Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リュック1つで行く台湾旅行のパッキングは2泊3日分の持ち物を持参

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行にリュック(バッグパック)1つで行く場合の持ち物のパッキング』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行の持ち物

台湾旅行に持って行く持ち物は人それぞれ個人差があるため、一概には何とも言えませんが筆者の場合は、なるべくコンパクトに纏められるように心がけています。

 

必需品

① 貴重品
パスポート、パスポートのコピー、クレジットカード、日本円、台湾ドル(前回余ったお金)、悠遊カード、旅程

 

《悠遊カード》
悠遊カードは台湾の交通系ICカードになります。MRT、台湾鉄道、路線バスでの利用は勿論のこと、コンビニやチェーン店スーパーの全聯福利中心での支払い時に利用することが出来ます。

尚、持っていない場合は台湾の空港や鉄道駅、市内アチコチにあるコンビニでも購入できます。また、コンビニでは悠遊カードにお金をチャージすることも出来ます。

 

② SIMフリーのスマートフォン
台湾ではスマートフォンを利用する機会が非常に多いため、SIMフリーに対応したスマホが必要になります。台湾旅行の期間中にスマホでインターネットを利用する場合は台湾に到着した空港でプリペイドSIMを購入した方が良いです。

特に、鉄道やバスといった交通機関を利用する場合や Google map を利用する場合はモバイルWI-FIルーターよりも台湾のプリペイドSIMを利用した方が良いです。

 

その他の持ち物

① 雨具
② ガジェット&電源コード
③ 着替え衣類
④ 医薬品等
⑤ リュック(バッグパック)

 

台湾旅行の着替え衣類は2泊3日分

旅行の持ち物の大部分を占めるのは着替え衣類になると思います。この着替え衣類を何とかコンパクトにすることが出来れば全体重量も少なく抑えることが出来ます。

どうやって着替え衣類を減らすのか?を考えた場合、手っ取り早く少なくするには楽しい旅行中だったとしても洗濯するしかないという結論に到達しました。

旅行中に洗濯することで、毎日綺麗な衣服を着て、帰国の持ち物も洗濯してある衣類になるため、楽しい旅行から帰宅した後に待っている洗濯地獄から解放されます。

 

2泊3日分の着替え衣類の持参

台湾旅行に持って行く着替え衣服は旅行中に洗濯をする場合に限り、2泊3日分あれば十分に対応することが出来ます。出発時に着て行く服装を含めると3泊4日分の衣類になるため、余程のことがない限り、着替えの衣類が足らなくなるといった状況にはならないと思います。

余程のことは、旅行期間中ずっと雨が降っているといった状況を指します。この場合だと洗濯しても乾かないため、着替え衣類が足らなくなってしまう場合もあります。

そのため、吸水速乾のマイクロファイバータオルを持参して洗濯物の水分をしっかり吸収してから干すといった対策も必要になります。

 

洗濯セットの持参

① 洗濯基本セット
折りたたみハンガー、洗濯ばさみ、洗濯ひも、洗濯洗剤

 

② マイクロファイバータオル
吸水速乾のマイクロファイバータオルは旅行期間中ずっと雨だった場合に備えて持って行きます。このような場合は洗濯物の水分をしっかり吸収してから干す必要があるため、マイクロファイバータオルが必要になります。

また、洗濯用途で使わない場合でも汗拭きタオルとしても使えるため重宝します。

 

 

台湾旅行のパッキング

自宅を出発する時点ではリュック1つで出かけるようにしています。空港に行くには鉄道を乗り換える必要があるため、荷物を複数に分けて移動するのは大変です。

空港に到着したら、バッグパックのバッグインバッグとして利用しているポケッタブル・ボディバッグを取り出して、台湾の宿泊施設に到着するまでバッグパックとショルダーバッグの併用というパターンになっています。

 

サブバッグに収納する持ち物

① ポケッタブル・ボディバッグ
リュック1つで行く場合のサブバッグはコロンビアのポケッタブル・ボディバッグ8Lです。

移動時はリュックのバッグインバッグとして利用し、空港に到着したら、取り出して身の回り品の収納バッグとして使います。

 

② 貴重品
パスポート、パスポートのコピー、クレジットカード、日本円、台湾ドル、悠遊カード、旅程

 

③ ガジェット
スマートフォン、モバイルバッテリー、電源コード

※ デジカメは持って行きません。スマートフォンで代用しています。クリップで簡単に取付できるセルカレンズを持って行く場合もあります。

 

④ お菓子&医薬品
正露丸などの胃腸薬(急場凌ぎ用)、コンビニで購入する飴玉など

 

バッグパックに収納する持ち物

① リュック(バッグパック)
春夏 : グレゴリーのスケッチ25
秋冬 : コロンビアのバークマウンテン30L

 

春夏は持って行く衣類が少ないので25Lのリュックで問題ありませんが、秋冬は着替え衣類が増えるため30Lのバッグパックを利用しています。

尚、スケッチ25とバークマウンテン30Lは共にバッグインバッグとして利用するポケッタブルボディバッグを接続できるように一部改良しています。

 

② 2泊3日分の着替え衣類
着替え衣類は全てイーグルクリークのPACK-IT衣類収納ポーチに収納します。持って行くリュックによって1つに纏めるか?2つに分けるのか?を臨機応変に変更しています。

着替え衣類はシワになったり潰れてしまっても問題ない物を選んで持って行きます。このようにすることで効率よく収納することが出来ます。

 

③ 洗濯セット
100円ショップで購入したメッシュのファスナーポーチに収納しています。

 

④ 雨具
雨具は晴雨兼用のUVカット折りたたみ傘を持参し、大雨の場合は機内防寒を兼ねるポケッタブルパーカー(モンベル・ライトシェルパーカ)の併用になります。

尚、ライトシェルパーカは機内に搭乗する前に着て、台湾に到着したら脱いでバッグパックに収納しています。

 

⑤ 医薬品
サブバッグ : 急場凌ぎ用の医薬品
メインバッグ: 胃薬、胃腸薬、夏は虫刺され、冬は風邪薬や発熱等

 

全ての荷物は機内持ち込み

台湾旅行に持って行く持ち物は台湾で購入するお土産も含めて7.0Kg以内に収まるため、全ての荷物を機内に持ち込んでいます。

 

夏の台湾旅行のメインバッグはグレゴリーリュックのスケッチ25
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行に持って行くリュック(バッグパック)』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾旅行にはリュック(バッグパック)がオス...
秋冬の台湾旅行のバッグパックはコロンビア・バークマウンテン30L
皆さん こんにちは! 今回の記事は『秋冬に台湾旅行する時に持って行くバッグパック』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 秋冬シーズンの台湾旅行では荷物が増える ...
リュック1つで台湾旅行ではポケッタブル・ボディバッグ8Lを持参
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾にリュック1つで旅行する場合の街歩きバッグ』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 リュック(バッグパック)1つで行く台湾旅行 基...
台湾旅行の機内防寒はポケッタブルのモンベル・ライトシェルパーカ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行に持って行くポケッタブルパーカー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾旅行にはポケッタブルパーカーを持って行く ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。