Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾旅行でアパートに民泊する時の持ち物のパッキング(バッグパック

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行でアパートに民泊する時の持ち物のパッキング』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行でアパートに民泊

台湾旅行に持って行く持ち物は人それぞれ個人差があるため、一概には何とも言えませんが筆者の場合は、なるべくコンパクトに纏められるように心がけています。

 

ホテルと民泊の違い

① サービス品
ホテルの場合は歯磨きセットやT字カミソリ、石鹸、シャンプー、リンスといった日用品や粉末コーヒー、インスタントラーメン、ミネラルウォーターといった食料品がサービスで用意されている場合が多いです。

 

② 浴室にあるバスタオル等
シャワールーム等の浴室には綺麗でフカフカした肌触りの良いバスタオルが用意されています。

 

③ トイレ
トイレットペーパーもセットされています。

 

④ ベッドや布団
ホテルの場合は枕や掛け布団も準備されていますが、民泊の場合は枕や掛け布団、シーツといった物はオプション装備になっている場合が多いです。

冬に台湾旅行で民泊する場合は冬用の寝袋を持参する必要があります。冬の朝晩の冷え込みはとても寒いので暖かくて保温力のあるシュラフが必要です。

 

⑤ 民泊の場合
基本的にサービス品やタオル、トイレットペーパー等は用意されていないため、旅行の持ち物として持参する必要がある。又は 現地で調達する必要があります。

 

チェックインやチェックアウト

① チェックイン
基本的に大家さんは日本語に対応していないため、中国語 又は 英語での対応になります。
宿泊契約書にサインした上で、宿泊日数分の家賃を先に前払いの場合が多い。水道・電気代はチェックアウト時に払う感じ。

但し、アパートの大家さんによっても家賃の支払い方法が異なるため、一概には何とも言えません。

 

② チェックアウト
基本的に部屋と浴室・トイレを掃除した上で、宿泊日数分の水道・電気代を大家さんに払ってチェックアウトします。

 

台湾旅行でアパートに民泊する場合のパッキング

アパートに民泊する場合の台湾旅行の持ち物は何を持って行けば良いのでしょうか?基本的にはホテルに宿泊する持ち物に加えて、ホテルではサービスとして提供される日用品等を持参することになります。

あと、注意しなければならないのが旅行バッグになります。大きなアパートであればエレベーターも有りますが、必ずしもエレベーターが有るとは限りません。

そのため、必然的にキャリーバッグは民泊には向きません。リュック(バッグパック)でのパッキングになります。

 

基本的な台湾旅行のパッキング

① バッグパック
アパートへの民泊ではエレベーターがない場合があるため、メインの旅行バッグはリュック(バッグパック)が基本となります。

 

② サブバッグ
観光や食べ歩き等で使うショルダーバッグ。民泊の場合はペットボトルを常に携帯して観光等に出かけるため、ちょっと大きめなショルダーバッグ(カリマーのVTショルダーCL)を持参しています。

 

③ 貴重品
パスポート、パスポートのコピー、クレジットカード、日本円、台湾ドル、悠遊カード、旅程、筆記用具

 

④ ガジェット
SIMフリーに対応したスマートフォン、モバイルバッテリー、電源コード。

※ デジカメは持って行きません。筆者の場合はスマートフォンのカメラで十分です。

 

⑤ 着替え衣類
1週間の旅行だったとしても2泊3日分の着替え衣類を持って行きます。特にアパートの民泊では着替え衣類の洗濯がお勧めです。

 

⑥ 洗濯セット
折りたたみハンガー、洗濯ばさみ、洗濯ひも、洗濯洗剤、吸水速乾のマイクロファイバータオル

※ 洗濯しない場合は不要です。

 

⑦ 雨具
晴雨兼用のUVカット折りたたみ傘。日差しの強い夏場は日傘として利用することも出来るためオールシーズン使えて重宝します。

 

⑧ 機内防寒
撥水性のある簡易カッパも兼ねるポケッタブルパーカー。

 

アパートに民泊するための持ち物

① 洗面用具
歯ブラシ、歯磨き粉、T字カミソリ、石鹸等

 

② シャワー・洗髪用具
ボディシャンプー、シャンプー、リンス、バスタオルを兼ねる吸水速乾のマイクロファイバータオル

 

③ トイレ関係
トイレットペーパー(コンビニ等でも購入できる)、トイレ洗浄剤(タブレットタイプ)。

※ トイレ洗浄剤はチェックアウトする前に使います。

 

④ 折りたたみハンガー
民泊するアパートによっても異なりますが、クローゼットは用意されているけど、ハンガーは1つも用意されていないという場合もあります。

着替え衣類を洗濯する場合であれば洗濯セットを持参するため、代用することも出来ますが、折りたたみハンガーは2つは持参した方が良いと思います。

 

現地調達すべき物

① トイレットペーパー
コンビニ等には旅行包と記載のあるポケットティッシュの大きいバージョンが販売されています。チェーン店スーパーの全聯福利中心などに買いに行くのが良いと思います。

 

② 飲み物
部屋で過ごす時の飲み物。基本的に水道は飲めないため、ミネラルウォーターやペットボトルのお茶は常にストックしておいた方が良いです。

 

 

冬の台湾旅行では民泊しない方が良い

冬の台湾旅行でアパートへの民泊はやめた方が良いです。一番の理由は部屋に付いているエアコンは暖房機能が搭載されていないため、朝晩の冷え込みとても寒いです。暖房のない冬を過ごすのは大変です。

 

冬の民泊は避ける

① 暖房がない
基本的に台湾には暖房がないため、暖房の無い部屋で寝泊まりするのは大変です。部屋に付いているエアコンは冷房機能しかないので朝晩の冷え込みはキツイです。

 

② 寝袋は荷物になる
朝晩の冷え込みに十分に耐えられるような暖かくて保温性のある寝袋を旅行の持ち物として持って行く場合は荷物になる。ただでさえ、冬の着替え衣類は増えてしまうため、さらに冬季用の寝袋を持って行くのは賢明ではない。

 

③ 冬は着替え衣類が多い
台湾には暖房がないため、寒かったら衣類の重ね着で対応することになるため、着替え衣類も含めて衣類の防寒対策が必要になる。その結果、持って行く荷物も増えてしまうため、寝袋を持って行く余裕はない。

 

民泊するなら夏が良い

掛け布団が無くても問題ない蒸し暑い夏の季節が民泊のベストシーズンだと思います。

 

リュック1つで行く台湾旅行のパッキングは2泊3日分の持ち物を持参
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行にリュック(バッグパック)1つで行く場合の持ち物のパッキング』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾旅行の持ち物 ...
台湾旅行のショルダーバッグは超軽量のカリマーVTショルダーCL
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行に持って行くショルダーバッグ』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾旅行に持って行くショルダーバッグ 楽しい台湾...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。