっているのが特徴です。食べた感じを率直に表現すると、大根ではなくジャガイモのような食感というか味です。

 

じゃがいもの食感

 

 

これが本当に大根なのか?と思ってしまうほど、もっちりしていてジャガイモの食感がする美味しいお餅といった感じの食べ物です。

そのように感じてしまうほどジャガイモに似た感じの食感だったのを記憶しています。この感覚は恐らく筆者だけなんだろう?と思いますので参考にはならないと思います。

これは実際に食べてみて、どのように感じるのか?で味や食感も変わって来ますから、色々な表現が有った方が良いと思います。

それこそ、この蘿蔔糕(大根餅)は台湾に訪れたら是非、食べてみてください!といった料理でしょう。

 

味はどうなのか?

味はそのまま食べても美味しいですし、タレを付けても美味しいです。オススメはタレを付けて食べるのが台湾流なのだと思いますが、個人的には何も付けないでそのまま食べた方が美味しく感じました。

 

どこで食べるのか?

早餐店(朝食屋)で注文することが出来ます。台北駅のレストラン街でも食べることが出来ます。いつも台湾旅行での朝食は蛋餅を食べているのですが蛋餅と一緒に大根餅を食べても良いと思います。

形状は蛋餅と似ていることもあり、そんなに違和感なく食べることが出来ます。

蛋餅と一緒に食べる 又は、単体で食べても良いと思います。どのような食感なのか?は実際に食べてみないと分からない部分も多いですから、自分で食べてどんな食材に似ているのか?を体験するのが良いでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。