Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行の必需品はスマホ!桃園空港で台湾プリペイドSIMの購入を

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行にはSIMフリーのスマートフォンを持参し、台湾の空港でプリペイドSIMを購入しましょう!』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾ではSIMフリーのスマートフォンが必需品

台湾旅行では台湾の交通系ICカードである悠遊カードが必需品になりますが、悠遊カード以上に使う機会の多いスマートフォンも必需品になります。

台湾旅行にはSIMフリーのスマートフォンを持参しましょう!

 

スマートフォンが必需品の理由

① 路線バス
台湾では市内を走っている路線バスのバス停には日本と違って時刻表が貼付されていません。電光掲示板で、○番のバスがあと○分でやって来ますという表示だけです。

そのため、スマホのアプリでリアルタイムで表示されるバスの時刻表を調べる必要があります。バス停に着いてから、何分後に目的の番号のバスがやって来るのか?を調べるのは効率的ではありません。

路線バスのアプリを利用するにはインターネットが必要になります。特にリアルタイムでバスの位置と時刻を取得するため、スマートフォンが無いと不便です。

 

② 悠遊カードの残高確認
悠遊カードは日本のSuicaやPasmoに似ている交通系ICカードです。MRT・台湾鉄道・路線バス等だけではなく、コンビニやスーパーマーケットでも便利に利用することが出来る優れものです。台湾によく行く人には必需品になります。

この悠遊カードの残高を確認するにはスマホのアプリが必要になります。日本に居る場合でもスマホのアプリで悠遊カードの残高を確認することが出来ます。

 

③ ガイドブック
スマホは対応するアプリをインストールすればガイドブックとしても利用することが出来るため、インターネットが利用できればガイドブックを持って行かなくても良いです。

 

④ LINE
LINEでメッセージや通話を行うのであれば、インターネットは必須になります。

 

台湾旅行でインターネットを利用するには?

台湾旅行中にスマートフォンでインターネットを利用するには『無料WI-FIを利用、モバイルWI-FIルーターをレンタル、プリペイドSIMを購入』の3択になります。

 

無料WI-FIを利用してインターネット

① 台湾は無料WI-FIが多い
台湾は日本と違って無料WI-FIを利用できる場所が多いです。無料だとセキュリティに不安が有りますから有料のWI-FIを利用するのが安心です。

でも旅行において、重要な物はスマホには無いから問題ないよ!という方であれば、無料WI-FIを利用するのも良いと思います。特にホテルや国際空港などには無料のWI-FIが完備されているため、施設内であればインターネットを利用することが出来ます。

台湾で無料WI-FIを利用するのであれば、国際空港のサービスセンターで利用登録が行えるitaiwanを利用するのが良いでしょう。日本からインターネットで申し込みが行えます。

 

② 無料WI-FIのデメリット
いつでも何処でもは利用することが出来ない。建物内では利用することが出来るけど、外出中には利用することが出来ない。

特に旅行では、観光等で街歩きを行なっている場合の方が多いため、道路等で地図を確認するには無料WI-FIでは電波の取得は難しい場合があります。

 

モバイルWI-FIルーターをレンタル

海外旅行向けのモバイルWI-FIルーターを取り扱っている事業者からポケットWI-FIルーターをレンタルすることも出来ます。

 

① ポケットWI-FIルーターをレンタル
海外旅行向けにポケットWI-FIルーターをレンタルできるサービスがあります。このサービスの良いところは、現地の空港で特別な設定を行わなくても事前に渡航先の設定を施してから受け取ることが出来るため、現地に着いたら電源ONするだけで直ぐにインターネットを利用することが出来るという点です。

 

② レンタルサービスの事業者
海外旅行者向けのポケットWI-FIルーターを提供している業者は多いため、料金比較も行えますから自分に合った条件でレンタルも可能になります。

空港での受け取り&返却に対応している場合や、自宅で受け取り&返却はポスト投函の場合もあります。事業者によっても受け取りや返却方法が異なります。

 

③ レンタルサービスのデメリット
レンタルするモバイルWI-FIルーターは、スマートフォンのモバイルバッテリーよりも重たい場合があります。

スマホのバッテリーも十分に重たいのに、さらにそれがもう1つ有るというのはどうかな?と考えます。重さなんて気にしないよ!という方であれば問題ありませんが、旅行においては軽さが正義だと思います。

また、料金も台湾の空港で買うことが出来るプリペイドSIMカードよりも高めの価格設定になっています。

 

 

台湾桃園空港では、スマホのプリペイドSIMの購入を

台湾の空の玄関口である桃園空港を利用する人は多いと思います。桃園空港に限らず、台北松山空港や高雄空港の到着ロビーには台湾で利用することが出来るプリペイドSIMを購入することが出来る電話会社のカウンターがあります。

 

台湾のプリペイドSIMカード

① 台湾のプリペイドSIM
桃園空港や松山空港、高雄空港などで台湾で利用することが出来るプリペイドSIMを購入することが出来ます。流石に日本語で購入することは出来ないのですが、中華電信には日本語サービスがあるため、カウンターのお姉さんは日本語を話せる方も居るかも知れません。

 

② プリペイドSIMのメリット
ポケットWI-FIルーターをレンタルするよりも安く購入することが出来ます。○日分という単位で利用することが出来るため、旅行期間に合わせたSIMカードを購入することが出来る。

ポケットWI-FIルーターを持ち歩く必要がないため、スマートフォンだけで良いです。

 

③ プリペイドSIMのデメリット
当然のことなのですが、台湾の空の玄関口である国際空港といえども日本語が通じるとは限りません。プリペイドSIMを購入するには英語か中国語での会話が求められます。

但し、会話が出来なくても購入することが出来るのが台湾です。漢字で筆談が行えます。

 

④ SIMの買い方(筆談用)
我要買SIM卡
○天

 

※ ○の中には旅行期間の日数を数字を書きます。
※ SIMフリーのスマートフォンとパスポートをメモと一緒に渡してください。

 

台湾旅行の必需品は悠遊カード!鉄道・MRT・バスや買物でも便利!
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行の必需品である悠遊カード』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 悠遊カードは台湾旅行の必需品 台湾旅行の必需品という...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。