Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行のデジカメはスマホ!広角マクロ望遠はセルカレンズで対応

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行に持って行くデジカメ』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行にデジカメを持って行く?

台湾に限らず旅行する場合にデジカメを持って行くと思いますがどのようなデジカメを持って行きますか? 特にスマートフォンのカメラで済ませるのか?それとも一眼レフやコンデジのようなデジカメを持って行くのか?悩んだりすると思います。

 

台湾旅行にデジカメ持参で悩む理由

① 望遠ズームを使う機会
台湾の観光スポットに行かない限り、望遠ズームを使う機会がない。美味しいグルメが中心の場合は望遠よりもマクロ撮影の方が多いためデジカメを持って行く必要性を感じない。

 

② スマホのカメラ
スマートフォンには光学望遠ズームが無いだけで高性能なカメラが搭載されています。台湾の美味しいグルメ写真を撮影するような旅行ではコンデジ等のデジカメを持って行かなくても問題ないと思います。

 

③ 同じ用途
デジカメとスマートフォンは同じ用途で使う事になるため、用途が被ってしまいます。台湾旅行ではスマートフォンが無いと路線バスに乗車する場合や Google map を利用する場合に困りますから、スマホは必需品になります。

同じ用途で使うことが出来るデジカメとスマホを持って行くと、デジカメの分だけ持ち物が増えて重たくなってしまいます。

特にLCCを利用して全ての荷物を機内持ち込みにて台湾旅行の場合は、重さも重要な要素になるため、同じ用途で利用できる物を持参するのは避けたいでしょう。

 

スマホは光学望遠ズームがない

スマートフォンは高性能カメラを搭載しているため、旅行でも重宝するデジカメです。でも、光学望遠ズームを搭載していない場合の方が多いので風景等には不向きだと思います。旅行では風景や建物等の写真を撮ることも有るため、望遠ズームが欲しい場面もあります。

美味しいグルメを堪能する台湾旅行でも、建物や風景の写真を撮りたいな〜と感じる場面も有るため、スマホのカメラでは物足りなさを感じる場合もあるでしょう。

このような場合では旅行のカメラをスマートフォンに一本化するのではなく、素直に光学望遠ズームを搭載したデジカメを持参した方が良いと思います。

 

台湾旅行ではスマホのカメラで対応

台湾旅行でスマートフォンのカメラを使う機会は比較的に多いと思います。特に美味しいグルメの写真を撮る場合に重宝するのでコンデジが無くても問題ありません。

 

必要最小限の荷物

ミニマリストではないのですが、可能な限り、台湾旅行に持って行く持ち物は必要最小限と考えているため、同じ用途で使うことが出来る物はリストラしています。

特にスマートフォンの場合は光学望遠ズームが無いデジカメですから、デジカメを持って行かなくても問題ないだろう〜と考えています。

それに広角や望遠ズームが欲しい場面ではセルカレンズで対応することも出来るため、デジカメを台湾旅行に持参しなくても大丈夫な感じです。

 

広角や望遠はセルカレンズで対応

スマートフォンにクリップのように挟んで簡単取付することが出来るセルカレンズがあります。台湾旅行にはセルカレンズを持って行く場合があります。

何処に旅行に行くのか?は事前に計画を練るため、毎回の旅行で必ず持って行くという訳ではありません。セルカレンズを持って行くのは中正紀念堂のような建物の写真を撮る場合に持って行くようにしています。

必要に応じて広角や望遠ズームをクリップで取付することが出来るため便利なのですが、Androidの場合は種類が少ないのが残念です。

 

 

台湾旅行では夜景もデジカメ不要でスマホ活用

台湾に旅行したらライトアップしている建物の夜景を撮る場合も有ると思います。ライトアップされていると幻想的なイメージになるため、思わずその瞬間をカメラに撮りたい気分になってしまいます。

 

夜景もスマホのカメラで撮影

スマホのカメラで綺麗な夜景を撮る場合に重宝するのが夜景撮影に特化したカメラアプリです。このようなアプリを利用すればデジカメが無くても綺麗な夜景を撮ることが出来るので便利です。

台湾旅行では夜市を堪能するグルメ旅も多いですが、夜市だけでなく中正紀念堂のようにライトアップされている建物もあるため、そのような建物の夜景をスマホのカメラで撮るといったことも気軽に楽しめます。

とはいえ、ライトアップされている建物は何処なのか?事前に調べておく必要もあります。

 

デジカメが欲しい場面もある

特に夜景も含めて夜に写真撮影する場合はスマホよりもデジカメが欲しいな〜と感じることも多いです。どういうことなのか?というと、スマホの場合は混雑している場所で使うと落下のリスクが伴います。

スマホが無いと不便ですから、可能な限り落下は避けたいです。夜景や建造物を多く撮影する機会が多い時は素直にデジカメを持参した方が賢明だと思います。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。